最近のトラックバック

« 宵の花、明けの花 | トップページ | 船の上のクールガイ »

2011年8月27日 (土)

後ろ姿もチェック

海の中が、少しばかり、例年の夏の海に戻った気がします。少し緑色に濁った感じ(場所によっては15mくらい見えるらしいですが)。

いつも、丸投げ状態で任せているKちゃんが急用ができて海に来られなくなったため、自力で潜ることになりました。不安もあったけど、無事に海に入り、そして海から出ることができました(基本中の基本)。

Dscf4442_2 これは撮ろうと思っても撮れるものではない、ミナミハコフグの後ろ姿。正面から見たことのある人にしか分からないかもしれません。このほか、ウミテングyg、カンパチyg、イワシ稚魚の群れなどなど見ました。

Dscf4470 自力でも潜れることを確認してほっとしたあとは、M里が作ったカレーでお昼ご飯。スパイシーで美味しかった。たっぷり食べました。

8月最後の週末は、おどろくほど海水浴客がいなくて、びっくり。伊豆ダイバーにとって、海は季節関係無しですが、海水浴客にはほんの短期間の季節モノなんですね。本当は、秋の海の方が暖かいのに。

今日の「ありがとう」は、M里、Bちゃん、Y江に。

« 宵の花、明けの花 | トップページ | 船の上のクールガイ »

コメント

黄色に水玉、面白い形と色です。ミナミハコフグちゃん、ひれが無ければ全く?かな。
カレーも美味しそう、カラフルですね。
海水は遅れて暖かくですか。ということは南の魚たちにも会える機会が多いのですね。

>kazuyoo60さん

あ、本文では書き忘れましたが、これはミナミハコフグの幼魚です。子どものうちはこんなに鮮やかでサイコロみたいな格好でかわいいです。大人になると・・・です(-"-)

まるで紙風船みたい!
ポーンポーンと、したくなりますheart04

毎度毎度、美味しそうなランチ♪
海に潜ったあとなら、なおさらガッツリ食べちゃいそうですね~bleah

>こしあぶらさん

まさしく、紙風船みたいな形状なのです。
丸みは無く、少し角張っていて、だから「ハコフグ」なんですけど。
ヒレが薄くて見えにくいので、本当に軽い紙風船がふよふよ浮いているような感じです。

ミナミハコフグのおチビさん、何て可愛らしいんでしょう!!
suzieさんのコメントの一言が気になり、成魚のお姿を調べてみました。
う~ん。同じ魚???幼魚の姿のままで大きくなって欲しかったなぁ・・・。

海水浴客は、お盆を過ぎるとグンと減りますよね。
波が高くなるからと言われていますが、ダイバーの方には関係ないのでしょうね(^^)

余談ですが―。
地元の海開き(初泳ぎも)の神事で、毎年知人が泳いでいるのですが、海開き前に既に泳いでいる方がおられるそうです(^^;)

>mariさん

そうなんです、ミナミハコフグって育つと全く外見が変わるのです。魚にはよくあることで「子どもの時はかわいいのに〜〜〜っ」っていうこと、多いです。

でも、この黄色に黒いドットのまま大きくなったら、それはそれでインパクト絶大な成魚になってしまいますね(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/41393849

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろ姿もチェック:

« 宵の花、明けの花 | トップページ | 船の上のクールガイ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ