« 皇居を臨む対決 | トップページ | エセ長距離ランナーの憂鬱 »

2011年11月23日 (水)

しっくりと、ほのぼのと

本日は、新橋演舞場で「吉例顔見世大歌舞伎」の昼の部、「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」「道行初音旅(みちゆきはつねのたび)」「魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)」でした。

目当ての菊之助丈は「道行」の静御前と「宗五郎」のおなぎ(旗本の召使い)。静御前は当然素敵だったのですが、個人的にはおなぎ方が良かった。

あんまり菊之助丈のことばかり書くと「またですかい」と思われるので、ちょっと別の人にフォーカスします。菊五郎丈と夫婦あるいは恋人役で見る機会が多い中村時蔵丈。女形のベテランです(たまに立ち役もやりますが)。姫様役も多いですが、私は町人の女房役が合っているとつねづね思っていました。 今回は「傾城反魂香」でも「魚屋宗五郎」でも、町人の女房。やっぱり時蔵さんはこれですよ。特に菊五郎丈@宗五郎とのかけあいや表情などは本当に見事で、まさにおかみさん。

「宗五郎」は登場人物と役者がしっくりはまっていて、世話物のほのぼと〜とした雰囲気が舞台を包んで、見ていてたいへん心地よかった。それで、(話しが戻って)菊之助丈のおなぎが静御前よりも良く感じたのですね〜と、自己分析。

今日の「ありがとう」はPちゃん、そして風邪気味のK子さんに。どうぞお大事に。

« 皇居を臨む対決 | トップページ | エセ長距離ランナーの憂鬱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/43108513

この記事へのトラックバック一覧です: しっくりと、ほのぼのと:

« 皇居を臨む対決 | トップページ | エセ長距離ランナーの憂鬱 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ