最近のトラックバック

« ちびっ子の守り屋さん | トップページ | 見て嬉しい、食べて嬉しい »

2011年11月 3日 (木)

さらにかわいく、さらに色っぽく

タイトル、もちろん私のことではありません。

新橋演舞場の「吉例顔見世大歌舞伎」、菊之助丈の「京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)」が素晴らしかった。何度か見ている演目だけど、いままでも十分かわいらしかったけど、もはや、かわいいだけではない。

1時間近く踊り続けるなかで、愛らしい表情やしぐさ、鐘をにらむ怖さ、視線がまとわりつくような艶っぽさ。色気も迫力も増して、もう視線が釘付け。ああ、な、なぜか苦しい・・・・。そうか、呼吸するのを忘れていた。

娘道成寺でほとんど燃え尽きた状態でしたが、続く「髪結新三(かみゆいしんざ)」もしっかり堪能しました。当然、新三を演じるは菊五郎丈。こういうちょっと悪い役(いやいや、相当悪いオトコだよ新三は)もよく似合う。菊五郎丈の魅力についてはいろんな人が語っているので、ここでは違う話を。

この演目で楽しみな場面の一つは、カツオ売りがカツオをさばくところ。丸っと太い一本のカツオを、頭を落として内臓を出し、2枚におろすのです。もちろん、本物のカツオじゃなくて張りぼてなんですが、これがまぁうまくできている。いったいいつからこれが使われているのでしょう。最初に考えた人はすごいアイデアマンだ。

舞台の充実度の高さもさることながら、ひさしぶりにたくさんの歌舞伎仲間と顔を合わせられたこと、加えて、並びの席の見知らぬ方々が、私が何度も通るときにイヤな顔ひとつせずに荷物をよけてくれたこともあり、全体としてかなり充実感と幸福感が高い夜の部でした。

今夜の「ありがとう」は歌舞伎仲間の皆様、並びの席のお客さんに。

« ちびっ子の守り屋さん | トップページ | 見て嬉しい、食べて嬉しい »

コメント

うふふふふ、究極です。呼吸も忘れて、うふふふ。
見ごたえ十分、楽しいお時間でしたね。

>kazuyoo60さん

この自分勝手なはしゃぎようを、笑って許してくださってありがとうございます(^^;
こんなふうにわくわくできる時間をもてることがありがたいです。

ほんとによかったですよね~、道成寺!!
まわりの友人たちも、ドキドキした、放心状態、毎日通いたい、とそれぞれ感激を述べています。
8日付日経の劇評でも、上村以和於さんが絶賛していますね。
読売の劇評でも、犬丸くんが誉めているはず。
(4日昼いっしょになったのですけど、菊ちゃんのこと「この頃、進境著しいね」と言っていましたから)
菊五郎さんの「髪結新三」とあわせて、私にとって今年いちばんの充実の舞台でした。

>初音さん

みんなドキドキでしたね。
特に私はとっても良い席だったので(ありがとうございます)、ドキドキが倍増でしたheart02
正直なところ、10月の国立より充実度はかなり高かったです。
私にとっても今年一番でしたfuji

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/42853213

この記事へのトラックバック一覧です: さらにかわいく、さらに色っぽく:

« ちびっ子の守り屋さん | トップページ | 見て嬉しい、食べて嬉しい »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ