最近のトラックバック

« 第一朝顔発見! | トップページ | クールな水中のイカ・ベイビーズ »

2009年7月20日 (月)

いくらなんでも寒い!

7月だというのに、海の中は寒かった。

伊豆半島の海は秋が一番温かくて、地上が暑い7・8月の水温はそれほど高くない。分かっては居たけど、それにしても寒すぎです。15〜16℃って、冬の水温でしょ!6.5mmのウェットスーツ来て、冬用のブーツ履いて、グローブ付けて、フードかぶって潜ってた頃の水温。

Dscf0091 今回、ウェットスーツは6.5mmにしたものの、ブーツは夏・秋用、グローブ無し、フード無し。あまりの寒さに呼吸がいつもより早くなり、しまいには自分の呼吸音がうるさいくらいでした。透視度も落ちてしまって、こんな感じ。それでも魚はいっぱいいます。

Dscf0108 砂地で休んでいるトビエイのチビを見ていたら、ぬっと起き上がってひらりひらりと飛んでいった。ほかにも、久しぶりにムラサキウミコチョウを見たり(それも5匹!)、ウミテングbabyを見たり、カミソリウオを見たり、寒いながらもいろいろと楽しめました。

これはクロシタナシウミウシ。図鑑に載っていた写真よりもぼってりしていてかわいかった。けっこう大きくて15cmくらい。「クロシタナシ」ってなんでしょうね?
Dscf0098 後ろ側はこんな感じ→Dscf0099

今回は2日間の海合宿。仙台からわざわざ潜りに来たF井さん、ちょうど1年前に一緒に潜ったK田夫妻と会ったりして、寒いけどなかなか楽しいダイビングになりました。

合宿の「ありがとう」は安良里DCのスタッフと、一緒に潜ったみなさんに。

« 第一朝顔発見! | トップページ | クールな水中のイカ・ベイビーズ »

コメント

海水温は低い方が魚たちには良いのでしょうか。沢山の魚です。15度では冷たすぎますよね。
ウミウシって人気ですね。可愛いと思います。実物は?ですが。
冷たくて大変でしたね。次は温かくなってるかな?。

地上では丑の日にウナギならぬウミウシとご対面、そして海の日に締め括りとは、海の申し子のようなsuzieさんにぴったりお似合いのダイビング2日間でしたね。
それにしても夏の海中で15〜16℃って大変でした。素人にもその寒さが伝わり、どれほどなのか十分に実感できます。

>kazuyoo60さん

魚(画像の群)も温かい方がお好みのようで、浅い所に集まっていました(浅い方が比較的温かいのです)。

ウミウシはいろんな形・配色があるので、とても楽しいですよ。

>omotannさん

“丑の日にウナギならぬウミウシ”うまいですねー!座布団1枚!(笑)

19日は、ボートで水上を移動中や、器材を洗っている最中に、どこからともなくおいしそうなウナギの匂いが漂っていました。

冷たい海だけどfishはいっぱいいるんですね。

私は30度ちかくないとダメだー

>ひでこ儘さん

私も「30度ちかくないとダメだー」って言ってみたーい!
早く5mmのウエットに換えたーい!

暑い夏に、海の中の風景写真を見せて頂けるのは特に嬉しいです。
涼しくていいですね~。
魚もたくさんいてワクワクします。

って、実際は涼しさを通り越して寒かったんですか?!
そんなこともあるのですね。

ここ最近、こちらでは朝の海風が涼しく感じられる日が続きました。
太陽が照り付けだすと暑くなるんですけどね…。

>mariさん

地上が蒸し暑いと、冷たい海に入った瞬間は「気持ちいい!」って思うのですが、10分も経つと・・・・bearing

早く水が温かくなって欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/30635139

この記事へのトラックバック一覧です: いくらなんでも寒い!:

« 第一朝顔発見! | トップページ | クールな水中のイカ・ベイビーズ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ