最近のトラックバック

« サケ!みっっつ!(「星、みっつ!」の要領で) | トップページ | 奇跡は起こらず »

2012年6月 2日 (土)

水中も地上も好き勝手

久しぶりの井田ダイビングです。水はちょっと緑がかって春っぽい色だけど、透明度は8〜13mとまあまあの状態を保っています。水温は、浅場は20度、ときには21度と温かいけど、下の方は18〜19度なので、まだまだ湯船のありがたさが身に沁みます。

Dscf5744 いつもながら、好き勝手に動き回らせてくれながらもしっかり案内してくれるKちゃんにくっついて、のんびりと水中を漂いました。岩とほとんど変わらないルックスなのに、ヒレの裏側がとっても鮮やかなサツマカサゴ。一生懸命逃げ去るところを撮ったら、きれいなヒレの裏が見えました。が、それより目立つのがこのお腹!ポッコリ!!卵を抱えた雌なのかと思っていたら、どうやらクロホシイシモチを丸呑みしたらしいです。

Dscf5746 海からあがる少し前に遭遇したのは、巨大なヒラミルミドリガイ。大きさは3cm弱といったところ。今までヒラミルミドリガイといえば1cm未満のものしか見たことがなかった私には、怪獣なみの大きさに見えました。

Dscf5754 そしてランチはご飯の上に好き勝手に具を乗せる「勝手に丼」。大きい丼にたいして、控えめにご飯をよそったので、だいぶアンバランスになってしまいましたが、しっかり味がしみこんだ角煮がGOODでした。でも実は私、「勝手に」シリーズでしょっちゅうM里が用意してくれる椎茸の煮物がいつもとっても楽しみなのです。今回も大きい椎茸(人参の下の黒い物体)、おいしかったです。

今日の「ありがとう」は一緒に潜ったいつものKちゃん、M里+半年ぶりのYさんに。

« サケ!みっっつ!(「星、みっつ!」の要領で) | トップページ | 奇跡は起こらず »

コメント

サツマカサゴさん、良いモデルさんでした。ヒラミルミドリガイ、名前の通り鮮やかですね。怪獣?なみ、生きていたらどんどん大きくなるのが普通と聞きましたが、人などは別として。
ほんとにご飯をちょこっとですね。綺麗に盛り付けられて、どれも美味しかったでしょう。

>kazuyoo60さん

ご飯茶碗5膳分くらいご飯が入りそうなとっても大きい器だったので、控えめにしました。
でも実は、このあとお替わりしましたhappy02

ヒラミルミドリガイはお初です。
ウミウシ図鑑.comでも拝見してきましたが、その種類の多さに驚きました。
ミルに穴をあけて、中身をチューチューと吸い出して食べるそうですね。

ヒラミルミドリガイって、アゲハの幼虫みたいですね。
乗っている緑のヒラヒラは海藻なのですか?
保護色なのかな? まったく同じ色をしていますね!

勝手に丼、美味しそうですgood
人参もきちんと花形に切ってあっていろどりも良く、もしや料理の専門家の方?

>omotannさん

(昨日コメント投稿したつもりだったのですがちゃんと送信されていませんでした)
さすが検索にお使いになる資料が素晴らしい。
私もウミウシ図鑑.com愛用しています。
ウミウシは本当にたくさんの種類があります。同じ種類で色のバリエーションがあるものや、とっても似ているのに違う種類だったり、なかなか覚えられません。

>こしあぶらさん

緑のヒラヒラは海藻です。
ちょっと厚みがあって、お互い本当にそっくりです。
ランチを用意してくれる友達はプロではありませんが、潜るよりも料理する方が得意なようです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/45514552

この記事へのトラックバック一覧です: 水中も地上も好き勝手:

« サケ!みっっつ!(「星、みっつ!」の要領で) | トップページ | 奇跡は起こらず »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ