最近のトラックバック

« 244年の歴史に幕 | トップページ | 水中のブサかわアイドル »

2012年3月17日 (土)

視覚と嗅覚の魅惑的関係

梅もだいぶ満開になってきました。満開を過ぎたものもちらほら。直線の枝の梅も美しいけど、枝垂れの梅も愛らしい。

梅はなぜか、離れて見た方が香りを感じる。と、ずっと思っていましたが、それは自分の錯覚だと気づきました。というのも、花粉症対策のためマスクをつけたまま梅を眺めていたら、なぜかはっきりと香りを感じました。梅の花を見て、香りの記憶が再現されたのですね。錯覚だと認識しながらも、梅の花を見ているあいだ、良い香りが続きました。

Dscf5387 満開を過ぎた紅梅白梅の樹の下は、地面も紅白に。数日前の駒沢オリンピック公園にて。

今日の「ありがとう」は、美味しい桜餅を作ってきて下さったHさんに。

« 244年の歴史に幕 | トップページ | 水中のブサかわアイドル »

コメント

梅の香りは美味しい、そう感じています。
花粉症の方は多いでしょう。ほんとにお気の毒と思います。そのうち、マスがいっぱいになったら発症なのだと思いながらです。

>kazuyoo60さん

ということは、kazuyooさんは花粉症になっていないのですね。羨ましいです。マスがいっぱいにならないよう、お気を付けください。

梅の香りは「美味しい」ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/44529434

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚と嗅覚の魅惑的関係:

« 244年の歴史に幕 | トップページ | 水中のブサかわアイドル »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ