最近のトラックバック

« たけのこが待ちきれないときは | トップページ | アラカンの麗しさよ »

2009年4月19日 (日)

★十の手習い

Dscf8387 地元の桜は八重桜、もうすっかり満開を過ぎて、地面には桜の斑点。

ここでは、樹に花が満開の風景より、桜吹雪で地面に桃色のカーペットができるこのタイミングが好き。ときに強いビル風が吹くと、2階以上の高さまで花びらが舞って、まるで映画のよう。

Dscf8392 さて、光のどけき春の日に・・・・始めてしまいました。お茶の稽古。 

覚えなければならないこといっぱいで、もともと記憶力の悪い私は、常に頭の中は真っ白。今教えてもらったばかりのことも、真っ白。すぐにリフレッシュしちゃうメモリーなのだ。

まだ2回しか稽古していないけど、もう目まぐるしくて(@_@)、ひとつ教えてもらうごとにフリーズ(*_*)
でも楽しい。和菓子もたくさん食べられるので幸せ。

そして実は…、習字も始めちゃいました。これまたけっこう楽しいです。小学校の頃は、むしろ苦痛だったけど。

半紙に四文字書くのに、軽く走ったくらいの息切れ。「四文字も集中力続かないよ〜」って思いながら筆を運んでます。横画くがうまく書けずに、「一」ばかり書いて練習したりとか。プリミティブな行動のようでいて、なかなか深いんですよ、これが。横棒に己の未熟さが表れている!なんてね。

この年になって習い事2つも。でもこれから数十年も生きる予定なので、時間は十分ある…はず(苦笑) 頑張らねば。

今日の「ありがとう」は、原稿とメールをしっかりチェックしてミスを見つけてくれたSさんとU君に。

 


« たけのこが待ちきれないときは | トップページ | アラカンの麗しさよ »

コメント

釣り釜ですか。初めて見ます。お茶のおけいこ、正座大丈夫ですか。
フリーズって、こんなところでも、うふふふふ。
習字もですか。私は何度生まれ変わっても無理かな?。
思い立たれた時が吉日、良いのに出会われました。

>kazuyoo60さん

正座、全然ダメです(^^;

今のところ、大目に見てもらって、正座をごまかす低い椅子をお借りしてます。
でも、いつまでもごまかしていたら、正座できるようになりませんね。

お茶もお習字も大好き〜
でもすっかり離れています。倉敷のお茶の先生に「上京しますのでやめさせていただきます。」と申し上げたら「卒業ではなく休学にしてあげます^_^」と有り難いお言葉いただきました。

九年お茶を習った私の感想。お茶は十年やってもまだまだひよっこ。三年や五年やそこらでは学んだうちに入らない。
suzieさん、気長に楽しんでくださいね。
着物も100回は着ないと着物のことを語れない気がする。その点suzieさんは(私の作業着着物と違って)素晴らしい着物人と尊敬しています。

>美奈子さん

美奈子さんの入れてくださるお茶は美味しくて大好きです(^^)
本当にお茶は深くて、学ぶこといっぱいで、・・・・(^^;
はい、気長に頑張ります。

お誉めの言葉、ありがとうございます。
でも、着物は自分で着られるけど、語れるほどではありません。まだまだ知らないことだらけです(><)

習い事を始められたのですね。
素敵なことですね♪

思い立ったが吉日。
やりたいと思うことがあって、それをする実行力もあって。
格好良いです(^^)
どうぞ楽しんで続けられますように♪

実は私も昨年、新しいことを始めました。
今思うやりたい習い事や活動ができているので、幸せです(^^)

>mariさん

mariさんは何を始められたんですか?
ブログに書いてましたっけ?

「幸せ」を感じるにはまだ時間がかかりそうですが(今は目まぐるしくて息切れ状態)、長く続けたいと思います。

幾つで始めても、決して遅すぎることはありません。
どうか楽しみながらいつまでもお続け下さい。
継続こそは力です。

小学生の頃、ちょっとだけ習字日曜教室に通ったにも拘らず、 生まれながらの無類の悪筆は如何ともしがたく今日に至っています。
これまでにも何度か習字をと考え、用具だけは用意したのですが実現せず仕舞いです。

>omotannさん

実は私も今まで、自分で(教室などに通わずに)下手字を矯正しようとペン字のガイドブックを購入したことがあるのですが、ほとんど実行せず。
今の書道塾は硬筆も教えてくれる予定なので、なんとか人並みの字になるようにしたいと思っています。

omotannさんはギターを楽しまれていますね。
音楽のある生活、素敵ですね。
omotannさんもどうぞ長くお続けください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/29212580

この記事へのトラックバック一覧です: ★十の手習い:

« たけのこが待ちきれないときは | トップページ | アラカンの麗しさよ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ