最近のトラックバック

« 低気圧真っ最中のサプライズ | トップページ | 驚異の羊 »

2009年3月22日 (日)

自分の限界を知れ

人生に必要なことは海が教えてくれる。というわけで、今回は己の限界を知りました。

ロクハンで潜れるのは水温13℃台まで。正確には、13℃台前半に突入するとかなり厳しい。

Dscf7817 前週に水温13℃の富戸の海を満喫し、これでもうこの冬は怖いものなし!と、三連休に安良里合宿に挑んだら、ダイビング人生で初めて水温12℃台を記録しました。おそらく、12.8℃とか12.9℃とか、限りなく13℃に近い数値だとは思いますが。ダイコンが「13℃」を表示しているときから、「なんだか13℃にしては寒い・・・今までの13℃とは違う」と感じていましたよ。素晴らしい野生の感覚(自画自賛)。

Dscf7716 おまけに透視度2〜4mで視界が悪く、視覚的にも寒さ増幅。これが限界だと悟りました。今後13℃を切ったら潜りません。でも、潜ってみないと分からないんですよねー、13℃なのか12℃なのか。

Dscf7798 さて、透視度が限定的だと、自ずと選択肢も限定的になり、3日間、鑑識官のようにウミウシ捜索に精を出しました。大きいのから小さいのまで。写真はアカエラミノウミウシ。下の黒い丸い物体は、グローブをはめた人差し指です。

3日間で合計39種類でした。

Dscf7704 そして、例のごとく、3日間で1週間分くらいの栄養を摂取してしまいました。これはマグロの刺身としめサバ。このほか、ブダイの煮付け、サンマ寿司、イカの沖漬けなどなど。

いろんな意味で海を堪能した3日間でした。連休中の「ありがとう」は安良里DCのみなさんに。

« 低気圧真っ最中のサプライズ | トップページ | 驚異の羊 »

コメント

氷の海に潜られる方もいらっしゃいますが、潜水時間はおのずから限られるでしょう。その海しかの目的があってのことでしょうが、楽しんで潜られないと、ですよね~。
ウミウシの種類の多さはそれとなく知っていますが、この子、小さいですね。
美味しそうな刺身です。ブダイの煮付けですか。さすがに沖縄ですね。

>kazuyoo60さん

安良里(あらり)は沖縄ではなく、静岡県伊豆半島の西伊豆というところにあります。

ブダイの煮付け、初めて食べました。

「人生に必要なことは海が教えてくれる。」
良い言葉ですね。
海を愛していらっしゃる方ならではのお言葉です。

水温の1度の差は大きいでしょうね。
海に暮している魚たちでさえ、少しの温度の変化で様子が違ってきますもん。
限界を知るということは、付き合い方が分かるということ。
良かったですね(^^)

それにしても。
毎回美味しそうなお食事で羨ましいです~。

>mariさん

いや〜お恥ずかしいhappy02
どこかで聞いたことのある言葉に「海」を当てはめただけなのですが、まぁ自分の経験に合っているかなと思っています。

なかなか限界を知る機会はないのですが、今回本当に、「これが限界です!」という感じでした(笑)

本文には書きませんでしたが、具だくさんのキムチ鍋なんかもありました。ダイビングの合間には暖かいお汁粉もいただきました。

緑の海。海藻の茂みの中みたいです・・。伊豆は海の幸が新鮮で豊富で、寒さが苦手の私もそれは捨てがたかったです・・。

>ばななちょこみるくさん

さらに伊豆には温泉がありますからねspa
ダイビング後の温泉、気持ちいいっす!

ウミウシも綺麗だが、刺身が美味しそう。包丁捌きが見事です。切り口が実に綺麗に捌いてあります。
 ス-ジーさん、潜りに行くのは半分は食い意地に惹かれていくんですね。

>ジージさん

お刺身もしめ鯖もサンマ寿司もおいしかったです。
伊豆はもちろん、海に惹かれていくのですよ!wave
で、美味しいモノがもれなく付いてくる、とfish

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/28759739

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の限界を知れ:

« 低気圧真っ最中のサプライズ | トップページ | 驚異の羊 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ