最近のトラックバック

« カンパチは男前 | トップページ | 降りモノに弱い »

2009年11月14日 (土)

需要の産物

今朝は予報通り雨。そして寒かった前日とは打って変わって暖かい。

着物を着て出かける用事があったので、着物の上に雨コートを着て駅に向かった。駅ではちょうど電車が到着したところのようで、改札を大勢のひとが通過。中3か高1という年頃の男の子とかすかに接触した。男子はこの暖かい気候のために、11月ながら半袖シャツ。「っだよ!冷てーな!」とひとこと。

雨降ってるんだから、これだけ人が交錯してるんだから、濡れてる人と接触するのも当然でしょう。

彼の言葉と態度には「なんだよババァ、濡れた服で俺に触るんじゃねーよ」という感情があふれている。わけもなくオジサン・オバサンを嫌悪する年頃。相手がオジサンだと怖いことになる危険性があるけど、オバサンならまぁ平気だろうというわけだ。

なんだ?このボーズ。と思いながらも「あ、ごめんなさいね」と返した。電車を待ちながら、「雨降ってるんだからしょうがないでしょっ」と、もっと強気で言ってやればよかったか。でもそんなことしたら「うっせーな。クソババァ」くらい言われかねない。むしろ不自然なほど明るく大声で「あらー!ごめんねー!半袖なんか着てるのねー!若いわねー!」としつこく絡んでやればよかったか。などと考えていたら、悔しくて涙が出てきた。

でも私は負けないのだ。オバサンはこうやって強くなっていく。オバサンがずうずうしいのは、好きこのんでそうなっているのではなく、世の中に強いられてずうずうしくなっているのだ。ずうずうしいオバサンは、社会のニーズに対応した人種なのである。と、納得した朝だった。

今日の「ありがとう」は、この世のすべての強いオバサン達に。

« カンパチは男前 | トップページ | 降りモノに弱い »

コメント

しつこく、うふふふふ。お互い様を、家庭や学校で教えてもらわないのかな?、困った子供?です。

>kazuyoo60さん

そういう年頃なんですよね。若いって残酷。若さは武器です。

「お互い様」ってよい言葉ですね。今しみじみ思いました。

そんな輩ばかりではありませんが、昨今の若者像の一片を垣間見る思いです。
嘆かわしくも殺伐とした世の中になったものですね。

>omotannさん

最近の若者って怖いなぁ、と思うことがときどきありますが、考えてみれば優しい若者もいるし、私の年代にも不愉快な人もいます。
若者がこういう側面を持っているのは、そのような大人がいるからでしょうか。
私も自分を省みなければ。

私もオバサン世代として、思うのですが、
若い頃より必要なもの、ことがはっきり
してきて、それを守るために強く、ずうずうしく
なっていくような気がします。

若い頃は身のまわりに余分ないろんなものが
くっついてますね。混沌としてるし。
彼らも年を取らないとわからないんでしょうね。

たとえば仕事に対する責任。
家族や子供、介護する相手がいることの責任と
社会性と。
とても大切なものが何か分かってるオバサン、
オジサンは強いのだ!
強くなりたい。修行中です、はい。

 

>つーみーさん

大切な物や責任を分かっているオバサン・オジサンの強さは、きっと(少しは)世の中の役に立っているはず。

責任ある強いオバサン目指して、お互い頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/32221808

この記事へのトラックバック一覧です: 需要の産物:

« カンパチは男前 | トップページ | 降りモノに弱い »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ