最近のトラックバック

« 発光するあの子にうっとり | トップページ | 美しい少年にまつわる取るに足りない話 »

2010年11月27日 (土)

キビナゴトルネード

Dscf3317 伊豆の山は、紅葉のピークまでもう少し、といったところでしょうか。緑の中に、黄緑、橙、赤などなど。ここに来る途中の箱根の山々は、ちょうど見頃でしたが。

Dscf3325 そして水中にも紅葉の彩りが。あざやかな赤と黄。ニシキフウライウオです。ついこの間まで卵を抱いていたのですが、無事に産卵したらしいです。

この日は、久しぶりに大人数だったので、みんなであれやこれや、可愛い生き物を見つけて大盛り上がり。カミソリウオのペアや、南方系のチョウチョウウオ、そしてクマドリカエルアンコウの白バージョンと黒バージョンなど。白黒クマドリカエルは大きく育ったので・・・・かわいげが無くなっていました(^^;

しかし、私にとって今日の一番はなんといってもキビナゴのシャワー!光り物好きですから。キビナゴの群れは常のごとく、大きな群れになって波打つように移動、思ったらワサワサと動揺。もしかしたら、イナダとかカンパチとかヒラマサが登場するのでは!?と期待しましたが、残念ながら中型光り物はお休みでした。

中型が登場しない分、キビナゴたちがサプライズをくれました。控えめのキビナゴグループがさささーっと私の前方を通り過ぎると、向こうから大勢のキビナゴグループがやってきて合流。人間(私たち)の居ない方向に行くかと思いきや、こちらに向かって来るではありませんか!しかも真正面から!

ぅわーーーーーい!キビナゴの群れに巻かれました!1回だけカメラのシャッターを押し、あとは諸手を挙げてキビナゴトルネードを体感!キビナゴはシルバーにキラキラ光って、とてもきれいでした。

Dscf3348 慌ててシャッターを押した写真がこちら。ボケボケです。

最後にシチューのランチと美しい夕陽を堪能して、充実の1日が完了。今日の「ありがとう」は、一緒に潜った仲間M里、Bちゃん、ダブル
Kちゃん、Yさん、M姉と、井田の海&スタッフに。

« 発光するあの子にうっとり | トップページ | 美しい少年にまつわる取るに足りない話 »

コメント

全山紅葉、綺麗な配色になりました。空も真っ青、一番綺麗な紅葉です。
海の中は、いつでもカラフルですね。尖ったくちばし、体全体の鮮やかな模様、ニシキフウライウオさんですか。お母さん魚だったのですね。
キビナゴの大群ですか。海水と同じように、まとわりついて、なのかな、出会わないと実感がでしょうけれど、すごいな~と思います。

>kazuyoo60さん

ニシキフウライウオのどこが顔か、お分かりいただけたようで良かったです。
卵を抱いている時は、お父さん魚と並んでユラユラしています。

カメラよりも、自身の網膜にしっかりと焼き付けておきたいほどのシャッターチャンスってありますよね。「諸手を挙げて体感!」の気持ちがよく分かります。キビナゴトルネードはさぞや圧巻だったことでしょう。

キビナゴトルネード、想像しただけで気持ち良さそうです。
体全体で感動を受け止めて。
素敵な時間でしたね☆

>omotannさん

写真を撮っていると、自分の眼でちゃんと見ていないことが案外多くて、「写真を見ないと思い出せない」ということもよくあるので、今回は実際に見る方を優先しました。
あっという間でしたが。

>mariさん

あまり至近距離では見られない、青みがかった銀色に光る小さい細い流線型が、目の前をぴゃーっと通り過ぎていきました。
本当にきれいでしたよ(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/37832297

この記事へのトラックバック一覧です: キビナゴトルネード:

« 発光するあの子にうっとり | トップページ | 美しい少年にまつわる取るに足りない話 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ