最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月25日 (月)

うまし、うつくし雪の週末

Dscf2749 生まれて3度目の大阪で、人生初の松竹座。なかなか重厚な建物です。

演目は「連獅子(れんじし)」と「京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)」。

連獅子は、親獅子が海老蔵、子獅子が尾上右近。花道脇の席だったので、右近クンが花道上で一生懸命息を整えて、次の動きに備えているのがよーっくわかる。しっかり腰を落として、力強い動作。常に指先まで神経を行き渡らせているカタチがとてもけなげ。毛振りも見事に円を描いて、「頑張れ〜〜〜〜」と、心の中でエールを送りながら見た。

幕間をはさんで玉三郎丈と菊之助丈の娘二人道成寺。この作品は3回目の上演で、私は初回を見逃している。それぞれ少しずつ演出に手が加えられていて、そのたびに菊之助丈は進化しているらしい。実際、前回は真摯な姿に息を止めて見入るような気持ちだったけど、今回はずっと余裕があって、貫禄すら感じられる。息を止めるのではなく、息を呑んで見とれてしまった。手の返し方ひとつひとつ、首の傾け方ひとつひとつがとてもかわゆらしい。玉三郎丈とシンクロするときは胸がざわつくような美しさ。

前回と大きく異なる演出は、最後に押し戻しがあること。そのために、美しい娘二人は、最後に鬼の姿になってしまうのです。あぁ残念。美しいまま鐘の上でポーズを決める、従来の演出の方が嬉しかったのに。

とはいえ、花道のすぐそばで、至福の数時間を過ごしました。

観劇のあとは、京都に移動して人生初のスッポン料理。日本酒で割った血とか、ゼラチンを使った三層ゼリーとか、おつくりとか(画像無し)、肝とか(画像無し)、小鍋とか…。スッポンだけでなく、お麩と海老の胡麻みそ和えとかまぐろの刺身とか…。

Dscf2765Dscf2766Dscf2776Dscf2767Dscf2779Dscf2790

おいしいお酒と料理を堪能しているあいだに、外はすっかり白くなっていました。

翌朝6時過ぎに目覚めると外は吹雪。6時半になっても吹雪。7時頃には止んで、その後また降りだして、ときどき晴れ間がのぞいて、結局一日中その繰り返し。

Dscf2846Dscf2869Dscf2834 雪の京都。雑誌やテレビで見たことはあっても、なかなかその時に訪れるのは難しい。J○東海のコマーシャルのような風情ある景色を堪能できました(足先が凍るように冷たかったけど)。

お昼ご飯は体に優しい京野菜コース。あんなのやこんなのをいただきました。

Dscf2873Dscf2875Dscf2879

滅多に来ない京都でこれだけ盛りだくさんに堪能できたのは、M夫妻やJ子さんのおかげ。そして一部合流したYさん、Dさん、Kさん。みんなみんな、どうもありがとう。夢のような週末でした。

ただし、2日間で1.5kg増量していました。増量が夢であってくれれば…weep

2008年2月22日 (金)

なんだか分からない楽しさ

はたと気づいたらだいぶブログの間が空いてしまっていた。

この間に文楽を2日鑑賞。
「冥途の飛脚」は応援している人形遣いの方が主役だったので気合いを入れて見に行った。
じーーーっと集中してると、カクッ。あれ?
再びじーーーーっと集中してると、カクッ。え?
眠くないのに、なぜかカクッと落ちてしまうこと5回ほど(^^;

主役の忠兵衛は、遊女にうつつを抜かし、身請けしたいがために公金横領してしまうという、ダメダメな二枚目というキャラ。
だからどうしても気持ちが入り切らなくて、人形の動きに注目しても、物語にのめり込むことができなかった。(ということにしておこう)

その後「二人禿」「ひばり山姫捨松」「壺坂観音霊験記」を鑑賞。
そろそろ体が痛くなってきたので(着物で長時間座りっぱなしは辛い)、あまり堪能できず…。
特に壺坂観音霊験記の後半では、連れ合いが谷に身を投げたのを知った女房の嘆きが長くて、「えーい、わめいてないで早く谷に飛び込んでしまえー」と思ってしまったほど。(ヒドイ〜〜)
もちろん、観音様があらわれて、夫婦揃って生き返るという筋を知っていたからこそですけどね。

日を変えて「義経千本桜」を鑑賞。「河連法眼館の段」いわゆる「四の切」は歌舞伎で何度か観たことがあったけど、文楽は初めて。
歌舞伎のおおがかりな演出と比べてこじんまりした感があるけれど、「どうだ。すごいだろ」的なプレッシャーが無い分,人形の早変わりや、人形遣いの衣装の早変わりは、素直に「やんや、やんや」と喜べる。
そしていよいよクライマックスは、人形遣いごと宙乗り!
でも、人形遣いはあくまで「影の遣い手」。舞い上がりながら演技をするのは人形。なんとも不思議な感覚。初めて芝居小屋に行った子どものように楽しんでしまいました。

仕事で疲れてへろへろな体には、「よく分からないけどなんだか楽しい」が効くみたい。

翌日の夕方、ばたばたと仕事を片付けて、定期検診の結果を聞きに地元の医院へ。話の流れから骨密度を測ってみることになり、右足のくるぶしを機械に当てて測定すること数十秒。
結果、「十分に丈夫」でした。

「もう、年だから…」という言い訳は、しばらく通用しそうにありません。

自分の健康に「ありがとう」。

2008年2月11日 (月)

地球が青いのは

海の色のせいだと思っています。(本当は大気圏の色のせいらしいけど?)

連休は安良里に冬合宿に行っていました。
海がとにかく青い!!!ここはどこ?パラオ?グアム?っていうくらい青かった。
しかし水温は13℃。寒い!でも青い!でも寒い!でも青い!(永久にリピート)
冬合宿というより「冬修行」かな。

Dscf2470まるで花のよう
Dscf2513色とりどりのソフトコーラル
Dscf2522定番のキンギョハナダイを見るとホッとする
Dscf2615キビナゴの群れはなんだかわくわくする
Dscf2674光りを浴びるアオリイカ

さっぶ〜い海だけど、みんな(生物たち)は頑張っていました。

週末の「ありがとう」は、安良里DCのみなさんと、海の生物たちに。

2008年2月 3日 (日)

サクサクでウキウキ

雪だ!

Dscf2424 雪が降るという予報を聞いていながら、なぜか「積もる」と予想していなかったので、びっくり。

前回は、朝に少し積もったものの、昼過ぎには雪も止んで、すぐに消えてしまったけど、今日はずっと降り続いていた。

この雪の中、朝っぱらからお出かけ。決して「絶対に行かなければならない用事」ではなかったのだけど、雪の中を歩きたい気持ちにかられて、積もった雪をさくさくと踏みながら出かけた。雪が降ってるのに、なぜだか全然寒くなーい。冬は晴れた朝の方がよっぽど寒いのでは?

な〜んて元気に出かけたけど、世の中が活動を始めると、車や人々に踏まれた雪が水っぽくなって、なんだか寒くなってきた。サクサクでウキウキだったのが、ビシャビシャでサブサブ。

帰りに紫光庵でお抹茶と最中をいただいて、体を温めてから帰宅した。

ところで紫光庵のみーちゃんが2月2月発刊の「猫カフェめぐり」という本に載ってます。みーちゃんサポーターのCちゃんが作った本です。大手書店にお寄りの際はチラリとご覧下さい。

今日の「ありがとう」は、ピタTがかわいいみーちゃんとおいしいお抹茶&最中を出してくれた美奈子さん、素敵な本を書いてくれたCちゃんに。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ