最近のトラックバック

« 一足先に屋内で花見 | トップページ | 東京にも空がある »

2010年3月26日 (金)

みどりさん、ごめんなさい

Dscf2056sDscf2054s 桜が開花したので、再び桜餅。今回は桜の塩漬けを飾って、少しは桜餅らしい雰囲気になったかな。右はよもぎ餅ではなく、抹茶味の桜餅(のつもり)です。ほんのり若草色にするはずが、焼くとこんなにミドリになっちゃうんですね。

今朝、4時ごろに目が覚め、それから眠れなくなったので仕方なく起きて、しばらく「世界フィギュアスケート選手権」を見ていた。高橋大輔選手、優勝おめでとう!泣けた!特に後半のステップの表現力には泣ける。

かつて、伊藤みどり選手が3回転を飛んだ頃、日本人は技術的には評価を得ても、芸術面では欧米に勝ることはないだろうと思っていました。だってプロポーションがあまりに差があるのだもの(みどりさんには申し訳ないが)。でも、今や高橋選手の表現力は、他の国のトップ選手よりも優れていると思う。決して欧米人なみのスタイルではないのに(もちろん、私の年代に比べればずっと良いですが)、惚れ惚れする演技です。

特にフィギュアスケートのファンだったわけではないけど、日本人選手の活躍もあって、大会の放送を見ているとけっこう面白い。荒川静香氏や本田武史氏の解説が分かりやすいのも一因。人気が落ちているスポーツ中継は、解説者を見直すことも必要なのではないでしょうか。

今日の「ありがとう」は、高橋大輔、本田武史、荒川静香さんに。

« 一足先に屋内で花見 | トップページ | 東京にも空がある »

コメント

優勝でしたね。素晴らしいです。ニュースで断片だけ見ました。
桜餅とても美味しそうです。関西は形も素材も少し違いますが、桜も飾られて綺麗ですね。

目にも鮮やかなミドリに、食指が動きます。
春到来を待ちわびる日々です。
間もなく我が家のミドリ(亡母)の一周忌を迎えます。

高橋大輔選手の立続けの快挙に地元は大騒ぎで、郷土にとって誇りあります。高橋選手が高校時代まで練習した倉敷市内のスケートリンクが維持管理難で一旦は閉鎖されましたが、昨年存続が決まりました。これも高橋選手の存在があったからこそです。

パラリンピックで見事金メダルを2個も獲得し話題を呼んだ新田選手も岡山出身です。

見事に冬季競技を締め括った二人とも、後に続く若手選手に勇気と希望を与えてくれました。万歳!!

抹茶味の桜餅、おいしそうです!(^^)

みどりさん以前の渡部絵美さんが活躍されていた頃から、フィギュアスケートを観るのが好きでした。
あれからどんどんと素晴らしい若手選手が登場してきて。
最近の日本フィギュアスケート界の勢いは、本当に凄いですね。

今大会の高橋大輔選手フリーの演技は、仕事中のためリアルタイムで応援できず残念でした。
が、後から拝見して感動致しました。
ダイナミック且つ繊細で華麗。

本当におめでとう!ありがとう!の言葉に尽きますね。

>kazuyoo60さん

関西の桜餅は道明寺粉でくるむんですよね。
東京の桜餅は、クレープのような皮で餡を包みます。
でも、都心の百貨店には関西の大手和菓子店が入っているので、最近は関西風桜餅の方を目にする機会が多いです。

>omotannさん

高橋選手、岡山出身なのですね。そうそう、新田選手も。真摯な努力と逆境を乗り越える強さは岡山県だからこそ?
今や日本全体の誇りですね。
そして、若い人々だけでなく、(彼らより年配の)私たちにも勇気と希望を与えてくれます(^^)

>mariさん

抹茶桜餅、自分で作ったので自分はおいしく食べられるけれど、人様にはお勧めできない仕上がりでした(^^;

子どもの頃は、フィギュアスケートの大会では外国人選手にばかり目がいっていました。
でも、当時からの代々の日本人選手や指導者たちが頑張ってきたからこそ、今の日本人選手の活躍があるのでしょうね。

渡部絵美さんも、当時の日本人にしてはとびっきりキュートで、羨ましいかわいらしさでした。

今度は、袱紗包みの桜餅、美味しそうです。
銀座あけぼのさんの桜餅と一緒ですねwink

お菓子を手作りすると、なんか優雅な気分になりませんか?japanesetea

↓の、流し目のおにいさんheart02  惚れてまったわーー(笑)

>こしあぶらさん

こしあぶらさんとは好みのタイプが合うみたいですね!(笑)
「花下遊楽図屏風」、機会があったら是非ご覧になって下さい。

桜餅は、味ではあけぼのに及びませんが、自分で作るとおいしさ倍増ですね。

suzie さんの今日のありがとう。

って所がたまらなく好きです。

私も今日1日ありがとうを探していこうと思います。

さて、今日は何がありがったかったろう?

この寒さでcherryblossom桜花が長く楽しめる所かなぁ

>ひでこさん

ありがとうございます。

なぜ、「今日のありがとう」を書くようになったかというと、数年前、寝る前に必ず、その日にあった「嫌なこと」を思い出して、とても不愉快な気分になることが続いたことがありました。
これではいけない!と思い、寝る前にその日に「ありがとう」と言いたい相手を必ずひとりは思い出すようにしようと決めたのです。

どんなについていない日でも、ひとつくらいは「ありがとう」が有ります。何もないときは、とりあえず生きていることに「ありがとう」ですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/33943251

この記事へのトラックバック一覧です: みどりさん、ごめんなさい:

« 一足先に屋内で花見 | トップページ | 東京にも空がある »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ