最近のトラックバック

« 今どきのハイテクリーダー | トップページ | 今年もついてる!キラキラな夜 »

2012年7月20日 (金)

イカの吸盤の取り方はイカに

Dscn1786 久しぶりに「イカの塩辛」を作りました。かなり塩辛く仕上がってしまいましたが、「塩辛」なんだからまぁいいとしましょう。必然的にご飯が進みます。

イカは魚よりもさばくのに手間がかからずラクなのですが、私はどうも吸盤を取るのが苦手。妙に時間がかかってしまいます。

いつもどうやって吸盤をとっているかというと、吸盤が右側になるように足(正確には「腕」ですが)をまな板の上に置き、包丁で吸盤を切り落とします。でも足(しつこいようですが正確には「腕」です)はおとなしく吸盤を切りやすいようまっすぐになってくれているわけではないので、けっこう難儀します。

もっと、ちゃっちゃっと吸盤を処理したいのだけど、もしかしてそうとう非効率なやりかたをしているのでしょうか。良い方法を知っている方、教えて下さい。

ちなみに、タコの吸盤はどうやって処理しているのでしょう。吸盤が付いたままのタコを買ったことがないので、トライしたことはありません。以前テレビ番組で、吉川晃司が丸ごとのタコを塩水でしごくようにして吸盤をとっていたような・・・。こちらもご存じの方、よろしくお願いします。

今日の「ありがとう」は、癒やしてくださったあしかるのみなさんに。K堀さん、お話相手になってくれてありがとう。

« 今どきのハイテクリーダー | トップページ | 今年もついてる!キラキラな夜 »

コメント

私は苦手なので作ったことがありません。
烏賊は好きですが塩辛は~なのです。大きな烏賊には吸盤に軟骨があるのですよね。殆ど気にしない料理しか作ってないので。(苦笑)
包丁でしごいておられたのをテレビで見ています。塩辛は皮を剥かれるのですよね。

申し訳ありませんが合理的なイカの吸盤の処理方法は知りません。恐らくmariさんが答えてくださると思いますので、そちらに譲ります。

イカの「足」か「腕」かで迷っておられるようですが、簡単な見分け方をご存知ですか?
少々手荒いですが、イカの頭にゴツンとゲンコツをかまします。「痛っ!」と押さえたものが紛れもなく「腕」です。(寒っ!)

suzieさん、素敵!
吸盤を取る作業にチャレンジしようという思いが素晴らしいですo(^-^)o

イカの吸盤って、ギザギザの固い部分だけでしょうか?
それでしたら手でそのまましごくか、布巾でイカの足(腕)を掴んでしごくと簡単です。
吸盤丸ごとでしたら、一度サッと湯通しすると簡単なんだけど。
生で使われる場合は、並んだ吸盤に包丁の刃を同じように当てて一気に切り落としちゃいましょう!(繊細さに欠ける…?!)

タコの吸盤を取るときは、生であればまな板に吸盤を吸い付かせて、包丁を足(腕)の身と皮の間に入れ削ぎ取るようにして切り離します。(胴側から足先に一文字切れ目を入れておく)
イカと同様、茹でたものであればさらにやりやすいですよ。

文章で説明するって難しいですね…。少しでも伝わりましたら幸いです。

ちなみにタコの吸盤の食感が何とも好きな私です。
美味しいですよね〜。

>kazuyoo60さん

塩辛はお嫌いですか。
でもお気持ち分かります。
私も塩辛が好きになったのは大人になってだいぶたってからです。
もちろん皮も取ります。皮は意外と手際よく取れるのですよ。

>omotannさん

私もmariさんのお返事を期待しているのです。

なるほど、頭を押さえたものが腕ですね。
でも、ゴツンとやったらきっと墨を吐かれて、なんにも見えなくなってしまうかもしれませんね(笑)

>mariさん

真打ち登場ですね!

実は並んだ吸盤に包丁の刃を当ててざっくり切る繊細さに欠ける(?)方法が、私がモタモタしちゃうやり方なんです(^^; よほど不器用なのかしら。

ギザギザの固い部分だけだったらは、手や布巾でしごいて取れるのですね。煮物や炒め物のときはこの方法トライしてみます。

タコの吸盤の取り方も教えて下さってありがとうございます。分かりやすいご説明で、だいたいイメージできますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/46399777

この記事へのトラックバック一覧です: イカの吸盤の取り方はイカに:

« 今どきのハイテクリーダー | トップページ | 今年もついてる!キラキラな夜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ