最近のトラックバック

« 列が列を呼ぶ名物餅 | トップページ | うるおいが足りない »

2012年1月22日 (日)

子羊たちの歌声

今日はとある新年会に出席。着物を着た720人(99%が女性)が某ホテルの宴会場に集いました。ゲストとしてJammin' Zeb(ジャミン・ゼブ)というボーカルグループが登場。25〜30歳の男性4人のコーラスグループで、Jam(セッション)するZebra(シマウマ)ということらしいです。配られたチラシによると、けっこう身長が高いらしいのですが、今時の若者らしく、みんな華奢!(なので、あまり大きくは見えない)

和服のオバサン達(私も含む)の中に放り込まれた若きシマウマたちは、まるでオオカミの群れに囲まれた子羊たちのようでした。怖かっただろうなぁ〜。MCの最中になんども噛んでたもんなぁ〜。歌声はきれいでしたよ。ドイツ語で歌ったシューベルト作「セレナーデ」がよかったです。

デジカメは不調のため持って行かなかったので、残念ながら和服集団の写真も、シマウマ君たちの写真も無しです。

それにしても、オバサマがたとの会話はなかなかたいへん。ランチで運ばれてきたオードブルのひとつを食べながら、

オバサマA「何これ、チーズ?」
私「いや、白身魚のテリーヌみたいですよ」
オバサマA「あ、そう、テリーヌね」
オバサマB「え?これチーズ?」
オバサマA「ちがう、テリーヌだって」
オバサマB「テリーヌって何?」
私「白身魚のすり身をパテにしたもので・・・」
オバサマB「あー、パテね。ほんと、チーズの味」
私「(そうじゃなくって)」
オバサマC「何これ、チーズ?」
以下、続く

こんな具合です。「パテ」という言葉を使ったのがいけなかったのか、と一瞬反省したけど、たぶんオバサマがたにとっては、それがチーズだろうがテリーヌだろうがパテだろうがかまぼこだろうが、どうでもよかったんだと結論づけました。

でも、おしゃべり好きのオバサマがたのおかげで、単独参加の私もけっこう楽しめましたよ。同じテーブルについたオバサマがた、どうもありがとう。

« 列が列を呼ぶ名物餅 | トップページ | うるおいが足りない »

コメント

いや〜、素晴らしいですね。
何がって、suzieさんの文章(描写)力とオバサマたちの生態が。
笑わせて頂きました(^^)

しかし圧巻だったでしょうね。
700人を越える和服姿の方々がいらっしゃる空間は。

ZEBLOGを拝見してきました。こちらのブログではお客様を気遣ってのことか、「着物姿の皆さんが約800人」とありました。

人数もさることながらオール着物とあっては、誠にきらびやかで、その様は圧巻だったことでしょう。高級ホテル内でのパ-ティだったようですが、屋外だったらさぞかし雪景色に映えたことと拝察します。suzieさんのテーブルでのやりとりをお聞きするまでは・・・。

>怖かっただろうなぁ〜。
多勢に無勢だったかな、うふふふふ。何とも愉快な光景です。
美味しければ良いのでしょうけれど、知っておられたら、それなりに気になる会話ですよね。

周りのおば様達との会話で、苦笑しつつも和やかな雰囲気が目に浮かぶようでした。
私のお茶の時のおば様の会話も似たような感じです(笑)ちょっと困るときもあるけど楽しいよね。

それにしてもsuzieさんは顔が小さいから和服が似合うこと。
私もいつか母の着物を着られる日が来るかなあ(それまでに着物の状態がどうなってるか心配)

人の話をちゃんと聞かない所もオバサマの特徴よね。

あっ、それ私の事でした。

suzieさん、最近楽しい事続いてて羨ましい!
春が来たら、会いましょうねtulip

>mariさん

お褒めのお言葉をいただき、光栄ですcoldsweats01
圧巻ですよ〜。その中に居ても圧倒されますもの。

オバサマたちは、観察対象としては非常に面白いですhappy02

>omotannさん

シマウマ君たちのブログがあったのですね。私もさっそくチェックしました(笑)

700人以上集まりながら、ひとりとして同じ衣装がいないのが、着物のすごい(素晴らしい)ところです。

着物の集団に遭遇されたら、少し遠くから眺めることをおすすめします(笑)

>kazuyoo60さん

若いシマウマがいずれ百獣の王になるための試練でしたね(笑)
テリーヌでもチーズでも、美味しいと感じるならOKですね。

>うっちーさん

そうそう、ちょっと困っちゃうけど、でも面白いです。同じテーブルに座ったからみんな同じ友達(=おしゃべり相手)って感じで接してくれるし。

是非お母様の着物を着ましょう!きっと素敵ですよ!

>K美さん

K美さんはちゃんと人の話聞いてますよwink

春が待ち遠しい。「桜咲く」ニュースが聞けることを楽しみにしています。

「パテ」という言葉を使ったのがいけなかったかと反省したけど、、、ってくだりが最高にsuzieさんらしくて好きです。ってニュアンス伝わるかなあ。オバサン相手に(私もオバサン化してきたのでわかるんです)そういう心配り。。素敵。(^^)世の中の若い人はなんとなく敬遠しがちなんだけど、飛び込んでみると面白いこともある、、かな?!

>つーみーさん

自分では気づかない自分らしさがこんなところに出ていたとは(笑)

オバサマたち、みなさん素敵な着物だったので、こんなおしゃべりもなんとなくかわいく見えましたhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/43836255

この記事へのトラックバック一覧です: 子羊たちの歌声:

« 列が列を呼ぶ名物餅 | トップページ | うるおいが足りない »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ