« お雛様と名前のチカラ | トップページ | 被災者のみなさまに心から見舞いを »

2011年3月 7日 (月)

動じず力まず、免震構造

先週末は、新橋演舞場にて菊之助丈を鑑賞。昼の部の「恩讐の彼方に」と「御所五郎蔵」、夜の部の「浮舟」に出演です。

恩讐の彼方にの「お弓」は、悪女というより鬼女ってくらいの悪〜い女で、そんな悪さも今までと違った一面が見られて、ファンとしては新鮮。そしてなんといっても御所五郎蔵での「逢州」が本領発揮の美しさ。豪奢な衣装と気位の高そうな表情がぴったり合って、やっぱり傾城姿がいい!コロコロと鈴が転がるような声も心地よく響きます。

で、「浮舟」は・・・・うーん、いまいちでした。菊之助丈がどうこうというより、全般的に集中できなかった。台詞が現代語なのが違和感だったのか、「匂宮」を演じた吉右衛門丈のセリフがおぼつかなかったためか・・・いやもう一体どうしたんですかっ吉右衛門さん!!と言いたいくらいの危なっかしさで、ハラハラしてどうにも話に入り込めず。菊之助@浮舟と染五郎@薫が頑張っているのに、と思いながらも気持ちは引き気味になってしまい、とても残念。吉右衛門丈はたまたまこの日だけ不調だったのかしら、そうだと思いたい。

しかし、そんな中でもいつも通りの味わいを見せていたのが菊五郎丈。この人は免震構造なんですね〜。周りの出来不出来に全然影響されない。共演者がちょっと不安定でもまったく動じず、かといってカバーしてあげようなんて力みもなく(笑) 菊五郎丈の出番が、数少ないホッとできる瞬間でした。

そういえば、興福寺が国宝立像の台座に免震装置を設置する計画だそうですが、こちらの人間国宝は、すでに免震化していたのですね。

週末の「ありがとう」は、チケットを手配してくださったK子さんに。

追記:歌舞伎を鑑賞した週明け、床に落とした物を拾おうとしてかがんだ瞬間、椅子の背に左目を思いっきりぶつけてしまいました。左目の白目に内出血が。どこぞの御曹司と似たような状態に(御曹司は右目でしたが)。決して酔っていたわけではありません。しかし、危険はどこにでも潜んでいるのですね。急な動作には気をつけましょう。一応眼科医に行った方がいいのかな・・・。

« お雛様と名前のチカラ | トップページ | 被災者のみなさまに心から見舞いを »

コメント

ご心配なことですね。
一口に目といっても眼球打撲でしょうか?
速やかに眼科を受診されることをお勧めします。
日常生活において災難(危険)はいつも隣り合わせに潜んでいます。
お互いに心したいものです。

すぐ眼科に行ってね。一応診てもらって何もなければ、それはそれで安心だから!

>omotannさん

ご心配くださいまして、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、眼球打撲です。
やはり腕や脚の打撲とはわけがちがうので、ご忠告に従い、眼科に行って参りました。
眼底、網膜には異常なしとのことで、ほっとしました。

>K美さん

ありがとう。
はい、仰せに従い、眼科に行ってきました。
とりあえず、目の充血以外に問題はないようだとのこと。
2時間かかって、目薬だけもらってきました。診察料2500円。
高い目薬でした(T_T)

しかし、急な動作はアブナイですね。
これからはゆっくり動こう。

吉右衛門さんの台詞の入らなさは、ここ数年のことですね。
とくに今月は(もちろんsuzieさんが見た日だけじゃなく)酷いらしく、あちこちで評判です。
菊五郎さんよりお若いのに、劣化が早いのでしょうか?
その点、菊五郎さんの安定感は抜群!!
人間国宝の認定はお役所仕事(文化庁=文科省)で年功序列的なところがありますけど、やはり早く(50歳代で)認定されている方は違いますねheart02

目のほう、たいしたことがなくてよかったですね。
ちなみに、某御曹司も左の目だったようです。
おそろ・・・?なんてhappy01

あ~。。。私にも経験ありますweep
やっぱり、物を拾おうとかがんだ時に、椅子の背で・・・

そんなばかなーと思うけど、視点は拾う物にいっているので、
それ以外のものは、視界に入らないんですよね~sweat01

どうぞ、お大事に。

>初音さん

吉右衛門さん、ここ数年のことだったのですか。
何度か見ていたのですが、今まであまり気付きませんでした。
今回、初日だか2日目だかに、プロンプターに向かって「聞こえない」と言ったとか・・・coldsweats02

ネットで調べ直したら、御曹司も左目でしたね。
彼の恐怖が少し理解できた気がしますpunch

>こしあぶらさん

あああ、こしあぶらさんも経験者でしたか。
痛いと同時に、自分でも「なぜ!!??」cryingと思いますよね。

充血だけで、眼球は問題ないらしいので、ひとまず安心です。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/39145520

この記事へのトラックバック一覧です: 動じず力まず、免震構造:

« お雛様と名前のチカラ | トップページ | 被災者のみなさまに心から見舞いを »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ