最近のトラックバック

« 初めて見た、これが最後 | トップページ | ウミウシのセンス »

2009年6月19日 (金)

ギモンの余地有り

生まれた日に、死について考えてみる。

衆院で脳死A案が可決した。A案というのは、脳死を人の死と認め、15歳未満の子どもからの臓器提供も認めるという案。(たまたま数日前に、某テレビ番組でA・B・C・D案の“やさしい”解説を見たのだ)

例えば、もし自分に重い心臓病の子供がいたら、絶対的にA案を支持するだろう。なぜ認めてもらえないのか、認められないことがおかしいとすら思うに違いない。

しかし、以前、国内で臓器移植が行われたときの報道で(成人の臓器移植)、「脳死」が認められたドナーの病院から、アタッシュケースのようなカバンが、臓器移植を待つ複数の患者の元にそれぞれ運び出される映像が映し出されたときは、非常に衝撃を受けた。

私がドナーの遺族だったら、いたたまれないなぁ。脳死と宣告された瞬間に死体になっちゃうのか、と。

立場が違うと、法律の意味が違うのか、死の意味が違うのか。

しかしこんなに深刻で重要で微妙なことが、議員の多数決で決められてしまうのかと思うと、これまたフクザツな気持ち。まぁ、それ以外に方法がないのだろうけど。←本当に無いのか?それこそ、大いに疑問の余地有り

いずれにしろ、今まで無事に生きてきたことに感謝です。これまで関わったすべての人々に「ありがとう」と「これからもよろしくお願いします」。

« 初めて見た、これが最後 | トップページ | ウミウシのセンス »

コメント

人の死の上に移植を受けた人の生が繋がるのでしょう。
自分は構わなくても、自分の身内の臓器が取り出されるのは抵抗がある人が多いと思います。私のように父母もなく独り身なので、受け取り方は当然違います。
64歳の臓器、使えるのかな?。

お誕生日おめでとうございます。
楽しく有意義で、幸せな一年になりますように♪

この世に生をうけた瞬間から、死に向かって歩み始める私たち。
死を想うことは、その人の生き方に繋がりますね。

臓器移植の問題は、本当に難しいです・・・。
ドナーカードに本人が意思表示をしていても、必ずしも家族が賛成するとは限らないし。
「深刻で重要で微妙」であるからこそ、皆で真剣に考え続けなければならない問題だと思います。

お誕生日おめでとうございます。
自由時間が殆どない毎日で、今日は久しぶりにPCを
触れる時間ができて、しばらくぶりにsuzieさんの
所に来れました。
ずっと会ってないから会いたいなです。

早いもので、もうそろそろ父の一周忌です。
私は父の死亡解剖も可哀想で可哀想で反対したので
(母と兄は賛成した)身内の臓器移植に同意なんてと
ってもできないなー。

suzieさん、お誕生日おめでとう。
命の重さを考える良いお誕生日でしたね。
「自分」の体なら人様のお役に立てるのは有意義と思えるのですが、「家族」となると潔く提供できるか難しいところですね。
とにかく、みんな大事な命です。これからも心身ともに元気でいてくださいね。

お誕生日おめでとうございます。

国会で議論された時間が8時間だったかしら、
とにかく短すぎる。
そして居眠りしてた議員の(いわゆる大物と言われる
人たち)多いこと。。
そして、賛成の立場、反対の立場の親さんの
法が成立したときの対照的な表情が忘れられない
です。

>kazuyoo60さん

人によって受け取り方はだいぶ違うでしょうね。

> 64歳の臓器、使えるのかな?

何をおっしゃいますか。あとゆうに20年は元気にご自分で使えるではないですかhappy01

>mariさん

ありがとうございます。
きっと有意義で幸せな一年になります。mariさんはじめ、みなさんからたくさんメッセージをいただいたので。

臓器移植の問題・・・
真剣に考えて、真剣に語り合うべきですね。
あれ?私、真剣に誰かと語り合ったかな?coldsweats02

>うっちーさん

ありがとうございます。
久しぶりにPCを立ち上げて、アクセスしてくれたのですね。
やっぱり私たち、要所要所でグッドタイミングですねgood

お父様、もう一周忌になりますか。
うっちーさんはとても優しいからweep
でもお母様は医師の妻としての覚悟を常にお持ちだったのでしょう。
お父様は必ずうっちーさんを見守ってますよ。

>美奈子さん

ありがとうございます。
最近はなかなかお店に行くことができず、すっかりご無沙汰しておりますhappy02
それなのに、いつも気遣ってくださって済みません。

理想はあまねく健康で幸せであること。理想ですが・・・。

>つーみーさん

ありがとうございます。
つーみーさんとの出会い、今でも鮮明に覚えています。
あの頃からつーみーさんのイメージは変わっていません。
そして自分も変わっていないつもり(笑)

考え方は立場によって異なるでしょう。
さまざまな立場を想定し、想像し、歩み寄ることが大切ですね。
難しいことですが、国を率いる人がそれを示してくれることを望みます。

遅ればせながら誕生日おめでとうございます。
「死の尊厳」に思いを致すとは、誠に意義深い日となりましたね。
どうか実り多い1年でありますように祈念いたします。

臓器移植問題は古くて新しい課題です。避けては通れない道と知りつつも未だに結論を出せずにいますが、過日最愛の肉親を失ったばかり身にあって、臓器移植を是とする通奏低音には至っておりません。

>omotannさん

ありがとうございます。

なかなか自分なりの結論を出すのは難しいですね。
ちゃんと考えるための材料として、さまざまな異なる意見を聞いてみると、よけいに考えが揺らいでしまいます。
でもまず、考え続けることが大事ですね。

おおおっと。遅れましたが・・・
お誕生日おめでとうございました!
命について考えるお誕生日。
SUZIEさんとてもいい時間を過ごされましたね!

生まれたら必ず死ぬ。
当たり前のことだけどなかなか普段考えもしない死についてのこと。。。
自然の中にいると、ほんとに簡単です。
生きることは子孫をのこすため。
死ぬことは、他の命につなげるため。

臓器移植の問題は、
自分だけの死ではないから
難しい問題になるのでしょうね。

考えても正しい答えはひとつでないような気がします。

>Gochanさん

ありがとうございました!(笑)

生きることは子孫をのこすため、ですか。
これだけで相当大きなテーマですね。

正しい答えはひとつじゃない(おそらく、正しい答えはないかもしれない)けど、どれか1つに絞らないといけないのでしょうかね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/30180330

この記事へのトラックバック一覧です: ギモンの余地有り:

« 初めて見た、これが最後 | トップページ | ウミウシのセンス »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ