最近のトラックバック

« 雲の晴れ間に目の保養 | トップページ | 画像でふりかえる秋の海 »

2008年10月 9日 (木)

野球ファンじゃないけれど

王監督引退。お疲れ様でした。

常々、王貞治氏は過小評価されていると思っていました。
もちろん、氏のすばらしさは全国に知られていますが、選手・監督としての実績、そして人柄(実際に会ったことはありませんが)を考えれば、もっともっともっともっと、今の10倍は評価されていい人だと思います。

だって、「世界の王」ですよ。King of the Worldですよ!

元巨人選手が、巨人というブランドを離れても、これだけ活躍し、功績を残した人は他にいるのだろうか。

でも、それほど華やかな扱いにならないのは、ご本人の謙虚さゆえか(実際に会ったことはありませんが)。

最後の試合が対楽天というのも地味だし、花束を渡した人が野村監督というのも地味だし(笑)
いやいや、ノムさんが悪いというのではないですが、ここで政治家だの、芸能人だのが、サプライズで出てきてもおかしくない人なのに。

野球には詳しくない私ですが、私にとって巨人といえば王、ナ○ナといえば王、オ○ナミンCといえば王、ボ○カレーゴールドといえば王選手です。

ちなみに実家にはかつて、王選手のサイン入りグラブがありましたが、あれはどこにいっちゃったんでしょうね?誰かにあげちゃったのかな?

今日の「ありがとう」は、もちろん王監督に。

« 雲の晴れ間に目の保養 | トップページ | 画像でふりかえる秋の海 »

コメント

しばらくゆっくりなさって、もう少しふっくらさんになってもらいたいです。これからも、もっともっと活躍してくださるでしょう。私、プロ野球は見ませんが、それでもこの方の偉大さは分かります。

>kazuyoo60さん

そうですね。ずいぶん痩せられたのが心配です。
手術後も早く復帰して、ずーっとチームを率いてきましたからね。手抜きというものをしない(できない)方なんですよ、きっと。
今後は野球だけではない、いろんな場面で姿を見ることができればうれしいです。

>だって、「世界の王」ですよ。King of the Worldですよ!
同感です。
本当に、謙虚な方ですよね。
だからこそ、「世界の王」なのかもしれません。

大リーグで活躍しているイチロー選手や城島選手の憧れの人。
これからもずっと野球界に影響を与え続けていかれることでしょう。

野球人として走り続けた50年。
とりあえずは少しゆっくり体を休めて頂きたいですね。

>mariさん

これからも野球界に影響を与え、野球以外の世界にも影響を与え続けてくれることでしょう。

たとえば企業人にとっても、王監督から学ぶこといっぱいありそうですね。

王さんの引退。

緒方拳の死去。

時代が変わっていくんだなぁ。

秋の肌寒さを感じるこの時期。

寂しさ感じています。

>ひでこ儘さん

時代が変わっていく寂しさと同時に、これまでの時代を築いてくれた人々に感謝したいですね。

王さんを悪く言う人を見たことがありません。
選手に当たり散らしたり暴言を吐いたりって
こと、おそらくなかったでしょうね。

若い頃の武勇伝を知らない私ですが、
これからは昔ほどといかなくても、
もう少し自由に、でも、
何より体を大切に過ごしてほしいなと
思います。

>つーみーさん

王さん、選手時代から監督時代を通じて、ほんとうにファンを大切にする方だそうです。

実家にあったサイン入りグラブも、王選手が最後の一人までサインしてくれる人柄だったために、もらえたものなんですよ。

 ON時代に王選手の人柄を示す話として、ホームランを打ってもガッツポーズをしないことがあります。相手のピッチャーの心情を思い遣ってのことだそうです。高校時代にホームランを打ってガッツポーズをし、父親に諌められて以降は、父親の言葉を忘れないでいるそうです。親子鷹です。
 王選手の思い出はたくさんありますが、玉川の練習場でサインを頂いたときの印象が、今も鮮明に残っております。
 それぞれ記者団に囲まれたON二人。Nさんは子供達の差し出すサイン帖などはまったく無視して、記者の質問に例の「バーンとやるよ」とか「そのときはグーといく」とか答えていた。
 王選手は記者の質問に「一本足だと玉の変化に容易に対応を出来る」(定かではない)などと細かく説明しながら、しかも子供達のサイン帖などを受け取りサインして子供の顔をしっかり見てから渡していた。それ以降私たち親子はだんぜん王選手のフアンになりました。
 そのときの王選手のサイン入りグラブは引越しのときに倉庫の片付けを業者に一任したので、いまは我家にはありません。手塚治虫の「ブラックジャック」「火の鳥」、王選手のサイン入りグラブ、いまは何処にあるのでしょうね。

>ジージさん

王さんのサイン入りグラブは、業者さんが持って行っちゃったのでしょうね。
グラブは残らなかったけど、王さんの素敵な人柄の記憶は残った、とshine

「火の鳥」は持っていればかなり価値があがったはず。大判のカラーページ込みでしたからね。「火の鳥」は名作でした。「ベルばら」もね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/24391000

この記事へのトラックバック一覧です: 野球ファンじゃないけれど:

» 黄金の季節 [海辺のねこ]
[午前7時過ぎの風景] 今の時期の朝の田んぼは、本当に美しい。 朝露のおりた稲穂に朝の光が降り注ぎ、キラキラと輝いている。 まさに、黄金の風景だ―。 収穫の秋ですね。 たわわに実った稲を見ていると、必ず思い出す言葉があります。  「実るほど頭を垂れる稲穂かな」 謙虚に、感謝の心を忘れずに。 自戒の念を込めて、実った稲を眺めています。 でも、その前に。 実らなくっちゃな〜! たくさんの栄養を吸収して。 栄養分、それは―。 人との出会いであったり、文章や音楽、絵など芸術的なものであった... [続きを読む]

« 雲の晴れ間に目の保養 | トップページ | 画像でふりかえる秋の海 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ