最近のトラックバック

« うさぎはいづこへ | トップページ | 分かっていない彼の魅力 »

2011年3月29日 (火)

いずれもさるべきにや

野田MAPの「南へ」の追加公演へ。

3月11日の東日本大震災で数日公演中止にした後、15日に公演再開。その公演中止に対する追加公演でした。開演直前、演出家・野田秀樹が公演再開を決断した理由などを含めてアナウンス。演劇人ではない私には、ちょっとピンと来ないところがあったものの、おおむねその意向は理解できた。(うろ覚えのまま間違って書くといけないので、正確な野田氏の声明はこちらをご覧下さい)

震災以降、公演を完全に中止した劇場・公演もある。どちらが正しいか正しくないか、という分け方はできないですね。どちらも「然るべき判断」だと思う。

そして私にできることは、頑張ってお金を使って(ただし買い占めではなく)微力ながら日本経済の活性化に貢献すること、あとは義援金くらいしか無いかと。でもこれって、単なる自己満足?

被災地では食料やガソリンが少しずつ届くようになったというものの、一部ではまったく支援の手が行き届かず、ほとんど食べるものが無い中で過ごしているところもあるという。一体どうすれば、そういうところにちゃんと支援物資が届くのか。ヘリコプターで運ぶわけにはいかないの?そのためにはお金がかかるの?義援金をそちらに回せないの?と思うのだけど、そんな単純なことではないのかな。

テレビやネットでどんどん情報が入ってくるけど、一番知りたい情報って、案外見つからない。いや、知りたい情報がなんなのか、自分で分かっていない。何かできることがあるかもしれないけど、何も思いつかず、何も行動していないというジレンマと罪悪感が少々。

ちなみに「南へ」は、火山の噴火という、自然災害がテーマでした。「こんなときに演劇なんて」という批判に加えて、「こんなときに自然災害の話なんて」という非難も加わるかもしれない。公演再開の決断には覚悟がいったでしょう。「南へ」の感想はまた次回に。

昨日の「ありがとう」は追加公演のチケットを必至で取ってくれたY子ちゃんに。

« うさぎはいづこへ | トップページ | 分かっていない彼の魅力 »

コメント

私も僅かですが日赤へ義援金を振り込みました。その一部でも、ヘリコプター代に出来ないのかな、集まってから配分を決めてと漏れ聞こえですが、ほんとに必要な被災直後から今、集まったお金の半分でも使えば、その方が拠出者の希望に叶うと思うのですよ。
演劇者は公演に依って被災地を間接的に応援してると思います。それぞれの立場で、今自分に出来ることをと思います。

>kazuyoo60さん

えー!集まって配分を決め手からでは遅いです!
もっと迅速な対策が進められていることを祈るばかりです。

昨夜はサッカーのチャリティマッチを観戦しました。
良い試合でした。
あの試合も支援のパワーになればいいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/39414357

この記事へのトラックバック一覧です: いずれもさるべきにや:

« うさぎはいづこへ | トップページ | 分かっていない彼の魅力 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ