最近のトラックバック

« フィーン!カム・バーーック! | トップページ | 春の味は初心の味 »

2010年3月 3日 (水)

五人囃子は何人に?

桃の節句なので、ちらし寿司とはまぐりの潮汁を作ってみました。

Dscf2034 本当はエビかイクラを乗せたかったのですが、お手頃価格のマグロ切り落としが売っていたのでこのような姿になりました。イクラがマグロ切り落としに変わったのはともかくとして、う〜ん、いまいち盛りつけがよろしくない。潮汁は、はまぐりがとても大きくて、きゅうくつな感じになってしまいましたが、このはまぐりが甘くておいしかった!当たりでした。

Dscf2038 勢いで桜餅も作ってみました。桜の葉は省略。薄桃色の着色も省略。微妙にセピア色になっているのは、光の加減のせいではなく、きび砂糖を使ったため。こんなにてきめんに薄茶になるとは思っていませんでした。まったく桜餅の風貌をしていませんが、これがなんとおいしい!自分で言うのもなんですが、皮と餡の甘さのバランスがちょうど良いのです。まったくの偶然なのですけどね。もう一度同じ味に作れと言われてもできません。毎回毎回同じ味のお菓子を作っているプロはすごいですね。

さて、子どもの頃、ひな祭りの歌の「五人囃子の笛太鼓」を「五人囃子の増えたい子」だと思っていました。「5人だけじゃなくて、もっと大勢のお囃子になるぞ!」っていう向上心の現れだと。

今日の「ありがとう」は、日本テ○ビの番組「心に刻む風景」に。懐かしのマントンが映っていました。

« フィーン!カム・バーーック! | トップページ | 春の味は初心の味 »

コメント

いえいえ、ちらし寿司は美味しそうな仕上がりになっていますよ。ハマグリの潮汁もベスト・コンビネーションです。桜餅も拝見しただけで、食指が動きます。

mariさんの所では横レスで失礼しました。あちらで触れましたが、岡山ではちらし寿司のことを「返し寿司」ともいいます。その名の由来は遠く備前岡山の藩主池田光政候の出した「質素倹約令」にまで遡ります。

あはっ、suzieさんでもそんな間違いを?!(笑)
可愛らしいですね。

子供の頃に間違えて、それから1人ずつ増えていたとしても何人囃子だろう??

・・・考えたくありませんね(笑)

美味しそうなちらし寿司です。皆さんちゃんと行事食を並べておられますね。桜餅風ですか。美味しそうに出来ましたね。
前にイチゴ大福を教えてもらって、電子レンジで作ったことがあります。
楽しいひな祭りをお楽しみですね。

「フルイコの酒場」ってのは、向田邦子でしたっけ?
(こちらは、越路吹雪『ろくでなし』の「♪古いこの酒場で」ってやつですね)happy01
私はよくある「うさぎおいし」てしたけどsweat01

懐かしのマントンですか、見たかったなあ。

和菓子を作ろうと思える、それだけで
◎です。

うちは学校で散らし寿司、あられなどを
いただいてきたので、お家では普通に、
炊き込みご飯でした。。。
行事食をきちんと作ってるsuzieさん
素敵です。

>omotannさん

ありがとうございます。

テレビでは、「質素倹約令で庶民は一汁一菜しか許されなかったので、具をご飯に混ぜ込んで、それを一品として数えた」との解説でした。

>姐さんさん

私の場合、五人囃子はすでにオーケストラ並みの規模になっています(^^;

>kazuyoo60さん

自分で作ると、たいした味でなくてもおいしく食べられるものですね(笑)
そういえば友人も、「イチゴ大福、簡単にできるのよ」と嬉しそうに話していましたっけ。

まぐろだったんですね。色の感じからサーモンかと
思いました。とびっこじゃ寂しすぎますかね。
盛り付け、十分に素敵です。
桜餅を手作りですか。ビックリです。
皮の形も売り物みたいです。
suzieさんがこんなに料理上手だったとは・・・
会えてた頃に知ってたら良かったなぁ。

>初音さん

「フルイコの酒場」、初めて聞きました。
向田女史でもそんな勘違いを(*^_^*)
でも「フルイコ」ってなんでしょう?
ロシア語みたい。さすがに作家は感性が違う・・・・?

「うさぎおいし」、誰もが通る道ですね(笑)

>つーみーさん

なつかしい街並みを見て、まっさきにつーみーさんを思い浮かべました。
市庁舎のコクトーの壁画とコクトー美術館が映っていました。

今年は節句を大事にしようと思ってます。次回は5月5日。柏餅作ろうかな。

>ぷうちゃん

とびっこももちろんOKですよ。
赤い粒々がビーズみたいできれいですよね。
子どもの頃はイクラよりもとびっこの方が好きでした。

画像の桜餅は、5枚作った皮の中でまともにできた1枚です(^^;

料理上手なsuzieさん。

1人にしておくのもったいないわ。

私は1人になったらなーんにも作りたくないの

食べてくれる人がいるといやいやでも作るんですけどねー

しかし、お菓子まで作っちゃうなんてすごすぎる

春らしくて可愛らしい彩りのちらし寿司!
ハマグリの潮汁もおいしそう♪

先日「ハマグリはまず買うことがない。アサリで十分」とおっしゃられた方がいて。
ちょっと残念な気分になっていたところでした…(^^;)

桃の節句にハマグリの潮汁とちらし寿司を作られたsuzieさんのおかげで、
幸せ気分になれました(^^)

今年、五人囃子ではなく七人囃子のお雛様を拝見しました。
ビックリしました~。
それ以上の人数となると・・・、すごいですね。

>ひでこ儘さん

私の料理は、味の保証はありません(^^;

ひでこ儘さんはたくさん人のためにお食事作ったから、ひとりの時はラクしていいんです。

>mariさん

アサリもおいしいですが、ハマグリはまた別のおいしさですね!

七人囃子ですか。
「増えたい子」で見事に7人になったのですねbleah

あはは、、、。 
増えたい子、受けました~happy01 しかも、向上心の現れで・・・
今頃は、ピーヒャラ・ドンドン、ピーヒャラ・ドンドンと、賑やかになっていたでしょうね。

桜餅、美味しそうです~、これを椿の葉で挟めば、椿餅にも変身しそうですねdelicious

思い込み違いって誰も持っているみたいですね。
私など一つの曲に二つも思い込み違いをしていました。
「ふるさと」の「うさぎ追いしかの山、、、」を
「うさぎ美味し、、」
「つつがなきや友垣、、」を「つつがなきや友餓鬼」と。
思い込み違いの傑作はKRYアナが「巨人の星」のテーマソングの画面で重いものを曳いているので
「重いコンダラ試練の道を、、」と思っていたそうです。
おもいこみ違いというのが面白いと思いました。

>時の塒さん

重い「コンダラ」を持ってトレーニングしてるってことですね。
「コンダラ」ってなんでしょうね(笑)
「コンダラ」に疑問を抱かないところが、思いこみのすごさですね。

>こしあぶらさん

「笛太鼓」で勘違いする人は少ないみたいですね。もしかして、私ひとり?coldsweats01

「椿餅」、初めて知りました。またひとつ、楽しみが増えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/33621090

この記事へのトラックバック一覧です: 五人囃子は何人に?:

« フィーン!カム・バーーック! | トップページ | 春の味は初心の味 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ