最近のトラックバック

« 豆腐に一番合うのは? | トップページ | 徒歩10分の春爛漫 »

2010年4月 3日 (土)

これが本当のさようなら

歌舞伎座さよなら公演 四月大歌舞伎を見に行きました。昨年から始まった1年以上にわたる“さようなら公演”の、これが本当の最後の公演です。

目当ては3部の2幕目「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。主役の助六は団十郎丈、ヒロインの揚巻は玉三郎丈。きらびやかな傾城が並び、ド派手な花魁が登場するこの舞台は、華やかで楽しい。わけのわからない大げさな動作ひとつひとつが「華」になる。

しかも今回は、仁左衛門丈、菊五郎丈、三津五郎丈、勘三郎丈などと脇役も豪華!

そしてやっぱり菊五郎丈はうまいな〜、と思いました。ちゃんと白酒売りの新兵衛(実は曽我十郎)になっているんだもの!

今までは、菊五郎丈だということを前提に(意識して)舞台を見てしまっていましたが、菊五郎丈だということを頭からとっぱらって舞台を見たら、その役そのものって感じなんですね。先月、席が近すぎたためか「うーん娘というにはちょっと・・・」などと不遜な感想を書いてしまった弁天小僧も、“前提”を取り払って見たら、また違った風に見えたかも知れない。確かに、煙管をかんざしでホジホジいじる動作は、弁天小僧がたった今その気分でやっていると思うくらい自然だった。

それに対して、どんな役をやっても常に同じ存在感だから人気があるのが、勘三郎丈だと思う。何を演じても必ず「勘三郎」。その意味で決してファンを裏切らない。テレビドラマでいうと、K村T哉。KTと勘三郎丈を同じにしたら、どっちかのファンは怒るかしら(^^;

そして日曜日23時の○BS「情熱大陸」は菊五郎丈が題材。先月の弁天小僧も取材に入っているらしい。さてさて、楽しみだ。

今日の「ありがとう」は、今月いっぱいで改築工事に入る歌舞伎座に。ちなみに、今Webサイトで確認したら、四月大歌舞伎のあとに、閉場式という公演があるらしいです。四月大歌舞伎は「プレ“最後の公演”」でした。

« 豆腐に一番合うのは? | トップページ | 徒歩10分の春爛漫 »

コメント

実力が伴ってこその人気なのでしょう。そして、毎日のように精進されるのでしょうね。

>kazuyoo60さん

日々精進。ああ、今の私に一番必要なことです(^^;

「歌舞伎座閉館まであと1年」のニュースを新聞で読んだ時、真っ先にsuzieさんのことが思い浮かびました。あれからもう1年になるんですね。いよいよホントにサヨウナラですか。しばらくお寂しいでしょうが、ダイビングに専念ですね。

>omotannさん

歌舞伎座のニュースで私を思い出してくださったとは、嬉しいです。

そう、あっという間に1年経ってしまいました。
新しい歌舞伎座はどんな風になっているでしょう。座り心地のいい椅子になっていることを願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/34081859

この記事へのトラックバック一覧です: これが本当のさようなら:

« 豆腐に一番合うのは? | トップページ | 徒歩10分の春爛漫 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ