最近のトラックバック

« 情熱なきお役人 | トップページ | 目にも鮮やか、名残紅葉と揚巻 »

2009年11月29日 (日)

悪魔のようなゆるキャラ

しばらくブログをさぼっていました。書きたいことはいろいろとあったのですが、いざ書こうと思うと別の用事が入り、なんやかんやしてる間にブログのことを忘れてしまい。という感じで数週間が過ぎました。

「大丈夫か?生きてるか?」と親類が心配していたかもしれません。まるでブログが「湯沸かしポットを押したら無事の合図」の役目ですね。

さて、今夜のN○Kの「ダーウィンが来た」をご覧になりましたか?テーマは「カエルアンコウ」でした。ダイバーの大半が大好きなカエルアンコウ。いつものっそりしてるけど、のっそりどころか全然動かないけど、捕食の動作は超高速なのです。

でも、私は捕食の瞬間をいまだに見たことがありません。番組では、実際には目で確認できないほど速い捕食の瞬間を、スーパースローで見せてくれました。

あの「ゆるキャラ」なカエルアンコウが、まるで悪魔のような顔で小魚を丸飲み!それは「チャイルド・プレイ」の人形チャッピーのような・・・←分かる人には分かる

ちなみにカエルアンコウは、2年ほど前までは「イザリウオ」と呼ばれていました。「イザリ」が差別用語なので、改名されたのです。同時期に改名された魚には「メクラ○○」とか「バカ○○」という名前がありました。

改名実施の少し前、その話題になったときに「じゃぁ、ハゲブダイはどうなんでしょう。ハゲは差別用語じゃないのか?」と笑いネタとして発言したら、その場に居合わせた人の中に、頭をバンダナで覆っていた人が・・・・。え・・・っと、この人さっき一緒に潜ったけど、髪の毛あったっけ?ハ○てたっけ?ちょっと薄かったような(タラ〜)   という失敗がありました(^^;

差別用語ではないけれど、魚の中には「ニセ」とか「モドキ」とか付けられている種類がけっこうあります。人間の目線で勝手に偽者呼ばわりされて、それこそ当人(当魚?)は不愉快でしょうね。

今日の「ありがとう」は、チャッピーのようなカエルアンコウに。

« 情熱なきお役人 | トップページ | 目にも鮮やか、名残紅葉と揚巻 »

コメント

カエルアンコウの名前を知りませんでした。テレビは付いていたのですがすやすや?でした。イザリウオの名前は知っていて、イメージも湧きます。
植物にもモドキがありますよ。改名は良いような悪いような?。

私も、昨日しっかり見てました!!happy01
先週、予告編で、カエルアンコウをやると言っていたので、
スージーさんに教えていただいた、カエルアンコウはこれか~!!と、楽しみにしていました。

この疑似餌をヒラヒラさせて魚を採るのは、知っていましたが、名前を知りませんでした。

ん?・・・と言う事は、あのチッチャイ、イロカエルアンコウも、ヒレを手足のようにして、歩くのですか?

それと、ブックマークさせていただいて良いでしょうか?

はじめましてnote
こしあぶらさんのところからお寄りしました、
又閲覧させて下さい、よろしく。

「ゆるキャラ」―この言葉最近よく耳にしますね。
これまでsuzieさんのブログで何度か「カエルアンコウ」のことをお聞きしていたので、いわゆるこれが「ゆるキャラ」のことかなとイメージ付けしていました。ゆると言いながら、捕食の動作は超高速という、まさにタイトル通り“悪魔のような”を冠する一面があるんですね。

うちの近所の祇園用水には国の天然記念物に指定されているアユモドキが生息しています。それこそ3年前のN○Kの「ダーウィンが来た・生き物新伝説」で紹介されました。

>のっそりどころか全然動かないけど
この表現に笑ってしまいました。
カエルアンコウ、独特の可愛らしさがありますね♪
それが捕食のときにはチャッピーですか・・・(^^;)
怖いもの見たさで?一度拝見してみたいです!

>kazuyoo60さん

「イザリウオ」はご存じでしたか。
植物の「モドキ」や「ニセ」がたくさんありますね。
改名は仕方がないこともあると思いますが、新しい名前が定着するまでがたいへんですね。

>こしあぶらさん

番組、ご覧になりましたか。
そうです、これなんです。
あの極小イロカエルアンコウも、ああやってもぞもぞ歩くのですよ。
一度だけチビ助が泳いでいるのを見たことがありますが、泳ぐというより、流れされてジタバタしてる感じでした。

もちろん、ブックマーク大歓迎です。ありがとうございます。

>やまちゃんさん

初めまして。コメント投稿ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

>omotannさん

「ゆるキャラ」という名称、すっかり定着しましたね。
みうらじゅんというタレント(エッセイスト?職業不明)が作った言葉ですが、「ゆるいキャラクター」、つまりかわいいくもなくかっこよくもなく、かといってこわいとか醜いわけでもなく、どうでもない「ゆるーい」感じということらしいです。

アユモドキ、天然記念物指定でありながら「モドキ」とは、ちょっと可哀想ですね。

>mariさん

私も、チャッピーのような形相を見たのは、この番組が初めてでした。
とぼけた顔してガブッッッッ!!!ですから(^^;

海の生物は面白いです。

カエルアンコウの前の名前があったとは
まったく知りませんでした。
息子はこの番組が大好きになって、
カエルアンコウの捕食のシーンでは
びっくり!釘付けでしたよ。(^^)
見ながら、suzieさんもお好きだろうな、
って考えてましたよ。
それにしても疑似餌にはびっくりです。
ときにあれが命取りにもなるんですね。

>つーみーさん

カエルアンコウ、息子さんに気に入ってもらえたかしら(^^)

ちなみに、カエルアンコウの種類には、30cmくらい大きくなるものもいます。南の海で見ることができますが、まるで「とぼけた怪獣」です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/32418089

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔のようなゆるキャラ:

« 情熱なきお役人 | トップページ | 目にも鮮やか、名残紅葉と揚巻 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ