最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

追い立てる言葉

仕事でデジタルマーケティングの国際カンファレンス、なるものに行ってきました。急激に冷え込んだこの2日間。台風が関東に来る前だったのは不幸中の幸いか。

こういう展示会&会議に行くのはおそらく8年ぶりくらい。聴講するだけで疲れた疲れた。スピーカーの方々は、なぜかみなさんものすごい早口で、英語は当然のことながら、日本語ですら聞き取りにくい。「これからはデジタルです。」「デジタルがすべての基盤になります。」「デジタルが人々の生活のすべてを変えるのです!」とたたみかけるように言われ、「情報量が爆発的に増える」「すべてが加速する」「消費者の望むところに情報を送れ」と追い立てられ(追い立てられているような気分になり)、もうへとへとです。

マーケティングって大変なんですね。マーケティングの仕事に就かなくて良かった。などと思いました。

Dscn1040 さて、聞くだけで仕事が終わったわけではなく、これからレポートを書かなければなりません。頭の中でバラバラに暴れ回っているあれやこれやの言葉をどうやってまとめよう。ああ、アタマが痛い。帰りに東京タワーを仰ぎ見て、少しだけチカラを抜いてみた。

今日の「ありがとう」は、あの早口英語を通訳無しで理解できるIさんに。

2010年10月24日 (日)

夜は夜とて、朝は朝とて

私は寝付きが悪いので、これまでカモミールティーを飲んだりしていたのですが、どうもあのクセのある味が好きではなく、好きではないのを無理して飲んでいる割には、効果が(無いわけではないけど)満足いくものではありませんでした。

Dscf3256が、最近見つけたこのハーブティー。リ○トンの安いティーバッグですが、なかなか良いです。カモミールのクセを消すくらいのオレンジの甘酸っぱさが加えられていて飲みやすい。そして、なんとなく、効いている気がする。つまり、比較的すんなり眠りに入っている気がします。

しかし、朝は朝で、起きてからアタマがちゃんと回転するまで、時間がかかる私。朝、すっきり目が覚めてすぐに元気になれるハーブティーって、無いかしら?

ともかく今夜はこれを飲んで寝るとします。

今日の「ありがとう」は、某コーヒーショップの元気な店員さんに。

2010年10月22日 (金)

気になるファミレス

Dscf3229 ずいぶん前から気になっていた、某ファミリーレストランのたれ幕(と言っていいのかな?)。見るたびに、店の責任者を呼んで、突っ込み入れたくなります。

だって、「30」周年のメニューが「999」円で税込み「1,048」円ですよ。一体何の意味があるんだ!!!ってね。

たぶん「999」は3の倍数ってことかもしれませんが、だったら税込み999円にする努力をしてほしい。ジョナ○ンさん、もう少し、考えましょうよ。

今日の「ありがとう」は、お好み焼き屋のお兄さん・お姉さんに。

2010年10月20日 (水)

食べられないキノコは

Dscf3206 ミントの鉢植えに、白いきれいなキノコが生えていました。毒性ではないでしょうが、食用でないことは確かなので、引っこ抜いて捨ててしまいました。

でも、キノコって、けっこうきれいですよね。キノコを観葉植物みたいに育てることってできないかしら。そういえば毒性のキノコほどきれいだといいますよね。ドクベニダケとか。

で、毒キノコの画像を調べてみたら、案外きれいじゃないのが多かった。派手=毒、地味=食用、という概念はかなり旧式だったようで・・・・。

やっぱり、どうせなら食べられるキノコを育てようかしら。家庭菜園用しいたけ、しめじ、なめたけ、えのきだけなどがあるらしいです。

今日の「ごめんなさい」は、日にちを勘違いして予約をすっぽかしてしまった○○歯科にshock

2010年10月17日 (日)

BBQで性格診断?

Dscf3217 怪しげな雲が広がりながらも、なんとか雨は降らずに済んだ日曜日、千葉県九十九里浜に行きました。メインの目的はバーベキューですが、その前に某化粧品メーカー「シ○リー」の施設見学へ。庭がきれいで、今はコスモスが満開。mariさんみたいにうまく撮りたいと思って何枚かシャッターを切ったけど、なかなかきれいに撮れませんでした。

この施設の庭は、芝生に「立ち入り禁止」などという野暮な立て札がないので、シートを敷いてピクニック気分のグループもちらほら。物産展も開かれていて、バーベキューに行かなくてもここで十分おいしいランチが楽しめそう。

という気持ちを払いのけて、バーベキューのために九十九里海岸に移動。バーベキューをするためには、材料を調達しなければなりません。ということで、地引き網初体験!総勢約50人で網を引きましたが、いやー、たいへんでした。あんなに網(ロープ)が動かないとは、あんなに海水まみれになるとは・・・。あんまりたいへんだったので、写真撮るのをまったく忘れました。ゆえに画像無し。

大量にアジが獲れたので、バーベキューで塩焼き。もちろんたたきにもしました。どちらも新鮮で(とれたてだから当然)おいしい。物産展で購入した地元の野菜やソーセージなども焼いて、たらふくいただきました。アジと一緒に網に掛かった大きなスズキは、アタマと内臓を取って豪快にそのまま網焼き。身が甘くておどろくほど美味でした。

同じグループで二手に分かれてバーベキューをしたのですが、かたや見事に材料が整列(左)、かたや規則性皆無な適当さ(右)。私はどちらのチームだったかというと、もちろん右でした。スズキにかぶせたホイルの大きさも、感心するくらい中途半端(笑)。

Dscf3227 Dscf3223

交通渋滞もまったくなく、少し運動して思いっきり食べて飲んで楽しい1日でした。企画&引率してくださったK端さん、K堀さんはじめ、皆様どうもありがとう。

2010年10月15日 (金)

平和は誰が決めるのか

昨日(日本時間)、チリ鉱山の落盤事故で閉じこめられた33人が無事全員生還。おめでとう!素晴らしい!救出が始まった日に、アメリカが先月核実験を行っていた事実が報じられた。私の中の「陽」の気持ちはこれでほぼ打ち消されました。

今年のノーベル平和賞は、中国の劉暁波氏に贈られた。中国政府としては、劉氏は国家反逆者なので、これを受け入れられない。劉氏は現在刑務所で服役中、細君は自宅軟禁状態。世界が中国のこの姿勢を非難している。

尖閣諸島問題といい、さかのぼって毒入り餃子事件といい、中国政府の姿勢には多々疑問、不信、憤まんがあります(個人的感情として)。でもね、ノーベル平和賞に関しては、私はノーベル平和賞自体に疑問があるのです。

昨年のノーベル平和賞はオバマ米大統領に贈られました。「核なき世界」を口にしただけでノーベル平和賞を受けたのです。「核なき世界」の実現を求めて長年努力してきた人々がほかにも(特に日本には)たくさんいるにもかかわらず、口にしただけで、もらっちゃったのですよ。その国が核実験ですよ。

民主活動家を幽閉している中国も問題ですが、ノーベル平和賞の選定基準も問題視しましょうよ。平和に貢献した人を称える賞であるべきで、ノーベル平和賞の影響力をプロパガンダするものであってはならない。平和や幸福の指標を誰かが決めるのはおかしいでしょ。

今日の「ありがとう」は、私の不安感を軽減してくれたJ社のKさん、Iさんに。

2010年10月10日 (日)

やがて哀しいbabyの成長

伊豆ダイバーにとっては、今がベストシーズン。地上はそこそこ温かくて、水中もそこそこ温かい。

しかし、今朝起きたら地上は大雨。がっくりと気分が萎えて、20分くらい呆然と何もせずに過ごしました。が、雨は止むという予報を信じて出かけました。

いつもの頼りになるKちゃんが、体調不良で欠席したため、私が先頭を潜ることに。ちょっとどきどきしたけど、思ったより水中がクリアーで、波もなく、参加者が少なかったおかげで、楽しみながら潜ることができました。

Dscf3146 メインの目的はクマドリカエルアンコウ。約2カ月ぶりの再開です。2カ月前はこんなふうにつるんっときれいでキュートでした。

Dscf3145Dscf3138 久しぶりに会った彼は、こんなふうになっていました。まるで、女の子のように可愛かった親戚の男の子が、いつのまにか声も変わり、妙に背が高くなって、ニキビ面でごつい高校生になっていたような。前から見るとこんな(右の写真)ですよ。成長したのは嬉しいけれど、ルックスは昔のままで居て欲しかった。なんてね。

さらに、ダイビングセンターのスタッフに、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウー)がいる場所を教えてもらい、そこを目指してエントリー!いきなり、小さいかわいい子を見つけましたよ。
Dscf3180sc
どれくらい小さくてかわいいかっていうと、このくらい!手前の白い山は人差し指の先です。全部で7匹見つけました。こんなにたくさんのピカチューをいっぺんに見たのは初めて。みんな元気に育って欲しいです。

ダイビング後は、M里が作ってくれた野菜ゴロゴロなポトフでほっとひと息。おいしくて3杯食べました。ちなみに、ポトフを食べる頃には、雨は上がってすっかり晴天になりました。

今日の「ありがとう」は、いつものメンバーM里、Bちゃん、Y江。そして井田ダイビングセンターのスタッフのみんなに。

2010年10月 4日 (月)

前倒しご褒美

週末は久しぶりの観劇遠征。名古屋の御園座へ行って参りました。

名古屋ってことで、昼の部の演目は「旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)」。今年の正月に東京の国立劇場でやったのを再演。笑いを取るネタも1月と同じ。たとえば、菊之助丈に向かって、「そんなことだからあの海老(蔵)に先を越されるんだ!」というセリフとか。

先日、盛大な披露宴を挙げた海老蔵丈は菊之助丈と同級生なのだ。でもね、8カ月前も同じセリフだったから、ちょっと変えてくれても良かったなーと。たとえば、「そんなんだから、お姉さん(寺島しのぶ)の方が先に立派な賞(銀熊賞)もらっちゃうんだよ!」とか。ん〜〜、ちょっと分かりにくいかな。

確実に進化していたのは、クライマックスの本水を使った立ち回り。正月よりもたっぷり水しぶきを上げて、客席4列目までは水が飛んでました。最後の見栄も自信たっぷりの目ヂカラパワー全開で決め!「でかしゃった!」と心の中で叫んで思いっきり拍手しました。

しかし、私としては、菊之助丈が弁天小僧を演じる、夜の部の演目「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」の方が断然楽しかったです。やっぱり菊之助丈の娘役は、見てるだけで幸せな気分になれますね。ああ、かわゆらしかった。

観劇後に大須の「宮○楼」に寄って、早めの夕食はひつまぶし。おなかいっぱいいただきました。美味しかったです。

大枚はたいた遠征は、自分へのごほうび。でも一体なんのごほうびだろう?何かごほうびもらうような事、あったかしら。

名古屋から帰京して翌日、9月に受験したTOEICの結果が来ました。そう、今年の目標の一つに挙げたTOEIC受験。春から何度も受験していたのですが、目標に達しなかったため沈黙していました。今回、ようやく目標達成。900点超えました。やったー!名古屋遠征はTOEICの前倒しごほうびだ。

しかし900点採ってもまともに英語をしゃべれないのはなぜでしょう。まだまだ課題山積ですが、とりあえず“ぜいたく遠征”は“ごほうび”ってことで解決しよう。

Dscf3121 週末の「ありがとう」は、M夫妻とK音さんに。画像は、「旭輝黄金鯱」で複数の手拭いをゲットしたM夫妻の奥様が分けてくださった。演目が印刷してあって、国立劇場の手拭いより良い記念になります。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ