最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

ビルの間で春の夢

ソメイヨシノは開花宣言以降、花冷えで開花は進まず、こちらとしてはありがたいことに、見頃までにもう少しかかりそうです。

Dscf8012 で、「満開」という情報の小石川後楽園のしだれ桜を見に行きました。私の頭の中のしだれ桜は、情がこもったように、湧き出るように咲いている姿だったけど、ここのしだれ桜はもう少しあっさりと清楚な感じかな。ちょっと薄曇りの空の下だったから、そう感じたのかもしれない。

Dscf7994 訪れた人は銘々にデジカメを持ち上げて撮影大会。三脚を使ってしっかり撮影する人や、写生をする人たちも。

高層ビルがすぐそばにそびえ立つ中で、こんな風景。なんだか不思議です。不思議だけど、都内では珍しくない風景。
Dscf7999

Dscf8082 肌寒い中、花を堪能したあとは、当然『団子』。ということで、紀の善で腹ごしらえ。餡豆寒を食べました。ボリュームたっぷりです。

その後、ビッグサイトで開催されているダイビングフェスティバル(ダイフェス)に。久しぶりに訪れたビッグサイトは大きかった!驚くほど、近代的な、鉄骨な、建物だった。そして、ダイフェスは、規模がいっそう小さくなっていた(T_T)

ダイフェスは、展示会場はほとんど回らず、今まで参加したことのなかったセミナーなんぞに顔を出してみた。安全とかスキルとかに対する認識を改めさせららたと同時に、今まで本当に「運良く」無事にダイビングをしてきたんだなと実感。それは「運良く」いいダイバー(ガイド)に出会えたとか、「運良く」いい海に出会えたとか。

週末の「ありがとう」は、しだれ桜と今まで出会ったダイバー達に。

2009年3月25日 (水)

驚異の羊

あまりに感動的で、拍手と驚嘆の声がとまらず、涙すら流しそうになりました。

残念ながらWBCのことではありません。

遠きウェールズの羊飼いの見事な技を駆使した「Extreme Sheep LED Art」。着想にも驚くけど、これを実行した労力と時間にも驚きです。

こんなに楽しくて、もしかしたら無駄かもしれないことに、これだけのエネルギーを注ぎ込めるなんて、なんと素晴らしい!

羊飼いのおじさんたちに「ありがとう」。

2009年3月22日 (日)

自分の限界を知れ

人生に必要なことは海が教えてくれる。というわけで、今回は己の限界を知りました。

ロクハンで潜れるのは水温13℃台まで。正確には、13℃台前半に突入するとかなり厳しい。

Dscf7817 前週に水温13℃の富戸の海を満喫し、これでもうこの冬は怖いものなし!と、三連休に安良里合宿に挑んだら、ダイビング人生で初めて水温12℃台を記録しました。おそらく、12.8℃とか12.9℃とか、限りなく13℃に近い数値だとは思いますが。ダイコンが「13℃」を表示しているときから、「なんだか13℃にしては寒い・・・今までの13℃とは違う」と感じていましたよ。素晴らしい野生の感覚(自画自賛)。

Dscf7716 おまけに透視度2〜4mで視界が悪く、視覚的にも寒さ増幅。これが限界だと悟りました。今後13℃を切ったら潜りません。でも、潜ってみないと分からないんですよねー、13℃なのか12℃なのか。

Dscf7798 さて、透視度が限定的だと、自ずと選択肢も限定的になり、3日間、鑑識官のようにウミウシ捜索に精を出しました。大きいのから小さいのまで。写真はアカエラミノウミウシ。下の黒い丸い物体は、グローブをはめた人差し指です。

3日間で合計39種類でした。

Dscf7704 そして、例のごとく、3日間で1週間分くらいの栄養を摂取してしまいました。これはマグロの刺身としめサバ。このほか、ブダイの煮付け、サンマ寿司、イカの沖漬けなどなど。

いろんな意味で海を堪能した3日間でした。連休中の「ありがとう」は安良里DCのみなさんに。

2009年3月14日 (土)

低気圧真っ最中のサプライズ

IOPで潜るつもりが、予報通りの強雨&強風で「台風みたいに」荒れてクローズ。この分では他のポイントもほぼダメみたいだし、潜れるポイントでもミソ汁状態みたいだし、「箱根で日帰り温泉」に計画変更にしますか?と思っていたら、意外にもすぐ近くの富戸が「べた凪」との情報。

半信半疑ながらも行ってみると・・・・、べた凪ってほどではないにしても、地上の悪天候からすれば驚くほど穏やか。

で、数年ぶりに富戸のヨコバマを潜りました。透視度8〜10m。前日にミソ汁の井田を潜ったIちゃんとKちゃんは「おー!きれー!」を連呼。

Dscf7542 ちなみに水温13.6℃でございました(私のダイコンは小数点以下が表示されません)。注:ダイコン=ダイブ・コンピュータ

Dscf7565 海草のそばをちらちらと小さい魚がまとわりついている。もしかして、サギフエ?と近寄ったら、本当にサギフエだった。すごい!3mくらい離れたところから見つけたぞ!と喜んでいたら、けっこうそこらに何匹もいました。でも、私がサギフエを見るのは何年ぶりだろう?IちゃんとKちゃんも久しぶりらしく、バシバシと撮影大会。

黄色いベニカエルアンコウとか、マツカサウオとか、ナヌカザメも見つけて、寒さを忘れてたっぷり水中散歩を楽しみました。

先月あたりから、海草がとても気になる。鮮やかに紅くて、なんとなくふち取りしてあるこれとか、ぺろんと広がってキラキラ斑点があるこれとか・・・・。
Dscf7574 Dscf7602

Dscf7610 ダイビング後は、富戸名物の温泉丸でぽっかぽか。船に温泉を貯めてあって、いつでも暖まれるのです。このおかげで、水温13℃の海でもダイジョブでした。私以外にも、ウェットスーツの人、2人くらい居ましたよ!!

Dscf7614 2本潜ったあとは、Mが用意してくれた肉団子鍋。肉団子、でかっ!ご飯は失敗したので画像無し。

伊豆ってサプライズがいっぱいだな〜。今日の「ありがとう」は、Kちゃん、Iちゃん、Mに。

2009年3月 3日 (火)

久しぶりにちらし寿司

三月三日、桃の節句です。

Dscf7493 雛人形はないけど、はまぐりのうしお汁とちらし寿司を作りました。錦糸卵はめんどうくさいので、炒り卵で。なんだか、ちらし寿司に見えませんが・・・。

ちらし寿司を作ったのはとても久しぶり。何かきっかけがないと、なかなか・・・・ね。でも、たまにしか作らないから、どうしても手際が上達しなくて、相変わらず時間がかかる。

雛あられも揃えたかったけど、買ってしまうとひと袋ぱくぱくっと食べてしまいそうなので我慢我慢。

無事に桃の節句を過ごしました。

今日の「ありがとう」は、PASMOで買い物ができたam/○mに。

2009年3月 1日 (日)

カニとハナモモと幸福指数

快適でゆったりした家を建てるのは一生無理かもしれないが、快適でゆったりした家に住む友達をもつことは可能だ。

Dscf7481 というわけで、昨年10月に完成した知人宅に遊びに行きました。北欧式ログハウスだそうです。ログハウスというと、丸太をがっつり組み合わせた造りを想像しますが、最近では、パネルを使ったこんな感じの壁に仕上げているものが人気らしい。全景は紹介できませんが→

Dscf7409 吹き抜けの2階建て。床暖房。南向きの居間には大きい窓(もちろん二重構造)、薪ストーブ(画像はモデルルームではありませんよ)。お風呂はサウナ付き!

[左]広いキッチンでは女性陣が夕食の準備。みんな手際がいい(私は見ているだけ)。[右]家のオーナーであるN氏が薪ストーブに火を入れてくれました。うまく火を付けるにはコツがいるんだとか。

Dscf7443 Dscf7436

夕食は、カニ鍋!おつまみにカワハギの刺身、サバの干物、豚モツのニンニク炒め、海鮮サラダなどなど。ワインはシャンパン→白→ロゼ→赤。カニ鍋は最後に白菜とラーメンを入れてたいらげました。ああ、シ・ア・ワ・セ。

一夜明けて帰宅し、その夜はご近所になったM夫妻と一緒に夕食。中華料理の店で・・・・。ここでまたメニューを挙げると、「どんだけ食べてるんだ!」ってことになるので省略。満腹です。

Dscf7487M夫妻にいただいたハナモモ。花をもらうのはとても嬉しい。しかも枝ものを手に入れる機会はなかなかないので、これまたシ・ア・ワ・セです。とりあえず瓶に差しただけなので形がなっていませんが(言い訳)。あとでちゃんと生け直します。

週末の「ありがとう」はログハウスのオーナーN夫妻、Yちゃん、Tちゃん、Y子さん、Sちゃん、お花をくれたM夫妻に。

 

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ