最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

猛暑だろうと、感謝の夏

アサガオが、ようやく複数咲くようになりました。でも、あまりに暑いので、棚(木製格子)の影に隠れるように咲きます。直射日光を避けるかのように。

やれやれ、ここなら陽が当たらない。とほっとしているかのようなアサガオその1。
Dscn0923

ここにじっと隠れていようっと。と身を潜めているようなアサガオその2。
Dscn0922

やる気なさそうな中途半端な開き具合です。が、本人(アサガオ)達の名誉のために言っておきますと、こういうラッパ型の種類のものらしいです。これでも精一杯頑張ってます。

なんでも、昨年の夏は、東京の猛暑日はゼロだったそうです。いかに今年の夏が異常に暑いのかと。

でも、常日頃は「バカは風邪をひかない」とバカのポジションにいる私ですが、「夏風邪はバカが引く」と言われるこの季節は、バカポジションを免除される貴重な季節でもあります。多少暑かろうと、猛々しく暑かろうと、夏には感謝。

そして、健康体に生んでくれた親に感謝する8月最後の週末でした。

2010年8月24日 (火)

ハッピーバースデーのお裾分け

Dscf2669 話が前後しますが、先週の土曜日はダイバー仲間Bちゃんの誕生日でした。1週間前より透明度が落ちてしまった水中にて、まず記念撮影。

Dscf2686 今日の主役はBちゃんだけど、水中のスターはクマドリカエルアンコウ!体長約1cm。汚れのない白とビビッドなオレンジのコントラストがおしゃれです。「クマドリ」とは上手く名付けたものですね。

イサキの渦タカベの群れキンギョハナダイの集団ソラスズメダイのグループ。みんな、Bちゃんのお祝いにかけつけてくれたようです。

Dscf2705 地上でのお祝いはM手作りのコーヒーシフォンケーキ。軽くておいしくて、ワンホール丸ごと食べられちゃいそうなのを、ぐっと我慢して1ピースにとどめる。

最後にのんびりお昼ご飯を食べてから撤収。帰路はいつもより車が多くて、東名高速で25kmの渋滞発生。のろのろ運転しながら、ラッキーにも厚木近辺で花火大会を見物できました。

Bちゃん、Happyのお裾分けをありがとう。

2010年8月23日 (月)

百合の花になれなかったよ

Qaqgu暑さがぶり返した週末は、2年振りの麻布十番まつりへ。まずはビールで乾杯。次に「あ○ちゃん」のモツ煮込みと焼き鳥を購入。「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」になるつもりで百合の柄の浴衣を着ました。

今年の変わり種はラーメンバーガー。変わり種、といっても私が知らなかっただけで、けっこう話題になっているらしい。ラーメンの麺を焼き固めてバーガーのバンズに見立て、間にラーメンの具をはさむ。具はチャーシューとかメンマとかナルトとか。写真を取り忘れたので画像なし(><)失敗

美味しそうな牛串やら豚串やらを横目に、人混みを縫いながらいつもの「ピッコ○グランデ」へ。おいしいワインとピザとペンネアラビアータで、再度Cin Cin!(乾杯)

はい、これで目的達成!あとはチヂミをほおばってコーヒーを飲んで、さらに人混みでふくれあがる会場をあとにした。帰宅してからなんとなく小腹が・・・・。もっとたくさん食べてくればよかったなー!←「百合の花」にはほど遠い(^^;

今日の「ありがとう」は一緒に行ったY・Eに。

2010年8月15日 (日)

お盆は東へ西へ

夏休み中に、東伊豆・西伊豆を1日ずつダイビング。

Ddscf2563東はIOP。台風の影響はほとんどなく、比較的穏やか。ベニカエルアンコウが6〜7匹いるはずだったけど、あまりにダイバーが多くて隠れてしまったためか、1匹しか出会えなかった。ベニカエルアンコウはあきらめて、人が少ない砂地の深場の方へ。サクラダイがゆったり泳いでいる。これはオス。赤地に白い斑紋が、桜の花びらのよう。胸びれの先の赤色や、目の周りのアイシャドーがいかしてるでしょ。

Ddscf2571パツンパツンに膨らんだハリセンボンは、いっそう動きが鈍くなって、本当に身を守ることになっているのかギモン。ちなみに、10時の方向が目、4時の方向が尾です。アップアップしている感じが愛らしい。ライトでつついていじめたくなるのをぐっと我慢(実際、2回くらいつついてしまいましたが。ごめんなさい)。

Ddscf2598西は井田。前日は台風の影響でクローズだったけど、この日は少しうねっている程度で問題なし。でも、へんなドロが流れ込んできて、気をつけないとすぐにドロが舞って濁ってしまう。本日のヒットはニシキフウライウオの赤・黒ペア!!どちらもまだ小さくて透き通っていてきれい!見たことのない人には、とても魚には見えないでしょう。2匹とも右を向いています。長いくちばしに(本当はくちばしではないのですが)ルーレット盤のような目、上下にヒレが伸び、左端が尾です。

相変わらずイサキygの群れがすごい!どこからどれだけ沸き上がって、どこまで続いていくのか?というくらい、ものすごい群れでした。Ddscf2662そして、ときどき出現するカンパチ20匹ほどの群れ。ピュー!ヒラヒラ!サーーッと横切る。カンパチ20匹ですよ!すごいでしょう?すごいと思うでしょう?でも「すごい」というより「かわいい」。なぜなら、この子たち、まだ体長15cmほど(笑) みんな無事に大きくなって迫力のグループで戻ってくるんだよ!

IOPも井田も、海水浴客でおおにぎわい。普段見かけないタイプの人種も来てました。たとえば、腕にタトゥーを入れた兄ちゃん・姉ちゃんペアとかね。ニシキフウライウオの赤・黒ペアの方がレア度はぐっと高いですが。

夏休みの「ありがとう」は、東と西の海を案内してくれたKちゃんに。次回から必ずモーニングコールします!

2010年8月13日 (金)

さらば愛しの

Dscf24943代前のマシンMac Cube。購入当時はノートが主流になりつつある頃で、周りから「なぜデスクトップなんかを?」といわれたものでした。しかも発売後約半年で製造中止という不人気品。でもこのルックスがとても好きでけっこう長いこと使用し、使わなくなっても処分せずにいた。いつかデータ保存用に利用するかも、使わなくてもオブジェとして飾れるじゃん(だってかわいいし)。

しかし、メインマシン以外を必要とするほどのデジタル資産はなく、飾っておけるほどのスペースも無し。
ということで、断腸の思いで処分することにした。ごめんね、愛しのCube。

そうだ、回収に出す前に中身を消去しなきゃ。で、数年ぶりに立ち上げてみると、懐かしのMac OS X 10.0。メニューを操作しようとするが、あれ?マウスが壊れかけているのか反応が鈍い。「再起動」メニューを選びたいのにカーソルが動かない。あ、動いた。と思ったらカーソルがあらぬ方向に飛んでいる。そんなこんなで、だましだまし使いながら、なんとかデータ消去終了。約1時間かかりました。あー疲れた。

そう言えば、Cube使用期の最後の頃は、あまりの遅さにそうとうイライラしたっけ。OSとWebの重さにマシンが対応できなかったのだ。何度もキーボードを壁に投げつけたい衝動にかられ、「もうこれ以上愛情を維持できないっ」というギリギリのところで、次のマシンに替えたのだった。すっかり忘れてたわ。

そんな美しくない思い出も、これまで引きずってきた愛情も、全部まとめて、回収業者に引き渡した。Bye-bye Cube。

Dscf2490イニシャライズ完了後の画面。OS 9の起動CDを使ったので、二次元的インタフェースです。

今日の「ありがとう」は、仕事の初期の苦難をともにしたMac Cubeに。

2010年8月11日 (水)

OPERATION ASAGAO 2010

Dscf2497
今年も「アサガオ大作戦」を実施していたのですが、なんと、例年に比べ、全然咲きません(涙)

すでに4輪ほど咲いていましたが、蕾を付けるのは一つの苗だけで、他は、蟻にやられてしまうのか、蕾が全然育たず・・・・。そして数週間、全く花が咲かないまま過ぎていました。

ようやく今朝、久しぶりの1輪が咲きました。それが写真のアサガオ。頑張って大きく咲いてくれました。

Dscf2499
新居は構造上、窓を覆うようにアサガオの棚を作ることができないため(つまり、グリーンカーテンにならない)、ベランダの仕切りにくっつける形で棚を作りました。こんな感じになっています。右上の赤い花が、今朝の1輪。

もっともっと咲いてほしいな。暑いけど頑張って!ちなみにポーチュラカは毎日毎日ポロポロ咲いています。偉い!

今日の「ありがとう」は、久しぶりのアサガオと、いつも元気なポーチュラカに。

2010年8月 2日 (月)

赤・緑・ピンク

新らしもの好きなので、赤オクラというものを買ってみました。
Dscn0725

左が生、真ん中が茹でた状態、右は茹でたのをマリネ液に漬けたもの。化学の実験みたいで面白い。「生でも食べられます!」と書かれていたので生でも食べましたが・・・・、生より茹でることをお勧めします。

ここ数日、いろいろいろいろイロイロ考えることがありました。が、結局何も結論が出ず、そのまま過ごしております。私の思考力なんてこんな物です。
今日の「ありがとう」は、思いがけず奄美大島出身だったMさんに。

2010年8月 1日 (日)

95万分の1になった夜

昨日は、十数年ぶりに、隅田川花火大会を見物に出かけました。

花火を観る前にまずは生スカイツリーをパチリ。ちなみに花火が上がる方向はこちらではないので、「花火をバックにしたスカイツリー」を観ることはできませんでした。
Dscn0736

Dscn0794 花火は最初から迫力満点。ひっきりなしにどんどん上がる。気を抜いていると、カラフルの残り火や、光(火)の思いがけない動きを見逃してしまう。最後の乱れ打ちでは、花火が視界に入りきらないくらいどんどんどんどん広がって、覆い被さってくるかのようでした。

Dscn0818_2Dscn0837

本当に本当に素晴らしかった。主催者発表によると、観客95万人だそうです。きゅうじゅうごまんにん!!!それって、居間でテレビを観ている人も含んでいるのではないでしょうね?しかし、花火は素晴らしかったけど、帰りの道路にゴミがたくさん散らばっていたのは悲しかった。美しい花火を観た後は、美しく帰ろうよ。

この夜の「ありがとう」は、誘ってくれたCちゃん、そして見物の機会を与えてくれたO山さん、いろいろと取り仕切ってくれたTさんをはじめ、たくさんの方々に。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ