最近のトラックバック

« 海三昧の三日間 | トップページ | Curiosity Killed the Cat. »

2012年8月15日 (水)

シルバーな水曜日

たぶん、世の中では15日までが夏休みという人(社会人)が大勢だろうと考え、最後の1日は帰省Uターンの渋滞の中、あるいは自宅に居たとしても疲れて出かけない人がほとんどだと想定し、「二条城展」に出かけました。

場所は両国、江戸東京博物館。以前行ったときはとっても苦労して辿り着いた記憶があったので、開場時間狙いでとっても早めに出かけたのですが、思いのほかあっさりと到着し、博物館の入り口で15分ほど待つことに。私以外に年配のご夫婦が3組。

博物館が開いたので入館してチケットを購入。「二条城展」の入場口で開場を待つ。すると年配の方々がどんどん集まってくる。「二条城」はこの年代を惹きつけるのか?などと思っていると、入り口に「第3水曜日はシルバーデーです」と表示。65歳以上は無料になるそうです。

「無料」ってすごいですよね。半額とか、数百円引きとかならよく見かけますが、「無料」って太っ腹だと思いますよ。早く65歳になりたいなと思いました。ちなみに一般観覧料は1300円です。

Dscf6243 江戸東京博物館は常設展もけっこう面白いし、お土産販売も充実しているので、かなり楽しめると思います。これはお土産屋さんでつい購入してしまった忍者手ぬぐい。

肝心の「二条城」はというと、表示点数は思ったほど多くなかったものの、重要かつ見応えのある出品が揃っていてかなり充実していました。開場と同時に入ったため、まったく混雑無しで見られたのもラッキー。話題の「松鷹図」は何度も近寄ったり、離れたりしながら眺めました。

江戸東京博物館のあとは、ついでに上野の東京国立博物館で開催している「青山杉雨展」に移動。青山杉雨は60歳を過ぎて董其昌(明代の書家)の作品と出会い、「第二の開眼」というほどの衝撃を受けたとのこと。なんだかよく分からないけど、書は深い・・・。アルファベットの世界には決して起こり得ないことですね。

今日の「ありがとう」は江戸東京博物館の充実したお土産屋さんに。他にも買いたい物いっぱいありました。

« 海三昧の三日間 | トップページ | Curiosity Killed the Cat. »

コメント

日本らしいおみやげが揃いそうですね

忍者、手ぬぐいステキ

両国にあるのね

チャンスがあったら行ってみます

無料は良いですね。出不精の私も年齢には到達ですので。(笑い)
忍者と手裏剣、面白い手ぬぐいの模様です。
漢字も平仮名も達筆と感じるのから美術品のようなのまででしょうか。アルファベットにも装飾文字があるでしょう。ただ綺麗としか、それ以上の鑑識眼はありませんが。

>ひでこ儘さん

両国駅からすぐ近くです。
手ぬぐい、いろんな種類の柄がありますよー。
手ぬぐい以外も面白そうなものがいろいろです。

>kazuyoo60さん

達筆かどうか分かるほどの眼は、あいにく持っていません(^^;
杉雨が衝撃を受けたという董其昌の書も「個々の文字は大小が揃っていないが全体で見ると安定したバランス」と説明がありましたが、うむむむむ・・・?でした。

昨日寄った書店でウミウシの写真集に出合い、suzieさんのことを思い出しました。
海に博物館にと、素敵な休日をお過ごしですね♪体も心も喜んだことでしょう(*^^*)
忍者てぬぐい、いいですね(^^)b

>mariさん

ウミウシからすぐに私を思い出してくださってありがとうございます。

忍者手ぬぐい<実は忍者好きなんですhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/46704138

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーな水曜日:

« 海三昧の三日間 | トップページ | Curiosity Killed the Cat. »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ