最近のトラックバック

« 春のモードは水玉 | トップページ | ★十の手習い »

2009年4月13日 (月)

たけのこが待ちきれないときは

Dscf8373 たけのこを買いました。今度はたけのこご飯と決めていたので、予定通りたけのこご飯に。 

先日、某公共放送の料理番組で、たけのこをゆでずに、大根おろしの汁であく抜きする方法を紹介していたので、それを試してみました。

大根おろし汁カップ1、水カップ1、塩小さじ1くらいを合わせ、皮をむいて切ったたけのこを30分以上浸す。あとはゆでたけのこと同様に調理するのみ。

味がはっきりわかるように大きめに切って炊きました。今まで味わったことのない独特の風味・・・・もしかしてアクが残ってるのかな?(^^; でもえぐみは無いから、ちゃんとアク抜きできていると思う。長時間ゆでるという過程がないため、しゃくしゃくと歯ごたえがある。いつもとちょっと違ったたけのこご飯。

30分くらいですぐに調理できるから、これは便利!でも大根をおろすのが重労働でもある。ゆでたたけのこの皮をむいたときのあの香りも捨てがたい。どちらでも、そのときの気分と時間と体力に合わせて。

今日の「ありがとう」はN○Kの料理番組に。

« 春のモードは水玉 | トップページ | ★十の手習い »

コメント

大根おろしですか。知っておくと便利ですね。私も大根おろしは苦手ですが。(笑い)
美味しそうに炊かれましたね。風味が違う、一度試さないとこればかりはですね。

>kazuyoo60さん

大根おろしを大量に使う料理も献立に加えておかないとならないですね(笑)

大根のおろし汁でアク抜きをする方法、初めてお聞きしました。
しゃくしゃくの歯ごたえ、いつか味わってみたいと思います(^^)

本当に、たけのこのおいしい季節になりましたね♪
倉敷はたけのこで有名な場所(真備)がありまして。
ありがたいことによく頂くのです。
先日はお隣さんから「“たけのこ”はたくさんあるでしょう?これで木の芽和えでもして!」と“木の芽”を頂きました。
素晴らしいお気遣いにビックリです。

>mariさん

以前、omotannさんからのコメントでも、倉敷に全国有数のタケノコ産地があると教えていただきました。
今は春を味わうのに大忙しいですね(^^)

“木の芽”をくださるとは、とてもセンスのいい差し入れですね。
おいしい一品ができたことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/29115552

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこが待ちきれないときは:

« 春のモードは水玉 | トップページ | ★十の手習い »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ