最近のトラックバック

« 中途半端に甘い郁子さん? | トップページ | 人口過密の新宿駅にて »

2010年11月11日 (木)

冷静と情熱のあいだ

Dscn1064 わーい、牡蠣ご飯です。

牡蠣は子供の頃から好きでした。牡蠣の土手鍋、牡蠣のグラタン、牡蠣フライ、もちろん生牡蠣も。

大人になってから、お手頃価格の居酒屋や洋食屋でも、時季になると必ず生牡蠣を注文。そして、2回ほど当たりました。

やっぱり、生牡蠣はちゃんとしたお店でなくっちゃ、ということで、そこそこのお店で生牡蠣をオーダー。当たりました。

たまたま、たまたま、体調が悪かっただけ。あるいは、そのお店の仕入れた牡蠣が、たまたま悪かっただけ。

そう思って、わりと高級なレストランに行ったときに、生牡蠣をオーダー!パクッと口に入れた途端、「あ、しまった」と感じました。わずかに電気が走ったような、小さい化学反応が起こったような、そんな感覚。そして、やはり当たりました。

そこでようやく生牡蠣はあきらめました。でも牡蠣は大好きなので、火を通した牡蠣は喜んでいただきます。火が通っていると当たりません。

「生牡蠣は一度当たるとクセに(当たりやすく)なる」と言いますね。最後に生牡蠣に当たってから10年以上経ちますが、また食べたらやっぱり当たるでしょうか。別に食べなければならないものでもなし、でも・・・生牡蠣、美味しいですよね〜。冷静な思考と牡蠣への情熱のあいだで揺れ動いています。

ちなみに(まったく話は変わりますが)今日は11月11日。11.11です。ってことは、来年の今日は'11.11.11です!みなさん、来年の今日を楽しみに!(1が並んだからといって何が起こるわけではありませんが)

今日の「ありがとう」は、うまい棒をくれた書道教室の先生に。人生初の「うまい棒」体験です。

« 中途半端に甘い郁子さん? | トップページ | 人口過密の新宿駅にて »

コメント

うふふふ、当たられたことがありますか。こればかりは見た目では分かりませんものね。私も当たってから、まだ牡蠣を買ってません。栄養豊富で美味しいですけれど。殻つき牡蠣だったので大丈夫と思ったのが間違いでした。火を通したら大丈夫なのですね。生が美味しいと思ってましたが。

海のミルクと言われるほど、非常に美味しくて栄養価も高いのですか、反面食中毒が大変怖い食材ですね。
食中毒の原因は牡蠣の内蔵に寄生する小型球形ウイルス。生牡蠣は例えようがないくらい美味しいですが、食中毒を予防するには生で食べないのが一番のようです。

>omotannさん

貝類はいずれも、生で食する際には気をつけた方がいいですね。
でも、十数年、生牡蠣を食べていないので、「生牡蠣は例えようがないくらい美味しい」のお言葉に、ますます揺らいでしまいました(^^;

バーベキューで殻付き牡蠣10キロを皆で食べたのですが、ひとり私だけがあたったことがあります。
それも一個しか食べてないのに。
殻は開いていたけど、しっかり中まで火が通っていなかったかな?けど、通り過ぎると縮んじゃうしなぁ。
多分体調がよくなかったのもあるんでしょうが…。

それ以来、家以外ではよっぽどのことがない限り牡蠣は食べないことにしています。
好きなんですけれどね。
家でも次の日仕事だと・・・、「冷静と情熱のあいだ」状態です(^^;)

「冷静と情熱のあいだ」、小説も映画も曲も好きです♪

>mariさん

1個だけ食べて一人だけ当たったとは、それこそ大当たりでしたね。
体調も大いに関係あるのでしょうね。

牡蠣、せっかくのこの時期に、たっぷり食べたいですよね〜。

しかしバーベキューでは、生牡蠣ではなかったのだし、牡蠣以外の食材が原因だったのではありませんか?案外、牡蠣は大丈夫かも知れませんよ。

と、ますます揺らぐ発言をしてしまったりして(^^;

>kazuyoo60さん

私は生牡蠣にあたったので、火が通っていれば大丈夫だと思ったのですが、実際、火が通っていると当たりません。
生牡蠣、美味しいですけど、火を通した料理も美味しいですよ。
牡蠣ご飯、牡蠣鍋、牡蠣フライ・・・・。

ああ、また食べたくなってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/37627633

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静と情熱のあいだ:

« 中途半端に甘い郁子さん? | トップページ | 人口過密の新宿駅にて »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ