最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

会えて良かった

どうしても会いたくて会いたくて、ゴールデンウィーク後まで待ちきれなくて、それよりもゴールデンウィーク過ぎたら会えなくなるかもしれないので、片道3時間半かけて会いに行ってきました。

Dscf8447 ダンゴウオheart04ちょっと大きめの約2.5cm。お腹が大きいお母さんダンゴです。入れ替わり立ち替わりカメラを持って現れるダイバーに「もーっうるさいわねっ」って顔してます。

ダンゴウオといえばここ!と言われる八幡野で潜ったのですが(でも、今年は葉山が盛り上がっているらしい)この日一緒に潜ったCさんはなんと、経験本数2200本!身近ではいつも一緒に潜っているKちゃん(1600本以上)がノンプロで最大だったけど、ファンダイブだけで2000本超えって、いったいどういう生活してんねん!!八幡野の海に惚れ込んで千葉から移り住んできたとのこと。やわらかい声でのんび〜りした話し方の女性でした。

Dscf8483 まずダンゴウオをおさえたあとは、ガイドが「是非見て欲しい」と案内してくれたバルスイバラモエビ。スナイソギンチャクの上を軽やかにステップしている紅白のボディ。約1.5cm。案内したくなる気持ち、分かります。

Dscf8489Dscf8451 海草が気になる私は、ぽつんとひと粒あったバロニアが猫目石みたいなので撮ってみました。バロニアはこんなふうにグループで生えているのをよく目にします→

透視度は3〜8m。でも快晴のおかげで太陽の光がたくさん差し込んで、とっても明るく感じました。太陽ってありがたい。春濁りが戻ったためか、あるいはゴールデンウィークでみなさん遠出しているためか、びっくりするほど空いていました。休日晴天でのんびり潜れるなんてラッキー。

今日の「ありがとう」は、ダイビングショップ海好きのみなさんと、一緒に潜ったCさん、Tさん、Mさんに。

2009年4月27日 (月)

アラカンの麗しさよ

観劇報告は久しぶりのような気がする。

四月の歌舞伎座夜の部は、「彦山権現誓助太剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」「廓文章(くるわぶんしょう)」「曽根崎心中」。で、お目当ては廓文章。放蕩三昧で勘当された若旦那・伊左衛門に仁左衛門丈。

なんて素敵なんでしょう、仁左さん。登場の際に笠で顔が見えないときから、やわ〜い身のこなしがなんとも色っぽい。借金まみれで家を追い出された身なのに、羽振りが良かったときと変わらない偉そうな態度を取ってみたり、夕霧会いたさにすねまくってみたり、なんともかわいらしい。

大きい部屋をいくつも横切っていくところや、夕霧が来るのを楽しみに待つ様子はとっても笑えるんだけど、決して三流喜劇にならないんですね。

そして登場した夕霧・玉三郎丈のゴージャスなこと!コミカルな伊左衛門に対して、夕霧は終始深刻な表情。長いこと姿を見せなかった伊左衛門を思うあまり、健康を害してしまったのだ。すねたり当たったりする伊左衛門に逆ギレすることもなく、自分がどれだけ伊左衛門のことを思っていたかを静かに訴える夕霧。玉様の傾城は美しくて迫力があります。

最終的には伊左衛門の勘当が解けて、実家が夕霧の見受け代金を払ってくれて、二人はめでたく夫婦になれるのでした。という、脳天気なハッピーエンド。

座敷の華やかな正月飾りと、絵になる伊左衛門&夕霧=仁左衛門丈&玉三郎丈。とてもうきうきした気持ちになれる演目。麗しのご両人にうっとりheart04でした。仁左衛門丈、御年65歳。玉三郎丈、御年59歳。艶やかです。

来月の歌舞伎座は團菊祭です!行きますよー!

今日の「ありがとう」は、緑のワインをごちそうしてくださったM夫妻に。

2009年4月19日 (日)

★十の手習い

Dscf8387 地元の桜は八重桜、もうすっかり満開を過ぎて、地面には桜の斑点。

ここでは、樹に花が満開の風景より、桜吹雪で地面に桃色のカーペットができるこのタイミングが好き。ときに強いビル風が吹くと、2階以上の高さまで花びらが舞って、まるで映画のよう。

Dscf8392 さて、光のどけき春の日に・・・・始めてしまいました。お茶の稽古。 

覚えなければならないこといっぱいで、もともと記憶力の悪い私は、常に頭の中は真っ白。今教えてもらったばかりのことも、真っ白。すぐにリフレッシュしちゃうメモリーなのだ。

まだ2回しか稽古していないけど、もう目まぐるしくて(@_@)、ひとつ教えてもらうごとにフリーズ(*_*)
でも楽しい。和菓子もたくさん食べられるので幸せ。

そして実は…、習字も始めちゃいました。これまたけっこう楽しいです。小学校の頃は、むしろ苦痛だったけど。

半紙に四文字書くのに、軽く走ったくらいの息切れ。「四文字も集中力続かないよ〜」って思いながら筆を運んでます。横画くがうまく書けずに、「一」ばかり書いて練習したりとか。プリミティブな行動のようでいて、なかなか深いんですよ、これが。横棒に己の未熟さが表れている!なんてね。

この年になって習い事2つも。でもこれから数十年も生きる予定なので、時間は十分ある…はず(苦笑) 頑張らねば。

今日の「ありがとう」は、原稿とメールをしっかりチェックしてミスを見つけてくれたSさんとU君に。

 


2009年4月13日 (月)

たけのこが待ちきれないときは

Dscf8373 たけのこを買いました。今度はたけのこご飯と決めていたので、予定通りたけのこご飯に。 

先日、某公共放送の料理番組で、たけのこをゆでずに、大根おろしの汁であく抜きする方法を紹介していたので、それを試してみました。

大根おろし汁カップ1、水カップ1、塩小さじ1くらいを合わせ、皮をむいて切ったたけのこを30分以上浸す。あとはゆでたけのこと同様に調理するのみ。

味がはっきりわかるように大きめに切って炊きました。今まで味わったことのない独特の風味・・・・もしかしてアクが残ってるのかな?(^^; でもえぐみは無いから、ちゃんとアク抜きできていると思う。長時間ゆでるという過程がないため、しゃくしゃくと歯ごたえがある。いつもとちょっと違ったたけのこご飯。

30分くらいですぐに調理できるから、これは便利!でも大根をおろすのが重労働でもある。ゆでたたけのこの皮をむいたときのあの香りも捨てがたい。どちらでも、そのときの気分と時間と体力に合わせて。

今日の「ありがとう」はN○Kの料理番組に。

2009年4月12日 (日)

春のモードは水玉

地上はぽかぽかの春ですねー。久しぶりに東名高速で伊豆に向かったら、途中に長い桜並木があってびっくり。こんなところにこんなに桜の樹が植わっていたなんて知らなかった。

Dscf8320 水中ではサガミリュウグウウミウシが見られるとのことで探しに行ったものの発見できず。その代わり、ミズタマウミウシを見つけました。生まれて初めて!なんってきれいでかわいらしい。バッチリ撮影したつもりだったのに、ちょっとピンぼけ(T_T)

Dscf8328 ウミウシ探しに精を出していると、キビナゴの大群がものすごい勢いでびゅんびゅん逃げ回る。この動きからして、カンパチでも登場するのじゃないかと期待していたけど、残念ながら現れず。

Dscf8303 砂の上には久しぶりのシビレエイ。なんだか衛星放送「ス○パー!」のロゴマークに似てませんか?

Dscf8359 今年の春はお昼ご飯はうどん鍋でした。水中はまだ冷たいので、やっぱり暖かいお昼ご飯がほっとします。うどんを撮影中のY。

土曜日の「ありがとう」は、いつものM、Y、Kちゃん、Iちゃんと、特別参加のY子とSちゃんに。

2009年4月10日 (金)

いつまで我慢できるかな

今の部屋に引っ越してから1年3カ月。私の直後に真上の部屋に入居した住人が、たいへん力強く歩行する方のようで、つまり、足音がとてもうるさい。

一応鉄筋の建物なのに、このドスドスという足音は、いったいどういう歩き方をするとこうなるのだろうか。しかも、たいして広くない部屋を、なぜこうも行ったり来たりしているのか。

2回ほど不動産屋に連絡したのだけど、いっこうに効果無し。本人、悪気がまったくないだけに、直しようがないのでしょう。「ただ普通に歩いているだけ」なのだから・・・本人としては。

たまに、ご近所トラブルの事件など耳にするけど、分かりますよ、その気持ち。このドスドスと頭に響く音と振動、非常にストレスです。あやうく負(マイナス)の感情が沸き出しそうになる。

私が出て行くのが先か、向こうが出て行くのが先か・・・・。

Dscf8240ちょっと気持ちを鎮めようと、歩いて数分の、とある大邸宅の前に。私と同じ名字のその家には大きな桜の樹があって、いつもこの時季には、みんなの目を楽しませてくれる。もうすっかり満開を過ぎて、道路に花びらがたくさん散っている。

水面に流れる花びらは花筏というけれど、路上に広がる花びらはなんというのでしょう。

あー、少し落ち着いた。このまま、また負の感情が生まれる前に寝てしまおう。

今日の「ありがとう」は○○さんちの桜に。

2009年4月 5日 (日)

桜が満開になると

Dscf8201 桜が咲くとなぜ嬉しいんだろう?
桜が満開になるとなぜ哀しいんだろう?

週末の暖かさで一気に満開に!開苑時間に合わせて、馬事公苑に散歩に行きました。ソメイヨシノは満開!空が見えないくらい、桜・桜・桜。もう桜が散ってしまうのか、と思うとなんだか寂しい。しだれ桜はまだ4〜5分咲き。次の週末が見頃かな。

Dscf8230 馬事公苑は、字のごとく馬の公苑です。乗馬の練習風景を気軽に見学できるし、こんなふうに桜の下を、馬がてくてく歩いたりしています。絵になるなぁ。白馬にまたがった王子様(?)ですね(笑)

正しくは、これは白馬ではありません。白馬って、本当に頭のてっぺんから足の先まで真っ白な馬のことで、かなり希だそうです。全体的に白っぽくて、灰色の部分もある馬は葦毛というらしい。

馬も桜が咲いて嬉しいかな。桜が満開で哀しいかな。

今日の「ありがとう」は、馬事公苑の馬たちに。

2009年4月 4日 (土)

初心に戻ってゴロゴロ

Dscf8097 今日は天気も良く、気温もぐんと上がって、IOPの桜もほぼ満開。途中の桜並木も本当にきれいでした。

海の中はと言えば、2週間前の「こぶ茶」のような春濁りから、だいぶ回復。10m以上、ときには12mくらい見えています。

ダンゴウオの幼魚がいるとの情報を得て、砂地に捜索に出かけました。アントクメにライトを当てて、じっくりじっくり探したけど、なかなか見つからない。まずい、NDL残り2分。もう上がらないと…。そのときKちゃんが「居る!」と。私「どこ!?」。Kちゃん「ここ!」。私「わかんない!」。Kちゃん「これ!」。私「どれ!?」。Kちゃん「ほら!動いてる動いてる!」。←ほんとにお互いちゃんと聞こえたんですよ、水の中で。

ここでもうタイムリミット。Kちゃんが示した物体は、赤っぽい0.5mmくらいの丸い点で、ちょろりちょろりと動いていた。あれがたとえダンゴウオの幼魚だったとしても、「見た」とは言えないなぁ。

あとでKちゃんのカメラをチェックしたけど、残念ながらちゃんと写っていなくて、真偽のほどは水の中、いや藪の中。もうちょっと育ってから会えるといいね。

Dscf8131 ダンゴウオ探しに必死になっていたので、他にどんな魚たちとすれ違ったのか、あまり記憶に残っていない。こんな小魚の群れに会ったっけ。

この日は、風が強くて、けっこう波が立っていた。といっても、IOPではめずらしくない程度だったのですが、なんとエントリの際に、波に巻かれてゴロゴロしちゃいました。波に向かって入り込もうか、もうひと波待とうか一瞬躊躇して、やっぱり入っちゃえ!と波に向かっていったらゴロゴロゴロ〜っと。あー恥ずかしい。他のダイバーに見られてるぞ。「あーあ、あの人、悪いタイミングで入ったから巻かれてるよ」とか言われてるに違いない。早く体勢復帰しないと!と思いながらグルグル。誰にも手をさしのべてもらえないので(苦笑)、自分で立ち上がって体勢を立て直し、再び海へ。今度はスムーズにエントリできました。

まさか、今さらIOPでゴロゴロするとは思わなんだ(><) ちょっと初心を思い出すために波にもまれてみました(言い訳、言い訳)、ということにしましょう。

今日の「ありがとう」は、KちゃんとIちゃんに。

2009年4月 2日 (木)

たけのこの刺身が食べたい

生たけのこが売られていたので、買ってきて、
Dscf8086

ゆでました。ほんのちょっとしか食べるところがない。
Dscf8091

何を作ろうか迷ったあげく、空豆と合わせて薄くず煮にしました。
Dscf8094

ごちそうさまでした。
次回はたけのこご飯を作ろうっと。

ああ、たけのこの刺身が食べたいなぁ。

今日の「ありがとう」は山の幸に。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ