最近のトラックバック

« 明日に向かって初ラン | トップページ | なるほど5割の有用性 »

2011年1月 2日 (日)

卯跳ねる箱根路

Dscn1192新年早々、王子の家で人生初のナマ箱根駅伝。目の前の道路が、往路3区(復路8区)のコースなのです。初めは沿道の観戦者もまばらでしたが、テレビで走者が近いことを確認した人たちが、直前にぞろぞろと沿道へ。そして走者たちがタッタッタッと跳ねるように速く駆け抜けていきました。

箱根駅伝走者のスピードはだいたい時速20km。速い!このスピードで走ったら、私はたぶん100mでいっぱいいっぱいです。そして今年も、一昨年・昨年に続いて東洋大の柏原選手が首位でゴールしました。すごいですね。3年連続で同じ区間を走るひとは他にもいますが、3年連続でゴールテープを首位で切ることができる人はなかなかいないでしょう。

箱根駅伝を見ているとたびたびうるうると涙してしまうのですが、今回は観戦の合間あいまに王子のゲームのお相手を務めたおかげで、適度に気をそらすことができたので、人前で涙を流さずに済みました。ほっ。

王子が今お気に入りのゲームは、かわいくないこびとのかるた。どれくらいかわいくないかというと、こちらに公式ホームページがあるので興味のあるかたはちらっとご覧下さい。今けっこう人気があるらしいです。いっとき「ぶさかわいい(ぶさいく+かわいい)」がはやりしましたが、これはきっぱりと「かわいくない」です。子どもだけでなく大人にも密かなブームだとか。

今日の「ありがとう」は王子ファミリーに。新年2日目でお正月らしいお正月を過ごしました。


« 明日に向かって初ラン | トップページ | なるほど5割の有用性 »

コメント

今ラジオで駅伝の放送です。時速20kmもなのですか。
サイト、覗いてきました。今朝の朝のテレビで、eスポーツが韓国で2位なのですって。つまりバーチャルゲームだそうです。ご法度ではないのか、1億以上儲けた人もいるらしい。
楽しいお正月をお過ごしで良かった。今年もよろしくお願いします。

>kazuyoo60さん

たった今、箱根駅伝が終わりました。
往路は東洋大が首位でしたが、最終的に早稲田が18年ぶりの優勝となりました。
ゲーム無しで見たので、涙、涙でした(i_i)

あけましておめでとう。今年もよろしく。

早稲田出身の私としては(生まれがね 笑)、早稲田の優勝は
とても嬉しいです。

しかーし!どの大学も我らが母校の地を踏みつけて行くなんて
けしからん!

と、昨年母校にメッセージを送りましたがスルーされています。

品川や戸塚などがコースの中にある我らが母校は、留学生を取ってでも
箱根を走って欲しいという希望が強くあります。

suzieさんはどう思われますか?

新年早々失礼しました。

>Maedaさん

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

我が母校は、「根性」とか「忍耐」とかがひたすら似合わないので、箱根駅伝は無理なのではないかと思います;p

>つーみーさん

がんばって(我慢して)歩かなければならないのは、ちょっとつらいですね。
気持ちがいいからいつの間にかたくさん歩いてしまった、というのが理想ですが、この寒さではなかなか・・・・。
頑張るのは春になってからにしましょう。
今は頑張らない程度に歩くくらいでいいのではないでしょうか。

青学も出ているのに、我が母校は・・・と思いながら見ています。
確かに母校には「汗」とか「涙」も似合わない!

suzieさんあけましておめでとうございます!
いいなあ~生で箱根駅伝を見るのは夢です。羨ましいです。
実際に見るとスピードが全然違うだろうな。

今年は往路しか見られませんでしたが、5区の柏原君よりも早稲田の
イケメンに目を奪われた自分が恥ずかしいです・・

>うっちーさん

兄も早稲田の走者を見て「イケメンだな」ってつぶやいてました。
男性がそう言うくらいだから、女性が目を奪われるのは道理だと思います。
でも、競技が終わってみて明確に顔を思い出せるのはやっぱり柏原選手の方です(笑)

全くその通りです(笑)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
きょうから、ブログ始めです。
が、しか~し、明日から仕事です(笑)

今年も、suzieさんの小気味よい口調のブログを、楽しみにしています。
本年もよろしくお願い致しますhappy01

>こしあぶらさん

明けましておめでとうございます。
今日からお仕事ですか。頑張ってください。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願いします。こびと、娘の友達(小1)もはまってて図鑑もってました。
子供が好きになるものって、大人じゃ理解できないもの多いです・・・。
駅伝、今年は母校が出てなくて残念でした。
走る競技はそれほど好きでなくても、なぜか駅伝は皆好きですね。

>ばななちょこみるくさん

本年もよろしくお願いします。

子供って不思議なもの好きになりますよね。
私が子どもの頃は「鬼太郎」とかね。

でも、こびとづかんは大人にも人気があるらしいですよ。
あの脱力した感じが世相に合ってるのかしら(^^;

箱根駅伝のテレビ観戦は、正月の恒例行事の感があります。
それを生で観戦とは、究極の贅沢を尽くされましたね。

記憶に残る2002年(第78回)箱根駅伝では、今年の覇者早稲田の2区の走者H田が同僚の子息にあたり観戦に一際力が入りました。彼はその時7人抜きで2位に上がり、山梨学院大学のオンベチェ・モガンバと区間賞を分け合いました。惜しくも早稲田は総合3位(往路4位・復路2位)でゴールしました。

>omotannさん

ご友人の息子さんが第78回の早稲田走者、しかも花の2区、しかもしかも7人抜きでしたか。
すばらしい記録を残されたのですね。
今年は18年ぶり早稲田優勝。ご友人の息子さんもお喜びのことでしょう。
おめでとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/38316026

この記事へのトラックバック一覧です: 卯跳ねる箱根路:

« 明日に向かって初ラン | トップページ | なるほど5割の有用性 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ