最近のトラックバック

« 降りモノに弱い | トップページ | 悪魔のようなゆるキャラ »

2009年11月22日 (日)

情熱なきお役人

とりあえず第1弾が終了した「事業仕分け」。
テレビでは、矢継ぎ早に質問してバッサバッサと切り捨てる仕分け人と、ろくに説明させてもらえずにやりこめらえる省庁が、頻繁に映し出されていました。世間では「仕分け人ってひどいなー」という印象があるようですが、私はどちらかといえば、省庁代表者(お役人?)のプレゼン力の無さに愕然。

たまたまそういうシーンをテレビで見ただけかもしれませんが・・・。これまで私の中では「頭のいい(と言われている)人→物事を良く理解している人→物事をきちんと説明できる人→プレゼン力のある人」だったのですが、その方程式は一気に崩れました。

中止にされたプロジェクトの中には、本当に必要なものもあったのでしょう。しかし、それをきっちり説明&説得できなければ、「No」の判断をされても仕方がないのです。

世の中には、本当に必要なのに、本当に良い物なのに、認めてもらえない・売れないものがたくさんあります。それをどうやって人々に理解してもらうか、個人あるいは民間企業は必死でプレゼンするわけです。それでも支援を得られないものってたくさんありますよ。

決して仕分け人に味方するわけではないが、お話にならない省庁の情熱のない姿勢にがっくりでした。頼りにしていた私たちがバカだったのね〜、と。

今日の「ありがとう」は(記事とは無関係ですが)、お茶会に誘ってくれたJ子さんと、一緒にお出かけしたOさん、Nさんに。

« 降りモノに弱い | トップページ | 悪魔のようなゆるキャラ »

コメント

ひとまず事業仕分け前半を終了しましたが、目標とする3兆円削減に届くめどは立っていません。マニフェストの実現とそのための財源確保、国債発行額抑制という難解な連立方程式を解かねばなりませんが、政権交代した責任は重いです。

事業仕分けについて世論は概ね好評のようですが、もっと実務的に、そして地方の代表も参加させるなど地方の実態を加味して行なうべきであると思います。
序でに、本来不要なのに1千万円以上の高額な年収をもらっている高級官僚役人たちをもっともっと仕分けて貰いたいものです。

いかに必要かを納得させる方法ですね。花火のような話題になるのだけではなくて、本当に必要なものにおカネを振り分けてほしい、切る側としても、それを勉強しても良いと思います。
便宜的にやっている、そうとしか思えない部分もあります。
手続き?を踏めば免罪符??。

>omotannさん

プロジェクトの見直しの前に、人材の見直しをしてほしかったですね。
そうすれば、もっともっともっともっとコスト削減できるはずですね。

>kazuyoo60さん

今週から第2弾が始まりますね。
私たち、しっかり見てるぞ!という視線を送ってやりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/32313223

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱なきお役人:

» 事業仕分け [*シール堂公認* 楽勝!?シール堂印刷の社長ブログ]
来週は後半戦に入る事業仕分けですが… 予算を削減#63909;されたり、執行凍結#63837;されたりして 文句ブーたれている人を見ていて、ひとこと#63709; そんなに大切なら… おまえらがカネ借りて#63866;やればいいじゃん! まずは 人気の社長blogランキ..... [続きを読む]

« 降りモノに弱い | トップページ | 悪魔のようなゆるキャラ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ