最近のトラックバック

« 大臣とタトゥーの共通点 | トップページ | 休日と同じくらいの「ほっ」 »

2011年9月18日 (日)

青い魚に囲まれて

井田でダイビング。9月半ばというのに、まるで真夏の暑さになりました。水温は上27℃/下25℃と快適。

水に入ってすぐに、井田名物のタカベの群れが登場したので、群れに向かって行くと、いままで水中では見たことのない青魚のものすごい群れが!「タカサゴ?じゃないし、イワシ?でもないし」で、結局ムロアジであることが判明。

Dscf4528 そりゃもう大群で、網ひとすくいで100匹は捕れそう。体表が青くてきらきらして美しい!しかし残念ながら、身はぱさぱさした感じで、塩焼きには適さないらしいです。(ここで「しかし」という接続詞が適切なのかというご指摘はご容赦を)

Dscf4505近くの岩に目を落とせば、小さいノコギリハギの幼魚がちょこまかとかくれんぼ中。ちなみにこれとよく似たシマキンチャクフグの幼魚というのもいます。

ダイビングの帰り道は東名高速がまさかの35km渋滞。みなさん、くれぐれも事故には気をつけましょう(事故渋滞でした)。大勢の人に迷惑がかかります。

今日の「ありがとう」は、ダブルKちゃん、Y江、M里、そして井田ダイビングセンターのスタッフに。

« 大臣とタトゥーの共通点 | トップページ | 休日と同じくらいの「ほっ」 »

コメント

ムロアジの大群でしたか。生きてる魚は一段と綺麗です。スマートに見えます。この頃出会いませんが、昔買ったことがあると思います。
真っ赤な中にフグの子供、何とまあ、目立ちすぎですよね。
充実のダイビングでも、やっぱりお疲れでしょう。なのに、渋滞はお辛いことでした。

ムロアジは塩焼きはいまいちなんですね。
クサヤだと私はトビウオよりもムロアジ派です。

それにしても、見事な群れですね。
ギンガメじゃなくても十分綺麗だし、感動だね。

今時期の伊豆は水温も快適で良いですね。
いつか、伊豆復帰したいです。

>kazuyoo60さん

生きてる魚はほんとにきれいなんですよ!
赤い背景の魚は、フグを真似た姿のハギなのです。フグに似せていれば安全と思ってるのか?本人はそんなこと考えていないですよね。

>ぷうちゃん

塩焼きに適さないなら何に合うんだろうと思っていたら、クサヤの干物に使われるんですね。
私はクサヤの干物を買ったことが無いので(民宿で食べたことはありますが)、全然知りませんでした。

ムロアジの大群、本当にきれでした。
でもやっぱりギンガメの大群を見たいです−!

ムロアジの大群、奇麗ですね~。
ムロアジはマアジと比べると脂肪分・旨味が少なくて、干物にされることが多いようですね。
確か、ダシに使われるアジもムロアジじゃなかったかしら?

何とも派手な模様のハギですね。驚きました。
お顔はやっぱりフグ目のお顔。
愛嬌があって大好きです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/41827864

この記事へのトラックバック一覧です: 青い魚に囲まれて:

« 大臣とタトゥーの共通点 | トップページ | 休日と同じくらいの「ほっ」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ