最近のトラックバック

« 天狗の鼻、ポキポキ | トップページ | 見た目が悪いほど・・・? »

2011年1月16日 (日)

新春の賑わいで降ってきた戒め

新春の歌舞伎「四天王御江戸鏑(してんのうおえどのかぶらや)」を観てきました。目当ての菊之助丈は、遊女、土蜘蛛の精、宮さまの三役。

かっこよくて、かわいくて、色っぽい遊女花咲。顔いっぱいの隈取りが「ホワイトタイガーの赤ちゃん(生後2カ月)」(←つまり怖いというよりかわいい)な土蜘蛛の精。最後にちらっとだけ登場したやんごとなき一条院。

宙乗りしながらの蜘蛛の糸撒き、立ち回り、大きな蜘蛛の張りぼて(タコかと思った)、ちょっとしたおふざけ、などなど盛りだくさん。新春にふさわしい賑やかなエンターテインメントでした。ん〜、でももうちょっと菊之助丈が中央でがんがん活躍する役どころだったら、もっと楽しかったんだけど・・・と意見したくなるのは欲張り過ぎかしら。

そしてひとつとても残念なことが。今回、前方列で花道のすぐ脇というとっても良い席だったのに、恒例の手拭い撒きで手拭いをゲットできませんでした。チケットを手配してくださったK子さんがせっかく「頑張って(手拭いゲットして)ね」って、送り出してくれたのに。

Dscf3596かろうじて、手元には蜘蛛の糸が残りました。蜘蛛の糸。利己的になるなという戒めかしら。しかし、考えようによっては手拭いよりも縁起がいいかもしれない。そうだ、蜘蛛の糸で今年の運を掬えばいいのだ!あ、いえいえ、決して自分だけ福をつかもうとしてるのではなく・・・戒め戒め。

今日の「ありがとう」は、K子さんと、一緒に見に行ったマダムKに。


« 天狗の鼻、ポキポキ | トップページ | 見た目が悪いほど・・・? »

コメント

手拭い撒きは残念でしたね。
でも、土蜘蛛の精のすぐそばで、ベストなお席だったでしょう?

ああいう芝居なので、千穐楽にはなにがあるかとても期待しています。
suzieさんも、もう一回いかがですか?(悪魔のささやき)coldsweats01
チケットなら、ありますよん。

>初音さん

良い席をありがとうございました!
土蜘蛛の精がとっても近かったです。
で、隈取りは塗っているのではなく、顔に乗せている?マスクみたいなもののようでしたよ。

悪魔の、あ、いや、天使のささやきに心が揺らぎましたが、今月はもう見に行けるタイミングが無さそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/38510886

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の賑わいで降ってきた戒め:

« 天狗の鼻、ポキポキ | トップページ | 見た目が悪いほど・・・? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ