最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月25日 (日)

たとえ好きでもこいつばかりは

十月最後の日曜日は雨。十月大歌舞伎昼の部へ。

「蜘蛛の拍子舞(くものひょうしまい)」では玉三郎丈が蜘蛛の化身に。玉様は、人間ではない役をやっている方が好きなので期待大。なんといっても、私が生まれて初めて玉三郎丈を見たのは、映画「夜叉が池」なので、そこで“刷り込み”が行われたのですから。

前半は美しい女に身をやつして舞い、後半は正体を現して蜘蛛の隈取り。玉様は顔が小さいためか、こういう隈取りをしてもなんとなくチマっとしてしまって、あまり怖さを感じない。人間(女性)の姿のままで“何かが違う”雰囲気をたたえた役のときの方がよっぽど怖いのに。隣に並んだ三津五郎丈(の顔)が妙に存在感があって輝いて見えてしまった(笑)

演目の中盤には蜘蛛の立ち回りがあり、この蜘蛛のきぐるみ(?)がなかなか良くできている。へんに人間みたいな動きと、いかにも蜘蛛らしい動きのミックスがまた良い。かなり見物です。

続いて「心中天網島 河庄(かわしょう)」は、とても疲れました。治兵衛は女房子どもがいる身で遊女の小春と恋仲。小春は治兵衛のことを考えて身を引くことを決心。小春が心変わりしたと思いこんだ治兵衛は手を挙げ、足蹴にし、うだうだとなじり、ぐちぐちと恨みごとを・・・。見ているこっちはイライラが募る一方。

けっして「女房子どもがいるくせに」って倫理観を問うているのではないのです。とにかくそのぐだぐだぐちゅぐちゅがうざったい。「こんな女とはもうこれ以上一緒に居たくない!帰る!」と言いながら帰らない。兄に促されてようやうく店から出た後も「ひとことだけ。ひとことだけ言ってやりたい」って戻る。よくある演出ではあるのだけれど、「あーっなんで戻るかなー!とっとと家に帰れよー!」って本気でつぶやきそうになりました。ええ、本気で。

治兵衛を演じるは藤十郎丈。藤十郎丈を好きな人は、この治兵衛の情けないところがまた憎めないとか恋に身を焦がした狂おしさが良いとか思うのかな。私が藤十郎丈のファンだったとしても、きっと治兵衛は嫌いだなー(苦笑)

「河庄」は前にも見たことがあったけど、こんなにイライラしたっけ?と思い起こしてみたら、歌舞伎ではなく文楽で見たのでした。

ちなみに今回は「河庄」の段だけだったので、最後の心中の場面は無し。

今日の「ありがとう」は一緒に観たK音さん(初蕎麦できずに残念でした)、チケットを取ってくださったK子さんに。

2009年10月24日 (土)

そろそろ水温>気温

いつもランチを用意してくれるM。タンクを背負うときも、海に入るときも、海から出るときも、人の手助けが必要だが、実はベテランだった。

今回はMの500本記念でした。
Dscf0989_2

残念ながら透視度は3〜7mで水中は暗かったけど、たくさんの人がお祝いに参加。ランチはいつものMの労をねぎらって、Bちゃんが代わりにチキンのトマトソース煮を作ってくれました。豆もたっぷり入っていて、美味しかったー。

Dscf0991 透視度が悪いながらも、タカベの群れやイサキbabyの群れ、ちびっ子キンギョハナダイの群れ、スズメダイ大・小の群れなど、元気いっぱいの魚に囲まれました。しかし最近気になっているのはこれ。名前は、まだ確認してません。ウミヒドラの一種かな。ぱっと見ると細かい雪が細い枝に降りかかっているようで、よーく見ると花が咲いているような。

地上が寒くなってきたので、そろそろダイビングも寒いと感じる季節になりました。次回は水温が気温を上回るかな。

今日の「ありがとう」は500本のM、いつも一緒に潜ってくれるKちゃん、Iちゃん、Bちゃん、Y江、久しぶりに来てくれたYさん、横付けしてくれたMさん。そして、井田DCのみなさんに。

2009年10月18日 (日)

平和な共鳴

久しぶりにバレエを見に行きました。クマテツのロミジュリ(熊川哲也の「ロミオとジュリエット」)です。クマテツを見るのはまだ4回目ですが、期待どおりの世界を見せてくれるので、安心して鑑賞できる。

幕間に、劇場の入り口が見える場所で飲み物片手に友人とおしゃべりしていたら、なんだか入り口がものものしい雰囲気。警護らしきスーツ姿の男性が5人、6人くらいウロウロ。
「誰が来るんだろう?」「鳩ちゃん夫妻?」なんていいながら見守っていたら、黒塗りの車が到着し、そこから降りたのはグレーのスカートを履いた女性。なな、なんと、美智子妃殿下!

十数メートル離れていて、しかも窓ガラス越しだったけど、その上品な空気がこちらまで漂ってくるようです!(と、ほぼ思いこみ)

もしかしてバレエをご覧に!?と思ったら、劇場の入り口とは反対のドアの方に消えていった。「(同じビル内の)美術展に行かれたのかなぁ」と友人といいながら、バレエの後半を見るために席に着くと、後半が始まる直前に、2階に美智子様が登場!!!!思わずみんな拍手ーーー。

私たちは1階席で、見上げるとすぐ美智子様、という位置。ああっ、正面の舞台よりも、左上の美智子様が気になるっっっ。美智子様のオーラが降り注いでいるようだわっ(と、これまた思いこみ)

後半が始まっても、しばらく舞台に集中できなかった。今日はちょっと良い着物を着てきて良かったわ〜heart01

舞台が終わったら、大勢の人が“出待ち”。もちろん、目的はクマテツではなく、美智子様。警護の男性が「みなさんもう少し下がってくださーい。携帯電話での撮影はご遠慮くださーい」と言いながら下々の輩(=私たち)を誘導。それでも携帯電話を構えている人がちらほらいるが、強く注意することはない。「5時くらいに出ていらっしゃるから、そのときは前の人たち、しゃがんでくださいね。そしたら後ろの方も見えるでしょ(にっこり)」なんて、妙にのんびりした警護。たぶん、ジャニタレ(ジャニーズのタレント)の警護の方がよっぽど厳しいのではないでしょうか。

果たして、5時過ぎに現れました、美智子様が!そのままさっさと車に乗り込まれるかと思ったら、最前列の人たちにわざわざお言葉をかけていらっしゃる。おそらく「楽しまれましたか?」とかなんとかおっしゃってるのでしょう。みんな湧く湧く。手を振る振る。「お元気でー!」などと勝手に話しかける人もいて、60年前じゃ考えられない光景ですよ!!!(って、60年前の光景など知りませんが)

それにしても、美智子妃を見てこんなに嬉しく感じるものだとは思いませんでした。決してモナキストではないつもりだけど、正直いって、とても感動してしまいました。何故でしょう(笑)

美智子様を目撃したことで、「今日ここに来て幸運だ」という思いを、その場にいた大勢の人が同時に感じる、この平和な共鳴。この人はこういう役目を担っているんだなぁ、だから被災地などを訪れて、被災者を元気づけることができるんだ。と、妙にナットク。

なんだかトクした気分のバレエ鑑賞でした。今日の「ありがとう」は、美智子妃殿下に。

2009年10月11日 (日)

1カ月半のブランク

なんと、約1カ月半ぶりのダイビングです。

普段、ひと月と開けずに潜っている身には、1カ月半ブランクがあると・・・・緊張する。復帰第1本目としては、まずまずの天気と潮。台風の影響が少しだけ残って、透視度は5〜8mと落ちてしまった。

Dscf0909 お食事をゲットしたアオリイカ。このときは、通りすがりに撮ったので、食べているシーンは見られなかったけど、目撃したことのある人の話によると、上手に餌の頭をくりくりくりっと外し、ゆっくり食べていくらしいです。

Dscf0912 いつもはうまく撮れないイソギンチャクエビ。今回はちょっと大きめ(1cm強)で、明るいライトをKちゃんが当ててくれたのでなんとか撮れました。いつも、このぽよぽよしたサンゴイソギンチャクに付いて、ほわほわと移動しています。透明でかわいい。

Dscf0970 そして、この日は妙にウミウシに気付いたMが見つけたミヤコウミウシの小サイズ。ミヤコウミウシはしょっちゅう伊豆の海で見かけるけど、だいたい10cm以上のドテーッとした大きいヤツ。「ミヤコ」なんて雅な名前は似合わない感じだけど、小さいミヤコウミウシはかわいい!青い斑点がきいてますね。

この日はダイバーがとても多く、IOPは大盛況。こんなにダイバーで混んでるIOPを見るのは何年ぶり???海の中もダイバー、ダイバー、ダイバー。海の上のダイバー、ダイバー、ダイバーでした。

2本目、海からあがってきたところ。混み混みです(^^;
Dscf0978

今日の「ありがとう」は、宣言通り、キビナゴの群れと光り物を見せてくれたKちゃんと、おいしいポトフとキッシュを作ってきてくれたMに。

2009年10月 7日 (水)

朝顔大作戦報告

数年ぶりの大型台風が上陸する予定。
東京は明日の午前中がピークのようですが、今はまだ、ごく一般的な雨。
19時頃はほとんどやんでいたくらい。嵐の前の静けさとはこのことか?

さて、いつのまにか夏が終わりましたが、今年の「OPERATION ASAGAO(朝顔大作戦)」はどうなったかというと、私が認識する限り、15輪が最大でした。でも2回ほど3日連続で不在にしたので、その間にもっと咲いていたかもしれません。

で、当初1種類だけかと思っていたら、結局合計4種類咲きました。
これが一番たくさん咲いたもの。紫に白い縁取り。
Dscf0332

こちらは上の種類とそっくりだけど、白い縁取り無しの紫。数は少なかった。
Dscf0806

これが一番きれいに咲いた薄青紫の花。形も一番きれいでした。目撃できたのは3輪ほど。
Dscf0805

そして、一番かわいらしい薄ピンク色ながら一番大判だったのがこちら。花びらが弱いのか、必ずどこか切れて咲いていました。
Dscf0342

今年はべっぴんの純白は無し。
来年もまた頑張るぞ!

今日の「ありがとう」は、メールをくれた方々に。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ