最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月23日 (水)

今夜も明日もあらあらあら

Dscf2366 鯛のアラが105円で売っていたので、アラ煮とうしお汁にしました。

うしお汁って難しい。いや、決して手順が複雑というのではなく、味がいまひとつ締まらないというか、ぼやけてしまってるというか。ちゃんと味はするのだけど、何かが違う、何かが・・・。と思いながら、あっというまにうしお汁は胃の中に。

明日の朝食はアラ煮だ。お昼もアラ煮にしないと。なんせ3人分くらいある。

今日の「ありがとう」は神田屋さんに。

2010年6月20日 (日)

ハッピートルネード

Dscf2258昨日は、海で誕生日を祝ってもらいました。
天気予報は雨・南西の風で、ちょっと不安でしたが、到着してみると、波、うねり、濁り有り、でこんな感じ。

2月にフィンを流したときよりはうねりも濁りは小さかったのですが、なんだか不安があったので、私を含めた女性陣はリタイア。男性陣は「この程度なら大丈夫」とチェックを兼ねて海の中へ。

すると雨は止んで太陽が顔を出し、かんかん照り。女性陣は近所の池に行ってあじさいなど愛でながら散歩をしました。海から戻った男性陣は「波もうねりもたいして問題なし!イサキの群れがすごい!」と嬉しそう。特にKちゃんが私の方を見ながら「濁りもそれほどひどくないし、ぜったい潜った方がいいよ」となぜか説得してくる。

梅雨とは思えないほど天気は良くなり、こころなしか海がさっきより青く見えてくる(明らかに錯覚ですが)。エントリー/エグジットしやすい場所をちゃんと指示してくれるというので、Kちゃんの勧めに従い、潜ることに決定。

P6190024 Kちゃんが必死で私を潜らせようとした理由は実はこれでした。わざわざ用意してくれたプレート。私がキャンセルを貫いたら無駄にさせてしまうところでした。

水中では、イサキの群れとタカベの群れが交差!両方の群れがいっきに登場してくれるとは感激です。左からイサキのトルネード、右からタカベのトルネード。ありがとう!!私のために!(って、勘違いもはなはだしいですが)
Dscf2351

Dscf2330 ちなみにイサキは水中で見ると、魚屋で売られているより縞がはっきり見えます。とくに幼魚ではこんなにくっきり!もっと水中の透視度がいいときは、群れがいっせいに動くと白い部分がキラキラして、本当にきれいです。

Dscf2360ダイビング後のランチは、勝手に丼(ご飯の上に好きな具を勝手に乗せる)と豚汁。私たち以外に客がほとんどいなかったので、ほぼ独占状態で食事会になりました。昨日の「ありがとう」はいつもの仲間と井田DCのスタッフに。

2010年6月19日 (土)

1年でもっとも感謝する日

Bdscf2363 6月19日生まれの有名人。アウンサン・スー・チー、宮里藍、太宰治、KABA.ちゃん・・・・などなど。そんな日に生まれた私。いつもの仲間がプレゼントをくれました。

Bちゃんから猫の風呂敷、Y江からアロマオイル、M里から某高級化粧ブランドの顔パック。ありがとう!手荷物も部屋の空気も顔もきれいにするわ。そして、メールやメッセージを下さった方々、どうもありがとうございます。

何歳になったかはどうでもいいとして(苦笑)、今年も無事に誕生日を迎えられたことはとてもありがたいことだと思います。すべての人々、すべてのあれやこれやに感謝です。

2010年6月13日 (日)

「しかし」連発、初デジタル3D

久しぶりに映画館に行きました、「アリス・イン・ワンダーランド」。デジタル3Dを体験しようと思いまして。

デジタル3D上映は2000円ナリ。高い!!!前売り券を持っている人でも、差額を支払わなければならないそうです。入場の際に配られたゴム製フレームのごっついメガネを掛けてスクリーンを見ると、おー、確かに飛び出る飛び出る。

しかし、20年以上前に見た「キャプテンEO」の方が、よっぽど飛び出し具合がすごかった。「すぐ目の前まで飛んできた!」という驚きと感動。人生初の立体上映だったからインパクトが強かったのか?あるいは、今回の「アリス」がサイド寄りの席だったから角度が悪かったとか?

しかし何より、3Dメガネを長時間かけているのが難儀です。私はけっこう平らな顔をしているので、つまり“ほり”というものが無いので、鼻当てが低いメガネだと、まぶたがレンズにくっついてしまうのです。えー!そんな顔って有り!?って思う人もいるかも知れないですが、とにかくそうなのです。鼻当てが低くて、しかも重いメガネだと、視野の角度は合わないし、耳に重みがかかって頭が痛くなるしで、かなり苦痛。1時間半ていどが限度です。「アリス」の上映時間は108分。タイトルバックにかなり時間がかかっていたので、本編は1時間半強といったところでしょう。ギリギリ限度の映画でした。「アバター」(上映時間162分)じゃなくて良かったぁー。

注:ここからネタバレ含まれます。

しかし最後の最後にショックだったのは、タイトルバックで「赤の女王」がヘレナ・ボナム・カーターだと分かったこと。あー、20年以上前に「眺めのいい部屋」で感動をあたえてくれたあのルーシーが、いじわるで冷酷な赤の女王に。美しく愛らしい妹「白の女王」に対して、頭でっかちの赤毛に生まれてしまったばかりに心がねじまがってしまった「赤の女王」。最終的には「白の女王」に負けて追放に・・・・・・救い無し。

しかし「アリス」は安心して楽しめる映画です。3Dでも2Dでも、どうぞお楽しみ下さい。

今日の「ありがとう」は、一緒に3D体験したび○○さんに。

2010年6月 2日 (水)

身の丈を知る

またまたまたまた首相の辞任。

あーあ、辞めて欲しくなかったなぁ。いや、別に鳩山由紀夫が好きだったわけではないですけどね。こう、コロコロコロコロ変わってしまったのでは、日本という国に対する国際的な信頼度はもうボロボロになるのではないかと。またこれでアメリカにバカにされるかと思うと、しゃくに障る。

さて、先月半ばに引っ越して、残すところ段ボール5個、というところまで片付きました。今度の部屋は、前回の部屋よりだいぶ狭く、前々回の部屋よりわずかに広い。引っ越す前にだいぶ物を捨てたけど、それでも荷物を納めるのに四苦八苦。無い知恵絞りながら、少しずつ片付けています。

しかし、片付けながら、なんとなく思った。今の部屋の大きさが、自分にちょうど良いのかもしれない、と。身の丈に合った広さ(=狭さ)。前々回は狭すぎた。狭いから、どう頑張っても整理しきれない。前回は広すぎた。広いから、そこらにほったらかしておいても、日常生活に支障はない。今回は、頑張って片付ければ片付きそう。だけど、頑張らないと生活に必要なスペースを確保できない。

人間、座して半畳寝て一畳が基本ですね。あ、もちろん、一畳よりも広い部屋ですけど。

今日の「ありがとう」は、洗剤を揃えておいてくれたRさんに。自分の引っ越しが終わったら、今度は会社の事務所が引っ越しです。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ