最近のトラックバック

« 文月晦日のべっぴん | トップページ | タイムワープの誘惑 »

2008年8月10日 (日)

あれやこれやの夏の海

Dscf4772 井田の海にツバメウオygが漂っています。海水浴エリアのブイのあたりにふらーりふらーりと。幼魚というにはだいぶ育っていますが、ながーいヒレとストライプが幼魚らしくてかわいい。ツバメウオなんて何年ぶりで見たでしょうか。光の加減で赤っぽく見えますが、実際にはこんな風に赤くはないです。

Dscf4765 真正面もさらにかわいい→

Dscf4779 今回もばっちり見つけました、ウミテング。砂と同化した白バージョンだったけど、ウミテング独特の動きが目に入って、すぐに「あれだ!」って分かりましたよ。一緒に潜った仲間に「すごい!!なんで分かったの!?」と驚かれ誉められ、ついつい木に登りそうになりました。

水温もだいぶ上がって「温かい」と感じるほど。タカサゴが3匹、ぱくぱくと何やらプランクトンでも食べているようでした。タカサゴ、沖縄以外で見たのは初めて。

Dscf4820水中は少し濁っていたけど、太陽光が差し込んで青くきれいでした。

しかし、潜り終わってランチの準備をしている頃から北の方に黒い雨雲。ときおり稲妻が光って、それがずんずん近づいてくる。こんなにはっきり稲妻を見たのも、何年ぶり?

稲妻ショーを眺めながら、「いつ降りだすか?」と心配しつつもお昼ご飯を食べ続け、食事が終わってからタープを撤収。片付け終わったところで雨が降りだしました。見事なタイミング。

いろいろ目撃した夏の井田でした。

週末の「ありがとう」はK夫妻、Kちゃん、Bちゃん、Y江に。

« 文月晦日のべっぴん | トップページ | タイムワープの誘惑 »

コメント

なんとも、長いひれですね。尾びれだけが小さくて、可愛いお魚です。
平べったいんですね。ツバメウオ、出会う機会はなくても覚えたいです。
画像ですので、何かいるのは分かりますが、広い海では。お仲間に鼻高々、嬉しいですね。
雷は海だって怖いのでしょう。海の中、想像しただけでも気持良さそうです。

>kazuyoo60さん

ツバメウオ、成長して体が大きくなるにつれて、ヒレの比率が小さくなりますが、成魚になっても平べったいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/22913950

この記事へのトラックバック一覧です: あれやこれやの夏の海:

« 文月晦日のべっぴん | トップページ | タイムワープの誘惑 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ