最近のトラックバック

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

噂の少女に会いに

なんだか今年の夏はよく上野に行く。今日は、上野に来ている話題の少女の1人に会いに、「マウリッツハイス美術館展」へ。

話題の少女とは、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。ちなみにもう1人の話題の少女「真珠の首飾りの少女」(ベルリン国立美術館展)には先月面会済みです。

「真珠の耳飾りの少女」はあまりに人気があって、美術系テレビ番組の特集で見かけることも多いし、今回の来日でも某大手新聞社、テレビ局、保険会社が主催・協賛ということもあって、テレビや新聞広告やなんやらで露出が多くて、(本物を見てもいないのに)すでに「見飽きた感」が湧き、しかも混雑必至だったので、実は見るつもりはありませんでした。

が、昨日別件で東京都美術館に寄ったところ、「マウリッツハイス美術館展、ただいま待ち時間0」との表示が。なんと!全然混んでないやん!しかしその日はゆっくりしていられなかったので、改めて今日、上野へ。なんと非効率な。

と、どうでもいいことをつらつら書いてきましたが、肝心の「真珠の耳飾りの少女」は、やっぱり実物は良かった。あの視線も微笑みも、テレビや印刷物で見るのとはちょっと違う。背景も真っ黒ではなく、生気のある頬のラインが際立って、今にもこちらに語りかけてくれるんじゃないかと期待してしまう。みんな(観覧者)彼女に釘付けです。

フェルメールの他にもレンブラント、ファン・ダイク、ルーベンスなど、けっこう充実していました。まったく混んでいなくて余裕で見られたのはラッキー。ちなみに知人のK音さんによると、夜間観賞(19:30—21:30)というドリンク付きでゆったり見られる期間限定観賞もあったそうです。K音さんが行くくらいだから、「ドリンク」はアルコールだったに違いない。

Dscf6294 「真珠の耳飾りの少女」と「真珠の首飾りの少女」ではどちらが気に入ったかというと、私は「真珠の耳飾りの少女」とですね。いずれも素晴らしい作品なのですが、最大の違いは、こちらを見ているか、あっちを向いているかです。どちらの少女も、上野で会えるのは9月17日までです。

今日の「ありがとう」は、ほんものの真珠の耳飾りの少女に。

2012年8月27日 (月)

成り下がってはいけない

一連の韓国大統領、活動家、市民の行動を受けて、「韓流の聖地」新大久保で日本人が抗議デモを行ったらしいです。「韓国人は日本から出て行け−」って。

気持ちは分かるけど、それをやってはいけませんよ。だってこれじゃぁ、結局やってることは‘あっち’と同じ。どんなに腹がたっても、成り下がってはいけないのです。

冷静に、寛大に、節度ある日本人としての誇りをもって行動しましょうよ、ね。

今日の「ありがとう」は、昨日2年振りの麻布十番祭りに一緒にいったY江に。

2012年8月20日 (月)

Curiosity Killed the Cat.

Dscf6247 週末の井田で会ったナンヨウツバメウオの幼魚。枯れ葉のようにヒラヒラ漂っていました。

と、ダイビングのことを書こうと思っていたけど、急遽テーマ変更。ゆうべ、向かいの家の方からドサッ、ドサッという音がしたので、「何だろう?何か重いモノを落としたのかな」と思って台所の窓から覗いてみたけど何もない様子。

もしかして、工事中のマンションのあたりかな、と別の方向の窓から外を見ると、工事中のマンションではなく、その手前(私の部屋のすぐ近く)の家からドサッ、ドサッ、と音が聞こえた。ちょうどベランダの衝立(のようなもの)が邪魔になってその家自体は見えないのだけど、その家は階段を数段のぼって玄関に達する造りになっているのを知っているから、「たぶん、階段の上から束ねた新聞紙とか重いゴミみたいなものを下ろしたんだろう」と勝手に考えて、そのまま確認作業は切り上げ。

さて、結局その音はなんだったかというと、どうやら、その家の車を誰かがボコボコにしていたらしく・・・・(怖) 夜遅くに警官が来ていて、家の人と長いこと話しをしていました。今朝見ると、車体の3カ所ほどが大きく凹んでいました。

もしあのとき、「それにしても一体何の音だろう」とベランダから乗り出したら、“犯人”を目撃していたかもしれない。ちょうど“犯行現場”だったら、止められたかもしれない。いや、目撃して「何やってるんですか!!」なんて声出したらこっちが攻撃されたかもしれないし、かといって目撃しながら何もせずに見て見ぬ振りするのも心が痛むし。

まぁとにかく目撃しないでよかった。ときには追究しないいい加減さも「可」です。ゆうべの「ありがとう」は自分の中途半端さに。

2012年8月15日 (水)

シルバーな水曜日

たぶん、世の中では15日までが夏休みという人(社会人)が大勢だろうと考え、最後の1日は帰省Uターンの渋滞の中、あるいは自宅に居たとしても疲れて出かけない人がほとんどだと想定し、「二条城展」に出かけました。

場所は両国、江戸東京博物館。以前行ったときはとっても苦労して辿り着いた記憶があったので、開場時間狙いでとっても早めに出かけたのですが、思いのほかあっさりと到着し、博物館の入り口で15分ほど待つことに。私以外に年配のご夫婦が3組。

博物館が開いたので入館してチケットを購入。「二条城展」の入場口で開場を待つ。すると年配の方々がどんどん集まってくる。「二条城」はこの年代を惹きつけるのか?などと思っていると、入り口に「第3水曜日はシルバーデーです」と表示。65歳以上は無料になるそうです。

「無料」ってすごいですよね。半額とか、数百円引きとかならよく見かけますが、「無料」って太っ腹だと思いますよ。早く65歳になりたいなと思いました。ちなみに一般観覧料は1300円です。

Dscf6243 江戸東京博物館は常設展もけっこう面白いし、お土産販売も充実しているので、かなり楽しめると思います。これはお土産屋さんでつい購入してしまった忍者手ぬぐい。

肝心の「二条城」はというと、表示点数は思ったほど多くなかったものの、重要かつ見応えのある出品が揃っていてかなり充実していました。開場と同時に入ったため、まったく混雑無しで見られたのもラッキー。話題の「松鷹図」は何度も近寄ったり、離れたりしながら眺めました。

江戸東京博物館のあとは、ついでに上野の東京国立博物館で開催している「青山杉雨展」に移動。青山杉雨は60歳を過ぎて董其昌(明代の書家)の作品と出会い、「第二の開眼」というほどの衝撃を受けたとのこと。なんだかよく分からないけど、書は深い・・・。アルファベットの世界には決して起こり得ないことですね。

今日の「ありがとう」は江戸東京博物館の充実したお土産屋さんに。他にも買いたい物いっぱいありました。

2012年8月14日 (火)

海三昧の三日間

久しぶりに海三昧の連休でした。早朝、重い荷物をずりずりひきずってはるばる安良里に到着すると、あとは潜って食べて潜って時間つぶして、潜って食べて寝て、起きて潜って休憩して潜って食べて潜って食べて寝て、起きて潜って休憩して潜って、ひと息ついて撤収。

いろんな出会いがあったので、つらつらと(だらだらと?)紹介します。指示棒の先にあるピンクの物体は・・・・オオモンカエルアンコウのちびっ子です。手前の指示棒の直径が5〜6mmだから、全長8mmほどでしょうか
Dscf6070Dscf6070t

こちらはテンス幼魚の黒バージョンと黄バージョン。
Dscf6096Dscf6104

名物のトビエイも。でも、きちんと挨拶する間もなく逃げていってしまいました。
Dscf6119

これは、ビシャモンエビです。全長1.5cmくらい。
Dscf6134

ニシキフウライウオの赤バージョン。紅白でめでたい!
Dscf6183

居るはずの場所に見つからなくて、3度目の訪問でようやく見つけたスジタテガミカエルウオ。これはかなり美人な個体のようです。
Dscf6222

Dscf6215 こちらは伊豆でよく見かけるイソギンポ。最初は警戒気味だったけど、そのうち物怖じせずに顔を出すようになったので、「もしかして触れるかな?」と思って手を出したら触れました。クチビルのあたりをムニムニと押しても全然顔を引っ込めない。むしろ、指の方に顔をよせてくるくらいで・・・・か、か、かわいい!ペットにしたい。

中層に目をやれば、イサキの群やらキビナゴの群やらキンギョハナダイの群やら。タカベの群も勢いがいい。
Dscf6156 そこに私の大好きな男前予備群登場。Dscf6153 タカベを狙ってます。若造ながら、立派なハンターの体勢ですね。Dscf6157

Dscf6172 初めて訪れたドーム。真っ暗な穴の中に入って入り口を振り返ると、こんな風景でした。

海の中は幸せだ。海の中に住みたいくらいだけど、たまに訪れるから楽しいのだ、きっとね。

週末の「ありがとう」は、安良里の海と、安良里ダイビングセンターのみなさんに。

2012年8月10日 (金)

うっかり、初収穫

うっかり、グリーンカーテンのヘチマゴーヤーがなってしまいました。なぜ「うっかり」かというと、できるだけ葉を茂らせたいと思い、実がならないように(実に栄養がいかないように)花が咲いた後はすぐに花を落としていたのです。

たぶん、めいっぱい陽が当たるところに植えたヘチマゴーヤーは、そんなこと気にしなくても、葉も生い茂って実もたくさんなるのでしょうけど、あまり陽当たりの方角に植えているヘチマゴーヤーなので、なんとか葉に栄養を集中させようと・・・。

そこのアナタ。今、「陽当たりの良くないところにグリーンカーテンを作る必要があるのか?」と、思いましたね?

陽当たりは悪いけど、向かいの家の反射光が強いのです。まるで直射日光かと思うような、白い壁に反射する眩しい光。これだけ強い光だから、さぞヘチマゴーヤーが生い茂るに違いないと思ったのですが、太陽光と反射光では根本的に違うのか、常に影になっている下の方(土台部分)にまったく光が当たらないのが問題なのか、期待したほどは茂りません。

この「うっかり」ヘチマゴーヤーもあまり成長せず、ミニミニです。こういうときにタバコとかマッチ箱とかを並べるとどれくらいの大きさが分かるのですが、あいにくタバコもマッチ箱もないので、
Dscf6058

ポニョを置いてみました。意味なし。
Dscf6057

定規で測ってみたら、約11cmでした。

薄くスライスしておかかをまぶして、おひたし風に食べました。

今日の「ありがとう」はなでしこと吉田沙保里に。そして、夕方の涼しい風に。

2012年8月 6日 (月)

頑張りやさんは向こう側

Dscf6045 今日の朝顔。こんな感じで咲いてくれています。どうしても外側を向いて咲いちゃうんですよね(太陽が向こうだから当然ですが)。こちら側を向いて咲いてくれると嬉しさ倍増なのですが。

左から、紫色の「残月」、白っぽいのは「曙」、紅色の「暁の紅」、第一朝顔と同じ「富士の峰」です。「曙」は薄茜色の花が咲くはずなのですが、この2輪はほんのかすかに、ほんとーにごくかすかに薄紅がさしたくらいの白い花でした。このほかに真っ白の「雪」も咲いています。

「グリーンカーテン」と呼ぶには全然葉が茂っていませんが、葉が茂らない方が室内から花が見えてちょうどいいかな。

さて、毎日毎日うんざりするくらい暑いですが、頑張って咲いてくれている朝顔と、ロンドンで頑張っている日本代表のアスリートのおかげで、気持ちだけはすがすがしく朝を過ごすことができます。

私は正直言って「もうオリンピックは要らない」派なのですが(だってオリンピック組織って金まみれでしょ)、アスリートの真摯な姿にはやはり感動します。そして、つくづく思うのですが、トップアスリートに「お馬鹿さん」はいませんね。緻密な研究と優れた記憶力と瞬時の判断力。それ以前に、身体的素質と人一倍、いや人十倍の努力。もはや同じ人種とは思えないほどどれをとっても素晴らしく、同じ日本国民であることをひたすら感謝します。

だからといって東京オリンピック開催は決して支持しませんよ。それは別のハナシ。

今日のありがとうは日本代表(特に水泳チーム)に。女子水泳選手、美しい。泳いだ後のすっぴんがアップに耐えられるなんて女優でもなかなかいないぞ。
 

2012年8月 2日 (木)

ブランクのち、第二

実は、第一朝顔 以来、全然咲かなかったのです。ウチの朝顔。

Dscf6037 そしてようやく、第二、第三・・・・の朝顔が咲きました。一気に5輪。やきもきさせても〜〜〜〜〜、この子たちはっ!

花びらがちょっと切れちゃってるけど、バッタ攻撃にもめげずよく頑張りましたよ。他にも小さい蕾がついています。明日咲いてくれるかな。

今日の「ありがとう」はMちゃんと旦那さん、そして幼なじみのYちゃんとその家族みんなへ。会えてよかった。会えて嬉しかったよ。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ