最近のトラックバック

« 魚群ミルフィーユ | トップページ | 急げ、急げ »

2008年3月22日 (土)

ウミザルか!

東京で桜の開花が宣言されて、寒い寒い春分の日が遠い過去のようになってしまったけど、せっかく潜ったので軽く報告。

嵐を思わせる強風で水しぶきが舞い、水面から上はまるで海猿(海上保安官)の訓練のようだったけど、水面から下は意外と穏やかでした。

Dscf3145Dscf3200かわいらしい水玉の服を着たテンロクケボリガイ。訓練ダイバーに海からのサプライズ?、ナヌカザメ(の尻尾)。ちなみにナヌカザメは、水から上げても7日間生きているほど生命力が強いことから「七日鮫」と名付けられたのだそうだ。

Dscf3146_1Dscf3146_2Dscf3146_3 僕はどこ?ものすごく透明なエビ。ちょっと拡大して、コントラストを変えて……分かるかな?下向きですよ。白く光っている小さい点が目です。

Dscf3211寒さでエネルギーを消耗したので、ダイビング後のログ付けではク○スピー・クリーム・ドーナツをパクッ。電子レンジですこーしだけ温めて、モチモチをいただきました。結局、いつも最後は食べ物の写真。

こんな天候でも、なぜかダイビングは楽しい。今回の「ありがとう」はS夫妻、Nさん、そしてガイドのMさんに。

« 魚群ミルフィーユ | トップページ | 急げ、急げ »

コメント

海猿とクリスピの組み合わせがすごい。陸が春だと海の生き物たちも春っぽい色とかが多いのかな?

>ばななちょこみるくさん

海猿ダイビングに甘いものは不可欠です(笑)

テンロクケボリガイは真冬の海でもこんなポップな色合いです。
でも確かに暖かい(地域の)海のほうが、カラフルな生物が多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/11708435

この記事へのトラックバック一覧です: ウミザルか!:

« 魚群ミルフィーユ | トップページ | 急げ、急げ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ