最近のトラックバック

« 世界がどう見てる? | トップページ | 水温が目にしみる »

2008年4月 7日 (月)

弁慶の惚れどころ

四月歌舞伎座・夜の部のお目当ては「勧進帳」。弁慶を仁左衛門丈、義経を玉三郎丈、富樫を勘三郎丈と、豪華な配役。

いやもう格好良いのなんのって、仁左さん。

今まで見た勧進帳の中では、一番“線の細い”役者の弁慶だったけど、なんのなんの、ズームアップしたようにあっという間に大きく見えてきて、存在感たっぷり。

弁慶といえば大きいアクションに目が行きがちだけど、仁左さんの明瞭なセリフまわし、心情を表す細かいしぐさ、見得を切るときのキレの良い動き、どれもこれもう〜〜〜むと感嘆してしまう。六方を踏むときの手の形も美しい。

これまでの弁慶は豪快さばかりが印象に残って、こんなところまで全く気にしていなかった。

富樫と弁慶の丁々発止、弁慶と義経の静かな会話、少しコミカルにお酒を飲み干すところから延年の舞、そして六方。多彩な雰囲気とリズムが絶妙に盛り込まれていて、「歌舞伎を観た!」という満足感でいっぱいでした。

ほかの2つの演目は、「勧進帳」のためのパワー充電と「勧進帳」後のクールダウンという位置づけで(^^; 感想は省略。

この日の「ありがとう」はチケットを確保してくださったK子さんに。


« 世界がどう見てる? | トップページ | 水温が目にしみる »

コメント

うわーああ!!早く観たい。。。
今の私に1万5千円はものすごく恐ろしく大変な金額ですが、ま、仁左様が弁慶っつったら観に行かないわけには行かないですよねえ。。。久しぶりに歌舞伎にお金掛けちゃいましたよぉ。

何とも豪華な配役ですねぇ。
想像するだけで素晴らしそうです。
私も観てみたいなぁ!

suzieさんの満足ぶりが、しっかりと伝わってきましたよ~。

>あほえさん

どうぞたっぷり堪能なさってください。
夜の部3演目に1万5000円というより、「勧進帳」に1万5000円!!という意気込みでimpact

>mariさん

この演目は、出演者が絞られている分、舞台を大きく使っているのがまた良いです。

せっかく大枚yenはたいているので、楽しまなきゃ!coldsweats01なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/12427168

この記事へのトラックバック一覧です: 弁慶の惚れどころ:

« 世界がどう見てる? | トップページ | 水温が目にしみる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ