最近のトラックバック

« 井田セレブはタカベがお好き | トップページ | 千秋楽は現実の幕開け »

2012年2月17日 (金)

ほらそこに早春が

Dscf5339 久しぶりに人形町のお好み焼き屋へ。トイレに入るとそこには、勘太郎改め、勘九郎丈がお出迎え。店主ご夫妻が襲名披露公演を観劇に行ったそうで、「すごく良かったよ〜」とのことでした。そう言われると見てみたくなるけど、さすがにチケットがあまり残ってないらしいです。ちなみにこれは→、あたりまえですがチラシの切り抜きです。

Dscf5342このお店は、店内の一画とトイレにご夫妻手製のお飾りがあって、毎月代わります。毎回、次の月を主題にするので、今月は弥生がテーマ、つまり桃の節句。ご夫妻が猫好きなので、あちらこちらに猫がいます。こちらは猫だらけの雛飾り。猫好きにはたまりません。

Dscf5332 さて、この店に行くときは水天宮駅を使うのですが、改札を出たところに熱帯魚の水槽があります。この中にも季節の風景が。早春の菜の花。この水槽も季節ごとに風景が変わります。私が見る限り、足を止めて眺めている人はあまり居ませんが、私はけっこう気に入っています。足を止めていない人たちも、実は気に入っているはず。だからこれからも続けてくださいね。

今日の「ありがとう」は、お好み焼き屋のご夫妻に。

« 井田セレブはタカベがお好き | トップページ | 千秋楽は現実の幕開け »

コメント

お手製のおひな様ですか。とても可愛い!。上手に作られますね。
水槽の中の木、辰の頭に見えます。

かすかに春の足音が聞こえます。

ブルーグーラミーかな?
改札口にアクアリウム、しかも季節にあわせて衣替えとは、粋な駅ですね。
私も急ぎでなければ必ず足を止めるでしょうね!

我が家のアクアリウムは、主なきあとも空のままで玄関を飾っています。
照明を入れて結構インテリアになります。

>kazuyoo60さん

ここの店主夫妻はとっても器用なんですよ。
あ、でもガラスのねこニャンは購入されたモノですが、ひな壇や勘九郎の背景の屏風などはお手製です。

>omotannさん

ブルーグーラミーを検索してみたところ、確かにこの水槽の中にいた魚でした。

ときどき、こうやって季節が感じられるよう工夫している駅を見かけます。なんとなく、ほっこりしますね。

手作りの猫だらけのお雛さま、可愛らしいですね♪
入ったお店にこんな季節の可愛らしい飾りがあったら、和みますね。
足しげく通いたくなります。

改札のアクアリウムも素敵♪
私も立ち止まって見入ってしまうと思います^^

勘太郎改め勘九郎さん。
話す雰囲気がお父様の勘三郎さんに似てこられましたね。

>mariさん

店内の飾りは毎月変わるので毎月行きたいところですが、なかなか・・・。

勘九郎丈、本当に勘三郎丈に似てきましたね。歌舞伎役者は一般の人に比べて特に「父親に似てくる度」が高い気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/44161334

この記事へのトラックバック一覧です: ほらそこに早春が:

« 井田セレブはタカベがお好き | トップページ | 千秋楽は現実の幕開け »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ