最近のトラックバック

« 構想1年の花見(未達) | トップページ | 散り時は網膜に撮影 »

2011年4月19日 (火)

その向こうに幸せはあるか

震災より前から指摘されていたことですが、震災を機にさらに声高に言われるようになったのは、報道のありかたと、政府の透明性。政府が情報を隠しているとか、テレビは一面しか報道しないとか、新聞は見方が偏ってるとか。

でも、それ以外の情報ソースをちょこっと見聞きしてみると(デマと思われる情報はここでは除外)、ショックを受けたり、落胆したり、考えさせられたりと、なんだか凹んでしまうのです。

「何も知らぬ事は最も幸福である」とは誰の言葉だったか。「豆しば」の赤ちゃんも「ねぇ、ちってる?もっともしわわせなことは、なにもちらないことでちゅ」と言っている。←このCMは全国区?

政府がすべての情報を開示したり、テレビがすべてを報道したりしたら、私は打ちのめされてしまうかもしれない。なんてへたれな日本国民でしょう。最新技術のニュースを読んでいるだけで息切れするし、Facebookのウォール見ているだけで呼吸が浅くなる。

それが理由ではないのだけど、いまだに地デジ対応していません。このまま対応しなければ、7月24日の向こうに果たして「何も知らない幸せ」が待っているのか?単に面倒臭いだけ、かもしれません。

今日の「ありがとう」は、メールをくれたK美に。本日唯一の(仕事以外の)コミュニケーション。

« 構想1年の花見(未達) | トップページ | 散り時は網膜に撮影 »

コメント

知らぬが仏もですが、情報社会の渦中の私たち、やっぱり正しい情報を知るべきと思います。自分の考え、感覚で、判断できますもの。
テレビを見ない生活も選択肢ですが、そうでないなら、早めに対応された方が良いですね。電気屋さん、技術屋さんが混むと聞いています。
友達ブログで何日か前に載せられていました。紹介しようかなと思ったのですが、控えていたサイトですが--。http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif
先日は奈良や、もっと西にも掛っていました。
どんな方法で見つけられたか分かりませんが、検索上位には出てこなかったのでwす。

>kazuyoo60さん

そうですよね。知らないよりは知っている方が生きる術も見つかるというものです。
ドイツ気象庁のサイトはすでに知っていました。ときどきチェックしています。

地デジは、電気屋さんが混んで切替が遅くなったら、それはそれで「テレビ無し生活」を試す良い機会かなーなんて、のんきに考えています。
長期間は耐えられないと思いますが(^^;

溺れそう、呑み込まれてしまいそうなほどに溢れている情報。
それも誰かの主観が入っています。
私たちは、何が信頼できるものなのか見極める力を問われていますね。
とにかく、鵜呑みにしちゃいけない。

ただね、思うのです。
受け取る側の力も重要ですが、情報を流す側の責任は大きいと。
ひとりひとりの行動がどれだけ周りに影響するかを、きちんと考えるべきだと。

倉本聰『ニングル』の中に「知らん権利」という言葉がでてきます。
私は「知らん権利」を主張でき、知らなくても「安全・安心・平和」な社会って、
何て幸せなんだろうと思います。

我が家にはテレビが2台ありますが、どちらも未だ地デジ対応しておらず。
テレビ、無くても暮せそうな私です(^^;)
長文失礼しました!

>mariさん

受け取る側の力、大事ですよね。
溢れている情報におぼれそうになって疲れるのと同時に、情けないほど自分に見極める力が備わっていないことを認識させられて、ガックリしてしまいます。

知らなくても「安全・安心・平和」なら、知らなくても幸せだけど、残念ながら私たちが生きている世の中はそうではない。だから、ちゃんと知って、ちゃんと理解しなければ。
それがなかなか難しくて、逃げ出したくなってしまいます(><)

「何も知らぬ事は最も幸福である」とは、なんと含蓄のある言葉でしょう!

胸に手を置いて思い出してみると、「知らないで済むならば、知りたくなどなかった」ということが、往往にしてあります。

未曾有の大震災を前にして政府の対応のまずさ、報道のあり方については疑問符だらけで、何をか言わんやです。
閑話休題、原子力安全・保安院の例のスポークスマン、語り口は他人事みたいだし、何よりも声質が嫌いで生理的に受け付けません。困ったものです。

地デジの対応って、なぜ自腹を切ってしなければいけないのか・・・
納得がいかなくて、しなかったら、夫が我慢できずに電気屋さんに依頼しました。
テレビも、2台も新しく買う羽目になったし・・・ブツブツ

豆シバわんこのCMって、見たこと無いですけど・・・
どこのメーカーのですか?

>omotannさん

原子力安全・保安院は、原子力に関して素人だそうですね。だから「上からの命令でやってるだけ。好きでやってるわけじゃないからね」という気持ちがにじみ出ているのでしょう。
しかし専門家である原子力安全委員会が、「私たちは保安院に何か言う立場ではない」と、しれっと言ったのも呆れます。

>こしあぶらさん

そう!それも大きな理由なのです!なぜ私たちが自腹を切らなければならないのか。それに、地デジにするとNHKのBS料金も払わなければならないし、納得いかないこと色々です。

豆しばは、どこの会社の宣伝ということではなく、なんか不思議なキャラクター(電通のオリジナルだそうです)のCMです。こちらで動画を見られます↓
http://dogatch.jp/anime_kids/mameshiba/index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/39674930

この記事へのトラックバック一覧です: その向こうに幸せはあるか:

« 構想1年の花見(未達) | トップページ | 散り時は網膜に撮影 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ