最近のトラックバック

« 船の上のクールガイ | トップページ | 青い魚に囲まれて »

2011年9月12日 (月)

大臣とタトゥーの共通点

大臣の就任・失言・辞任、というのがこの数年パターン化してますね。「初期ロットにバグがつきもの」であるように、「新政権に失言&辞任はつきもの」ということか。

要職なのに、ずいぶんチープな感じです。まるでタトゥーのよう。

タトゥーって、一生身体に残るものなのに、「え?そんなんでいいの?」と思うようなけっこう安易な図柄を入れてる人が多い。先日見かけた外国人は、脚にめいっぱいタトゥーが入っていて、その絵が、まるで漫画好きの中学生がノートに落書きしたようなドクロ。しかも背景(おどろおどろした効果線)付きで。中学生としてはたいへん上手だけど。

一生身につけなければならないのに、そんなチープな絵でいいのか!?その絵を描いた中学生が、将来手塚治虫並みの超有名漫画家にでもなれば話は別だけど。 ←だから中学生がタトゥーを描いたんじゃないって

一生をチープにするかどうかは個人の勝手だけど、チープな国にされるのはごめんです。

今日の「ありがとう」は、書道教室の先生に。

« 船の上のクールガイ | トップページ | 青い魚に囲まれて »

コメント

刺青でしょう。タトゥ―となったら格好良くなるのでしょうか。私の世代から見ると、裏の世界の人がするものとの意識があります。
テレビに写っていた歌手だったかな、モデルだったかな?、ちらちらと肩近くの腕にそれらしいのが見えたのでビックリしました。3週間で消えるタトゥーもあると先日アメリカで体験されたと、友達ブログで見ました。それに、その時だけ、写し絵のように貼られるのもあるのかな?。

>kazuyoo60さん

そうです。タトゥーは刺青のことなのですが、昔から日本にある刺青とは方法も少し違うし、もっと「お手軽」に入れる人が多いです。
刺青は、気質は絶対に入れないというイメージですが、タトゥーは若い子が平気で入れています。
3週間くらいで消えるのは、ペイントするやつですね。タトゥーに見えるシールというのもあります。

刺青をタトゥーに呼び方を変え、若い人を中心に気軽に入れてる感じがしますが、今でもプールや公共の場では出入り禁止ですし、周りの人の見る目は昔とあまり変わっていないんじゃないかと思います。

彼らは外国文化かぶれ?憧れ?ファッション?でタトゥーしてますが、アメリカの人でもタトゥーはそれなりの人達の間ではやはりタブーだそうです。上流階級の人で入れてる人なんていないらしいし。

何年か前、駅のホームで超ミニスカート履いた若いママのふとももに卍のタトゥーを見つけてかなりひきました。赤ちゃんはうちの子と同じくらいだけど正直幼稚園とかで一緒になりたくないなと思いました・・。

私の中では、その筋の方は入れていても普段は一般の方の目に触れささないものと認識していました。
が、どうしたことでしょう。
タトゥーは単なるファッションなのか?格好付けなのか?
目にすることが多くなりましたねぇ…。

しっかり考えた末の結果なのでしょうか。
私もチープはごめんです。

>うっちーさん

世界的に人気のある俳優とか女優とか歌手とかスポーツ選手がタトゥーを入れてるので、「かっこいい」って思っちゃうのかもしれないですね。
「それなりの人達」がどう思おうが、関係ないのかも(苦笑)

ベッカムのタトゥーも相当スゴイですよね。
私の愛するデルピエロがタトゥーを入れるような人じゃ無くて良かったわheart01

>mariさん

本人としてはしっかり考えた結果なのかもしれませんが(はなはだ疑問)、どうせ一生刻み込むなら、「世界平和」とか、恒久的なテーマを入れて欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/41663385

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣とタトゥーの共通点:

« 船の上のクールガイ | トップページ | 青い魚に囲まれて »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ