最近のトラックバック

« 裸の王様はロバの耳 | トップページ | 水中も地上も好き勝手 »

2012年5月27日 (日)

サケ!みっっつ!(「星、みっつ!」の要領で)

新巻鮭、見てきました。中学の美術の教科書で見たことのある、あの鮭です。

東京芸大で開催されている「高橋由一展」。芸大所蔵の「鮭」と、山形美術館の「鮭」、笠間日動美術館の「鮭図」が並んで展示されています。それぞれ少しずつ違うのも面白い。教科書に掲載されていたのは、芸大所蔵の「鮭」(重要文化財)のようですね。皮の「ひからび感」が素晴らしい。

そのほかにも多数の作品が揃っていて、なかなか興味深い展示でした。静物画はもとより、風景画も見応えたっぷり。

Dscf5673これは鑑賞後のオリジナルグッズ売り場でついつい手に取ってしまった鮭ストラップ。私以外にも、ついつい手に取ってる人、たくさんいました。いわゆる「すり込み効果」でしょうか。なんたって、絵画に興味を持ち始める前から目に焼き付けられていた鮭ですからね。

今日の「ありがとう」は、人生で最もなじみ深い鮭に。

あー!休憩スペースの窓から東京スカイツリーをチェックするのを忘れた!

« 裸の王様はロバの耳 | トップページ | 水中も地上も好き勝手 »

コメント

教科書に掲載されていた「鮭」の実物を、鑑賞されたのですね。
本物と見紛うほどの鮭の質感。実際に目にしたらもっとスゴイのでしょうね。
ストラップも・・・、よく出来ていますねぇ。


教科書に載っていた同作品の印象は鮮烈で、未だに脳裏に焼きついております。
その実物を拝するとはまたとないチャンスに恵まれ、これこそ今日の「ありがとう」ですね。

教科書といえば岡山市電子町内会が、本年度の中学校の公民の教科書に掲載され、話題となっております。わが町内会も早い段階で参加しており、その責任者を仰せつかっている関係もあり私も鼻が高いです。

ストラップが売られていたのですか。ちょっとビックリですが、お好きな方には良いですね。
教科書に載っていたので覚えています。

>mariさん

展示の仕方も工夫があって、非常に面白く鑑賞できました。

もっとデザイン化した鮭ストラップもあったのですが、どうしてもこっちから目が離せずcoldsweats01

>omotannさん

中学生の頃は、その価値や重要性もわからずに視界に入っていただけでしたが、こうして本物を観て、その背景を知ってみると、中学生のときに(印刷ではありましたが)出会っていて良かったと思いました。

>kazuyoo60さん

ストラップ以外にも「鮭」デザインの手ぬぐいやメモやクリアファイルや、いろいろありましたhappy01
どれも心ひかれましたが、やっぱり鮭ストラップが一番引力が強かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/45433010

この記事へのトラックバック一覧です: サケ!みっっつ!(「星、みっつ!」の要領で):

« 裸の王様はロバの耳 | トップページ | 水中も地上も好き勝手 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ