最近のトラックバック

« 巨大生物あらわる | トップページ | 揃い踏みはいつ? »

2011年7月30日 (土)

ハネを広げたヤマドリ

Dscf4381 ヤマドリです。鳥ではなく魚です。鳥っぽい顔してますけど(口吻が突き出ている)。これはオス。背ビレが立派です。オスどうしの縄張り争いや、メスへのアピールとのときに、めいっぱい広げます。クジャクの雄の尾羽のようなものですね。

活発に背ビレを広げるのは夕暮れ時が多いらしいのですが、めずらしく昼から活動的でした。背ビレを広げた様子→Dscf4380

今週、伊豆があまりにコンディション(海況)がよさそうなので、いてもたってもいられずIOPに行きました。受付に書いてある透視度は「15〜20m 心がきれいな人は30m見えます」ってかいてあったけど、心が曇った私には15mくらいまでしか見えませんでした(i_i)

Dscf4406 しかしこの時期に15m見えていれば十分。しかも思いがけずアオリイカの産卵SHOWをゆっくり観察できました。こんなふうに雌雄つがいで来ます。上が雄で下が雌。これは雄が比較的小がら。だいたい雌より二回り三回り大きい雄が付いています。雄が雌を守るように行動します(愛情を感じます〜〜〜)。

7月にしてはとっても快適なコンディション。これが秋までずーっと続いてくれればいいけど。さてどうなることでしょう。

今日の「ありがとう」は突然のリクエストに応えてくれたKちゃんと、IOPの海に。

« 巨大生物あらわる | トップページ | 揃い踏みはいつ? »

コメント

suzieさんのところを訪れると、今まで見たこともないお魚に会える喜びがあります。
いつも貴重な写真をアップしてくださってありがとうございます(^^)
それにしても、何とも名前が秀逸ですねぇ。

メスを守る男前のアオリイカのオス。
素敵です!

>mariさん

アオリイカの雄は、他のつがいが来ると、良い場所を横取りされまいと体色を変えて威嚇します。透明になったり、黒っぽくなったり、エンペラをめいっぱい広げて見応えありますheart01

ヤマドリとは、海にも陸と同名が居るんですね!
背ビレを広げた雄姿とは裏腹に、口と目が離れ、故三木のり平を彷彿させる横顔に、飄々とした独特の味わいがあります。
mariさんじゃありませんが、いつも珍しい写真を有難うございます。

へぇ~!
魚なのにヤマドリとは、面白いですね。
姿を見ると、カサゴの仲間ですかeye

ヤマドリといいますか。なかなか立派な色合い、背びれ胸びれが立派で顔もいかついですね。珍しいのを拝見しました。
烏賊の産卵もですか~。仲良く泳いでいますね。

>omotannさん

あらためてマジマジと写真を見ました。
なるほど。三木のり平、似てますね(笑)

>こしあぶらさん

カサゴとは違うタイプです。
カサゴも特徴的な顔をしていますが、ヤマドリに比べれば「魚らしい」顔ですね(笑)

>kazuyoo60さん

おっしゃるとおり、もっとちゃんとライトを当てて撮れば、色の鮮やかさが分かりやすいのた「舞台衣装」みたいですshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/41019289

この記事へのトラックバック一覧です: ハネを広げたヤマドリ:

« 巨大生物あらわる | トップページ | 揃い踏みはいつ? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ