最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

分かっていない彼の魅力

「南へ」の感想を少し。

ここしばらく、NODA MAP(野田秀樹演出の公演)は舞台から近い席で見てきたけど、今回は2階席。舞台全体が見渡せて、端の方にいる役者の動きも認識できて、これはこれで面白かった。つくづく、完成度の高い演出だ。大勢の出演者が、好き勝手に動いたりしゃべったりしているように見えて、見事にまとまるあのタイミング。出演者ひとりひとりの(特に脇を固めるベテランの)クオリティが高い。

主役の妻夫木聡は、2度目のNODA MAP主演。初の主演だった「キル」は、もう見るからにいっぱいっぱいだったけど、今回はだいぶ余裕が出てきて、声もつぶれていなかったし、安心して見ることができた。この俳優、なんとなく不思議。役柄を理解しているようには見えないのに(あくまで勝手な個人的印象ですが)、ずっと見てるとだんだんと引きつけられる。

「キル」も、幕が開いたばかりのときは「あー、もー、全然ダメ!」という感じだったのに、わずか2時間くらいのあいだに、ずいぶんとかっこよく見えてきた。

映画「春の雪」に主演したときは、テレビ番組などでのインタビューを見る限りでは「まったく分かっとらん!」と思われたのに、映画本編ではそれなりにある種の雰囲気を漂わせていた。

大河ドラマ「天地人」は見ていないので分かりません。天地人をご覧になった方々の印象はいかがだったのでしょうか。

そんなことも含め、2階から眺めるにつけ、野田はやっぱりすごいなぁ!と毎度の事ながら思いました。でもかつてのような感動はなかった。たぶん、完成度が高いから、ですかね。ほら、ちょっと下手な方がかっこいいことって、あるでしょう?80年代のイギリスのロックグループのように。(Madness、Blow Monkeys、Thompson Twins、Echo & The Bunnymen、みんな下手でかっこよかった)

ちなみに、感動がなかったからといって、つまらなかったということではありません。芝居はやっぱり面白い。あらためて、Y子ちゃんありがとう。

2011年3月29日 (火)

いずれもさるべきにや

野田MAPの「南へ」の追加公演へ。

3月11日の東日本大震災で数日公演中止にした後、15日に公演再開。その公演中止に対する追加公演でした。開演直前、演出家・野田秀樹が公演再開を決断した理由などを含めてアナウンス。演劇人ではない私には、ちょっとピンと来ないところがあったものの、おおむねその意向は理解できた。(うろ覚えのまま間違って書くといけないので、正確な野田氏の声明はこちらをご覧下さい)

震災以降、公演を完全に中止した劇場・公演もある。どちらが正しいか正しくないか、という分け方はできないですね。どちらも「然るべき判断」だと思う。

そして私にできることは、頑張ってお金を使って(ただし買い占めではなく)微力ながら日本経済の活性化に貢献すること、あとは義援金くらいしか無いかと。でもこれって、単なる自己満足?

被災地では食料やガソリンが少しずつ届くようになったというものの、一部ではまったく支援の手が行き届かず、ほとんど食べるものが無い中で過ごしているところもあるという。一体どうすれば、そういうところにちゃんと支援物資が届くのか。ヘリコプターで運ぶわけにはいかないの?そのためにはお金がかかるの?義援金をそちらに回せないの?と思うのだけど、そんな単純なことではないのかな。

テレビやネットでどんどん情報が入ってくるけど、一番知りたい情報って、案外見つからない。いや、知りたい情報がなんなのか、自分で分かっていない。何かできることがあるかもしれないけど、何も思いつかず、何も行動していないというジレンマと罪悪感が少々。

ちなみに「南へ」は、火山の噴火という、自然災害がテーマでした。「こんなときに演劇なんて」という批判に加えて、「こんなときに自然災害の話なんて」という非難も加わるかもしれない。公演再開の決断には覚悟がいったでしょう。「南へ」の感想はまた次回に。

昨日の「ありがとう」は追加公演のチケットを必至で取ってくれたY子ちゃんに。

2011年3月20日 (日)

うさぎはいづこへ

Dscn1253今日は満月。月がきれいです。

やっと、やっと、月を撮ることができました。たぶん取扱説明書を読めばすぐに解決したのでしょうけど、Mac使い(マッキントッシュユーザー)な私は、取扱説明書を読む習慣がない。

しかし今夜はどうしても月が撮影したくて、いろいろなモードでいろいろな設定で試していたところ、ようやく撮影するに至りました。

しかし、肉眼では見えていたはずのうさぎが、撮影してみるとどこへやら。

今日は久しぶりに友人と食事。昨日、ちょっとばかりショックを受けたことを聞いてもらい、ようやく気が晴れた。ゆうべからそのショックなことが、頭の中をぐるぐるぐるぐる回って、頭ががんがんしていたのだけど、今ではだいぶ頭痛が引いてきた。実際、ショックといえるほど大きいことだったのかは、今となっては不明。

今日の「ありがとう」は、一緒に食事をしたMスター&Kちゃんへ。


2011年3月18日 (金)

牛乳なくても豆乳はある、豆乳あっても豆腐と納豆は無い

昨夜はなんとか大規模停電を回避。今日も節電に努めようと、起きてからしばらくエアコンを我慢して、ぶるぶる震えながら仕事をしていましたが、ごめんなさい。途中で耐えきれずにエアコンを付けました。被災地での寒さはこんなもんじゃないだろうに・・・。

大災害でも、略奪が起きない日本が素晴らしい、と前回書いたばかりですが、ガソリンの盗難が相次いで発生しているそうです。あああああ。哀しいことです。

近所のスーパーでは、だいぶ落ち着いてきたのか、空っぽだったパン、麺類の棚にちらほらの商品が見られるようになりました。お菓子もけっこう棚に残っています。

しかし今、テレビを見ていたら、都内のスーパーで、開店前から客が並び、開店後10分くらいで米が売り切れ。そうとう殺気だった客もひとり・ふたり・・・。こういう映像を見ると、都内で物が全く無いように見えますね。

大丈夫です、話題にあがっている米、パン、牛乳などなど以外は、肉、魚、野菜、ちゃんと売られています。牛乳は無くても、豆乳はたくさん売っていました。しかし私の好きな豆腐、納豆が全然無し(涙)。

早く被災地への輸送路が整備されますように。そして、福島原発のトラブルが収束しますように。

心配してメールをくれたYっこ、どうもありがとう。

2011年3月16日 (水)

良き日本人であれ

新しいニュースが報じられるたびに、被害の大きさに悲しくなり、重なる原発のトラブルに不安が増し、だからといってどうしていいか分からないジレンマ。

こんな状況で何をブログに書いていいものか分からないまま、何日か過ぎましたが、この数日間感じたことをいくつか。

海外でこうした大災害が起こると、多くの場合、混乱から略奪・暴行に発展します。しかし日本では例えば阪神大震災など、そのようなニュースは聞かれなかった(皆無というわけではなかったかもしれないが)。そういう秩序ある民族性が、早い復興につながっているのではないかと常々思っていました。

被災地で、なんとか営業を再開したコンビニで、男性客が嬉しそうに「開いて良かった。助かったよ」と商品を買っていました。レジに並んで、お金を払って。なんて素晴らしい国民性なんだ。日本人で良かった。

近所のスーパーで、あちこちの棚が空っぽに。地震の影響で供給量が減ったからか、買い占めが行われているからか。たぶん両方ですね。乾麺やカップ麺が無い。たぶんお湯を沸かせば(電気を使わず)食べられるからですね。同じ理由で、パンも無いです。そして、お菓子の棚もからっぽ。確かに、お菓子は調理することなく食べられるけど、食事代わりにお菓子を食べるのかしら。

海外から応援メッセージや支援が届けられ、いろんな国が日本を応援してくれているような気がしますが、実際のところその国の報道の関心事はもっぱら原発事故で、被災者に関しては二の次、三の次だったりします。当然といえば当然かもしれません。しかし、だからこそ、復興支援に寄付してくれたり、来日して救助に協力してくれたりしている人々に心から感謝したい。

いろいろ定まらない感情が行ったり来たりでした。そして、とても憤慨したことが、ひとつ。私の大嫌いな某氏が、一転、東京都知事選に出馬を表明!むむぅ、憤懣やるかたない!

わざわざ名前を伏せるのも無意味ですが、某氏を批判すると母から電話がかかってきてしまうので、あえて「某氏」にしました。———母ヨ 電話 不要 娘ヨリ

2011年3月12日 (土)

被災者のみなさまに心から見舞いを

最初は、よくある横揺れ地震だと思いました。それがなかなか終わらず、どんどん大きくなり、外に停めてある車もぐらぐら揺れ、久しぶりに「怖い!」と思う地震でした。
が、その程度の事ではなかった。

時間を追うごとに判明する被害の大きさ、悲惨さ。地震、それに続く津波、そして火災。

ようやく今朝、仙台に住む親類の無事を確認し、「良かった、良かった」と安堵しましたが、被災地の映像や被災情報に、胸が痛みます。

さらに福島原発で放射能漏れ。
たたみかけるように恐ろしい事態が・・・。

ベタなセリフですが、こんなときこそ国民は助け合うことが重要だと思う。
助け合って、いたわり合って、そしてごまかすことをせず、乗り超えましょう。

今日の「ありがとう」はメールをくださった皆さんに。

2011年3月 7日 (月)

動じず力まず、免震構造

先週末は、新橋演舞場にて菊之助丈を鑑賞。昼の部の「恩讐の彼方に」と「御所五郎蔵」、夜の部の「浮舟」に出演です。

恩讐の彼方にの「お弓」は、悪女というより鬼女ってくらいの悪〜い女で、そんな悪さも今までと違った一面が見られて、ファンとしては新鮮。そしてなんといっても御所五郎蔵での「逢州」が本領発揮の美しさ。豪奢な衣装と気位の高そうな表情がぴったり合って、やっぱり傾城姿がいい!コロコロと鈴が転がるような声も心地よく響きます。

で、「浮舟」は・・・・うーん、いまいちでした。菊之助丈がどうこうというより、全般的に集中できなかった。台詞が現代語なのが違和感だったのか、「匂宮」を演じた吉右衛門丈のセリフがおぼつかなかったためか・・・いやもう一体どうしたんですかっ吉右衛門さん!!と言いたいくらいの危なっかしさで、ハラハラしてどうにも話に入り込めず。菊之助@浮舟と染五郎@薫が頑張っているのに、と思いながらも気持ちは引き気味になってしまい、とても残念。吉右衛門丈はたまたまこの日だけ不調だったのかしら、そうだと思いたい。

しかし、そんな中でもいつも通りの味わいを見せていたのが菊五郎丈。この人は免震構造なんですね〜。周りの出来不出来に全然影響されない。共演者がちょっと不安定でもまったく動じず、かといってカバーしてあげようなんて力みもなく(笑) 菊五郎丈の出番が、数少ないホッとできる瞬間でした。

そういえば、興福寺が国宝立像の台座に免震装置を設置する計画だそうですが、こちらの人間国宝は、すでに免震化していたのですね。

週末の「ありがとう」は、チケットを手配してくださったK子さんに。

追記:歌舞伎を鑑賞した週明け、床に落とした物を拾おうとしてかがんだ瞬間、椅子の背に左目を思いっきりぶつけてしまいました。左目の白目に内出血が。どこぞの御曹司と似たような状態に(御曹司は右目でしたが)。決して酔っていたわけではありません。しかし、危険はどこにでも潜んでいるのですね。急な動作には気をつけましょう。一応眼科医に行った方がいいのかな・・・。

2011年3月 3日 (木)

お雛様と名前のチカラ

Dscf3719桃の節句なので、ちらし寿司を作りました。貝のかたちをしたお皿なので、蛤のお吸い物は省略。うーんしかし、どうにも盛りつけがイマイチです。そういえば、先日N○Kで「プロの料理盛り付け術」というのを放送していたなぁ。

桃の節句といえばお雛様(雛人形)ですが、うちには知り合いからいただいた5段飾りの古いお雛様がありました。子どもの頃は、母と一緒に楽しみながら飾っていましたが、高校を卒業してからは親元を離れていたこともあり、もっぱら母がいそいそと飾って「飾ったよ」と電話で報告を受け、そしてもっぱら母が片付けて、という状態でした。

離れているからというのもありますが、世間で言われる“適齢期”になると、お雛様は少し苦痛なものになり、いわゆる“適齢期”を過ぎると、お雛様はあわれなものでしかなくなり(あまりに申し訳なく)、今では誰かの手に渡ったらしい。ほっと胸をなで下ろす。うちにあるよりも、未来ある女子の家に行った方が、お雛様も幸せでしょう。

ずーっと、お雛様は「早く嫁に行け」という呪縛、もとい、祈りを込めているのだと思っていましたが、ある方が「それは元々の願いとは違う」と教えてくれました。

昔は子どもがすぐに死んでしまったので、「無事に成長して欲しい」→「結婚する年齢まで育って欲しい」→「無事に大きくなって幸せな結婚をして欲しい」→「早く幸せな結婚をして欲しい」と変わっていったらしいです。

ってことは、無事に(しかも健康に)大きくなったことを考えれば、お雛様は見事に役割を果たしてくれていたのですね!次の家でも、女の子が無事に大きくなるよう見守ってあげてください。そして願わくば、幸せな結婚をさせてあげてください!(笑)

で、同じ方が教えてくれた話がもう一つ。

最近では女の子の名前に「子」を付けなくなりましたね。「子」が付いていると、ちょっと古臭い感じがするほど。でもなぜ、かつて女子の名前に「子」を付けることが流行ったかというと、「子」は干支の「子(ね)」と同じ文字です。子年は「陽」の気。もともと女性は「陰」の気とされています。だから「陽」の気である「子(ね)」を付けて、健康に育つようにと願ったらしいです。

私の名前には「子」が付いています。生まれ年は「陰」の干支です。親がそこまで考えて名前を付けたかは分からないけど(たぶん、考えていなかったでしょう)、「子」がついていたから無事に成長できたのかな、と、勝手に理屈をつけています。

Dscf3722
そんなことを考えながら、桃の節句の桜餅。昨年はつぶあんで作りましたが、今年はこしあんで作りました。が、ちょっと失敗してパサパサこしあんに・・・。だから中身は公表しません。昨年の方がおいしくできたかも。

今日の「ありがとう」は、今ではよその家にいってしまった古いお雛様に。

 

 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ