最近のトラックバック

« 流れ流れて | トップページ | 電線越しの夕焼け雲 »

2011年10月16日 (日)

涼しい顔でくるりんぱ

国立にて、「開幕驚奇復讐譚(かいまくきょうきあだうちものがたり)」を観劇。題名からはナニガナニヤラ分かりませんが、ストーリーはあまり気にせずに楽しめる演出でした。

なんといっても菊五郎と菊之助親子の両宙乗り。上手に菊五郎丈、下手に菊之助丈で、どっちを見ていいか分からなーい!(贅沢な悩み)けど、当然下手の菊之助丈を見ていました。菊五郎さんごめんなさい。

誰か(某御曹司)みたいなじたばた宙乗りとは違って、涼しい顔で美しく舞う。と思ったら垂直にくるくる回転。シルク・ド・ソレイユなみの優雅さ(シルク・ド・ソレイユ見たことありませんが)。うーん、すばらしい!

他にも随所に、普段の歌舞伎とは違った演出が散りばめられて、面白かった。しかしもうちょっと、菊之助丈の見せ場があってもいいと思うのだけど。

ちなみに菊五郎丈はこんな出で立ちです(チラシより)。菊之助はチラシとは衣装が違うので画像無しです。
Kikugoro

今回の舞台は、国立劇場の開場四十五周年記念公演のひとつなのですが、なぜ「四十五周年」なのか。だって半端でしょ!って突っ込みたくなりますが、この「四十五」の文字デザインはけっこう好きです。

今日の「ありがとう」は、とーってもドンピシャな席のチケットを回してくださったK子さん、そして一緒に口を開けて菊之助丈に見とれたYちゃんに。

« 流れ流れて | トップページ | 電線越しの夕焼け雲 »

コメント

うふふふふ、菊之助さんの方にですか。
宙乗りは華やかでも、当人さんたちは苦労なのでしょうね。
良いお席で堪能されて、良い日でしたね。

>kazuyoo60さん

あの宙乗りはそうとう訓練したと思います。それとも、日ごろの鍛錬があるからかるーくこなしちゃったかしらwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/42562263

この記事へのトラックバック一覧です: 涼しい顔でくるりんぱ:

« 流れ流れて | トップページ | 電線越しの夕焼け雲 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ