最近のトラックバック

« 三日後と三日前 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

2010年11月 6日 (土)

中途半端に甘い郁子さん?

Dscn1047いくつになっても新しい出逢いというのはあるもので、今日は、お茶のお稽古場にHさんがこんなものを持ってきてくださいました。熟す前のアケビのようですが、アケビではありません。「ムベ」というそうです。外見はアケビそっくりですね。アケビの仲間で、「トキワアケビ」という別名もあります。

さてこの「ムベ」。漢字でどう書くかというと「郁子」です。郁子って女性の名前にありますよね。なぜ「ムベ」はこの字を使うのか。なぜ「郁子」が女性の名前に使われるのか。関連性はあるのか。不思議です。

「ムベ」は、アケビよりも種が大きく、アケビよりも外皮が薄いです。種がゼリー状のものにくるまれているのはアケビと同じで、これを食すらしい。でも、アケビのように外皮を料理に使うことは無いようです。Hさん曰く「‘おいしい’ってもんじゃないのよ。別においしくないのよ。でも(庭に)たくさんなっちゃって、珍しいだろうから持ってきたの」と。

Dscn1054そんなわけで、試しに食べてみました。中身はこんな感じです。味は・・・・う〜ん、ちょっと中途半端な甘みですね。柿の甘さと似ていて、まったく酸味がなく、しかも味が薄い。一度食べてみたら、もういいかな〜って感じです(^^;

しかし、面白いものに出会えました。単に新種の果物とか、珍しい輸入フルーツだったら、銀座や新宿のデパ地下で売られているでしょうけど、たぶんこちらの「ムベ」の方が、そうそう簡単にお目にかかれないでしょう。

今日の「ありがとう」はムベを持ってきてくださったHさんに。

« 三日後と三日前 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

コメント

ムベとアケビ、どちらも食べころのは甘いですね。ムベは割れない実、そして大きめかな、前に貰ってムベも食べました。
熟し足りなかったかな。熟したバナナと同じくらい甘いですよ。
ムベやアケビ、ごくたまにスーパーに並ぶのかな、前に見たことがあります。私が食べたのはある方が送って下さったのですが。その種を蒔いたので、ムベもアケビも生えています。そして、今年初めてアケビの実がなりました。そのアケビは元からあった株の方にですが。

>kazuyoo60さん

熟したムベはそんなに甘いのですか。
割れないから、Hさんも食べ頃が分からなかったのですね。

ムベがスーパーに並んでいるのは見たことがありません。
「ムベ」という存在自体、今回初めて知りました。

当地では似たようなものに「ポポ」という果物があります。
バナナと桃を足して割ったようなといえば言いすぎかも知れませんが、とにかくけったいな食味と食感です。後を引くほどの味ではありません。物珍しさから一度食したら、それでいいかな・・・。

以前、父が懐かしいアケビを食べたいというので探したことがあります。
でも買い求めたアケビが割れなくて・・・。
「とりあえず食べてみよう!」と食したのですが、
甘くなかった・・・。
写真を拝見して思いました。
あのときの“アケビ”だと思っていたのは“ムベ”だったのだと。

suzieさん、長年の疑問が解けました。
どうもありがとうございます(^^)

>omotannさん

「ポポ」さっそく検索してみました。
英名が「Pawpaw」で、ポーポーとか、ポポーとも呼ぶそうですね。
アケビ風な外見ですが、種はゼリー状のものには包まれていないのですね。果肉はドリアンを小型化したような感じでしょうか。

「試しに一度食べたら、もういいかな」は同じですね(笑)

>mariさん

意図せずして、ムベ体験をしていたのですね(笑)

kazuyoo60さんのコメントによると、熟したムベは甘いそうです。
私もmariさんも、熟す前に食べてしまったようですね。
慣れない食べ物は、いつが食べ時か分からなくて困りますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/37555798

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端に甘い郁子さん?:

« 三日後と三日前 | トップページ | 冷静と情熱のあいだ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ