最近のトラックバック

« ビバ昭和、特撮博物館 | トップページ | 積極的否定 in English »

2012年9月 4日 (火)

シジミの‘スタンダード’は?

今日、たまたま見たテレビ番組で、シジミの味噌汁の「シジミの身」を食べるかどうかという話しをしていました。これは私にとっても長年の悩みの種であります。

私はシジミの味噌汁(お吸い物も同様)ではシジミの身も残さずいただきます。しかし、外食する機会が少ない上に、外食時にシジミの味噌汁が出されたことも滅多に無いため、世間一般ではどうしているのか、外食時にはどうするべきなのか分からず、ずっとモヤモヤしていました。

そして、いよいよ、世間の‘スタンダード’(とテレビ番組では言っていました)が判明する時がきました!街頭インタビューや実験の結果を総合すると、身を全部食べる人:食べない人=61:39でした。お、思ったより食べる派が多い。

シジミの味噌汁を出している某有名とんかつ屋の話では食べない客が多いのとのことなので、外食時に食べる人は少ないようです。マナー講師の方も「食べなくてもいいです」と話していました。シジミの旨みが汁にしみ出していること、身を食べる姿はあまり美しくないこと、ちまちま身を食べていると時間がかかって他の方に迷惑をかける可能性があること、などが理由です。

しかし、シジミの専門家(とテレビ番組では言っていました)の方に言わせれば「必ず食べてください」とのこと。旨みは汁にしみ出しているが、亜鉛などの栄養分は8割がた身に残っているのだそうです。

ということで、シジミの身を食べるのは間違いではない、いやむしろ正しいということが分かりました。外食時は我慢した方がよさそうですが、一緒に食べている人が気の置けない人なら、やっぱり食べましょう!

今日の「ありがとう」は、全然期待していなかったけど思いがけず良い情報をくれた○本テレビの番組へ。

« ビバ昭和、特撮博物館 | トップページ | 積極的否定 in English »

コメント

シジミに身は当然食べるものだと思ってました。
味も好きだし、あのちっちゃな身の中に、色んな身体にいいモノが、ギュッと詰まっているような気がしてましたからね。
確かに食べるのは時間かかるけど、身体にいいモノは残さず食べなきゃね!

あ、すみません。↑「シジミに身」ではなく、「シジミの身」です。間違いに気づかず送信してしまいましたcoldsweats02

私も夫も食べる派です。
面倒ですけど、美味しいですもの。
それに亜鉛は味覚傷害を防ぐとか…

こういうアンケートは、面白いですね(^.^)

気になること、いっぱいありますよね。

シジミの身、もちろん食べます。この頃は滅多にシジミを買いませんが。子供のころは売りに来られててので母が度々買っていました。稲作をしていたときに、横の細い用水路にシジミが居たのです。農作業の合間にシジミ採り、その僅かのシジミが抜群に美味しかった、今あの味のシジミに出会いません。黒い貝殻ではなくて、緑を含んだ茶色、明るい色でした。あの貝殻の色をしたシジミに出会ったら買いますが。

私も在職中、ある会合で出された幕の内弁当に付いていたシジミ汁の身を、いつもやるようにちまちまと残さず食べていて、隣席の同僚から「随分こまめじゃなぁ」と感心(寒心?)された覚えがあります。

子供の頃は家の前を流れる用水の砂地からシジミを掘ってきて朝の食卓に上りました。今でも生息しますが、生活排水に汚染され到底口には出来ません。古き良き時代の夢物語です。

近くでは“(島根県の)宍道湖の七珍”が有名で、あちらを旅した折にはよく求めます。ご承知とは思いますが、七珍とは「スズキ・モロゲエビ・ウナギ・アマサギ・シラウオ・コイ・シジミ(ヤマトシジミ)」のことでsuzieさんのご親戚が筆頭です。

あらっ! 食べない派が多数かと思っていたら、食べる派が多数なのですね。
家では、夫は食べる派、私は食べない派でした。(今度から食べます)
アサリの身は食べますが、シジミの身は味が汁にでちゃってる&こまかい砂があることが多い気がします。
でも、佃煮は大好きです。

>K美さん

いいシジミはちっちゃくても、ぷっくりふくらんで美味しいですよね。
ちゃんと栄養がある(残ってる)と分かってすっきりしました。

>ぷうちゃん

6年ほど前にも同じようなことをブログで書いたとき、「私も食べますよ」ってコメントを何人かいただきました。ぷうちゃんもその1人でしたね。

私の周りの人たちは食べる派が多いことをそのとき確認しましたが、世の中全体も食べる派が多いという結果はちょっと意外でした。

>kazuyoo60さん

私が買うのは黒いシジミばかりです。
緑を含んだ茶色の貝殻をしたシジミ、出会ってみたいです。

>omotannさん

外食したときにそのように指摘されると「え?食べたらダメなの?」って、少々不安になってしまいますね。
でも、これからは胸を張って‘ちまちま’食べても大丈夫です(笑)

宍道湖の七珍、初めて知りました。
食べたいものがまた増えました。

>こしあぶらさん

私も、世の中全般としては食べない派が多いと思っていたので意外でした。
テレビ番組では、インタビューされた小さい女の子が「おばあちゃんが作ったシジミの味噌汁は砂がちゃんと取れてるから食べるけど、お母さんのは適当だから(お母さんが作ったシジミの味噌汁は)身は食べない」と言っていました(笑)

こちらのシジミはビックリする大きさです。
マングローブに棲んでるヒルギシジミ!!
大きな殻の割には身は小さいですが、とっても美味しいですよ。
シジミ汁より蒸し焼きです。

>Gochanさん

西表島のヒルギシジミ、有名ですね!
でも私はまだ見たことも食べたこともありません。
実は小さいのですか(といっても、一般的なしじみよりは断然大きいですよねhappy02
蒸し焼き美味しそう!食べてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/46950704

この記事へのトラックバック一覧です: シジミの‘スタンダード’は?:

« ビバ昭和、特撮博物館 | トップページ | 積極的否定 in English »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ