最近のトラックバック

« 水深20メートルの皇居 | トップページ | 95万分の1になった夜 »

2010年7月31日 (土)

いずれ立派な阿呆に

久しぶりの歌舞伎観劇は、北区のホール「北とぴあ」でした。王子駅に降り立ったのは生まれて初めてです。

「一条大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」では、菊五郎丈が阿呆の大蔵卿(じつは阿呆の振りをしている)をコミカルに演じる。本当にこういうのが上手です。思う存分阿呆な感じだけど、決して「バカ殿」にはならない。

お京を演じる菊之助丈は、ひとさし舞う姿が貫禄があって素敵。しかし、彼もいずれは大蔵卿を演じることになるのですよね〜。できるのかなぁ。ああいう役。

と、思っていたら、次の演目「棒しばり」では愛嬌たっぷりの太郎冠者で登場。いや〜、おかしいおかしい、ゆかいゆかい。酔っぱらった表情も見事。次郎冠者の松緑丈が全然酔っぱらった顔ではなかったので、ちょっと差がありすぎた気がしないでもないけれども。

太郎冠者と次郎冠者は入れ替わりで演じるので、菊之助丈が次郎冠者のときもある。K子さんの話によると、これが相当良かったらしい。見たかった!菊之助丈の次郎冠者。棒を扱う動きや縛られたままでの舞は、きっと素晴らしかったことでしょう。

とはいえ、とにかく楽しめた「棒しばり」。観劇の基本は、やっぱり「見ていて楽しい!」ですよね。一週間の〆にはうってつけでした。

今日の「ありがとう」は、事前に観劇レポートをくださったK子さんに。

« 水深20メートルの皇居 | トップページ | 95万分の1になった夜 »

コメント

世襲とはいえ、厳しいけいこを積まれているのでしょう。人気が出ないと、名前だけでは務まらないですよね。ご満足で良かったですね。

久しぶりの歌舞伎、楽しまれたようでよかったです!

太郎冠者でも十分に楽しいのですけど、次郎冠者のほうが(夜の棒とかもあるし)見どころ満載。
これまでのなんでもそつなくこなしてしまう優等生的な菊ちゃんから脱皮して、なかなかのはじけぶり!

藤間の名取の友人Yさんによると、「菊ちゃん、踊り上手くなったよね~!」と。
もうおひとりのお家元よりずっと良いとの評価でしたhappy01
次の機会があったら、ぜひご覧くださいねheart02

>kazuyoo60さん

はい、きっと見えないところで、一生懸命稽古を積んでいるのでしょう。
名前だけでは務まらず、人気だけでも務まらない。
人気、名前、実力が揃った役者になってくれることを祈って応援しています。

>初音さん

「棒しばり」、ほんとに楽しかったです。
はじけてましたね、あの酔っぱらった表情といい。そのまま本当に酔っぱらっちゃうのではないかと(笑)

一方、松緑は棒を振り回すだけでいっぱいいっぱいって印象でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/35983977

この記事へのトラックバック一覧です: いずれ立派な阿呆に:

« 水深20メートルの皇居 | トップページ | 95万分の1になった夜 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ