最近のトラックバック

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

1年の感謝を

ただでさえ忙しいこの時期に引っ越しなんぞをしたものだから、ま〜忙しいこと忙しいこと。1日が10時間くらいに感じられました。

それでもしっかりプレクリスマスイブ・パーティー、クリスマスイブ・パーティー、クリスマス・パーティー、忘年会と、素敵な友だち&仲間と楽しい時間を過ごすことができました。

071223_195701Dscf1469Dscf1494

ひとつひとつブログで紹介して、みんなに感謝の言葉を書きたいところですが、いまだに「時間が足りない」状態なので、まとめてみなさんに、「ありがとう」。

そして今年の1年間、貴重な時間を私とともに過ごしてくれた方々、うれしい言葉をかけてくれた方々、優しく見守ってくれた方々、みんなみんな本当にありがとうございました。

来年もみなさんにとって素敵な年になりますように。
良い年越しを!

2007年12月18日 (火)

1月は「修正」の月

アメリカの調査会社Nielsenのレポートによると、アメリカでは、禁煙関連商品とダイエット関連食品が一番売れる月は1月らしい。なぜなら、旧年のクリスマス・シーズンと年越しパーティーでバカ騒ぎした分を「修正」するためだとか。

2006年1月の禁煙関連商品の売上高は6100万ドル強で、年間売上高の8.7%を占めた。ダイエット関連食品は1月の売上高が4700万ドル近くにのぼり、年間の9.9%だった。ともに第2週の売上がピークを示し、「小売り販売業者はこの期間を狙ってキャンペーンを打つべし」とNielsenはアドバイスしている。

しかし禁煙もダイエットも長続きはしないようで(あるいは見事に「修正」が実ったのか)、禁煙関連商品の売上高は9月には4900万ドルに縮小。ダイエット関連食品は、2月には14%減の4000万ドルに落ちる。

アメリカの52都市で、スーパーマーケットの規模に対して禁煙関連商品の売上が最も大きいのはデンバー、次いでポートランド、シンシナティ。同様にダイエット関連食品の売上が最も大きいのはシアトルで、ポートランドとシンシナティが続く。

日本でも1月に「禁煙」を決意する人が多いのではないだろうか。ダイエットも忘年会と正月のツケがまわってくる1月(正月休み明け)が多そう。でも、スポーツジムでアクティブ会員が目に見えて増えるのは、運動するのに良い気候で、夏までにまだ間がある5月頃ですね。

今日の「ありがとう」は、おいしい富貴豆をわけてくれたA君に。甘くておいしい富貴豆、一気に食べてしまいました。1月に「修正」しなければ…。

2007年12月11日 (火)

言葉に愛を

最近気になるのは、女優が自身の職業を「女優さん」と言うこと。

例えば銀行員が自身のことを「銀行員さん」とは言わない。公務員が「公務員さん」とは言わない。

でも女優は「女優さん」と“さん付け”する。もしかしたら「女優さん」は「女優という職業」を指す一単語のつもりなのだろうか。

もうひとつ。近頃やたらと耳にする「〜させていただく」。とにかく「させていただく」を付ければ謙譲語になると思っている人が多いらしい。

テレビ局のアナウンサーが「先日、このテーマで放送させていただいたわけですが」と言うことがある。「させていただいた」は、「みなさま(あるいはあなたさま)の承諾を受けたので行動が叶いました」という意味のはず。「勝手に放送したくせに!」と心の中でツッコミ入れています。

某タレントが美味しいレストランを紹介し、「たいへん素晴らしい料理で感動させていただきました」などとへりくだりまくりの発言。続いて「ではその料理を持ってきたので、みなさん(ゲスト)も食べてみてください」と小学生のような言葉遣い。もう膝から崩れ落ちそうです。

もっと言葉の性格を考えてほしいな。言葉にも愛情を。

今日の「ありがとう」は、エレベータの中でにっこりと笑顔を向けてくれたドイツ人のご夫婦に。

2007年12月 4日 (火)

コスプレみーちゃん

Santamie1しぶりに紫光庵にお抹茶を飲みに行ったら、みーちゃんがサンタの格好をしてました。(携帯で撮ったので画質がいまいちですが)こうして見ると、サンタというより赤ずきんちゃんですね。

どうも着心地がしっくりしないらしく、不機嫌というか、「にゃんだかいつもの調子が出ないにゃ」という表情。マントが足に絡まってるわけではないのに、なぜか足下がおぼつかなくて、千鳥足のように斜め歩行(笑)。

コテンと横になったりして、やる気のないサンタさんでした。クリスマス当日までに着こなせるようになるかな?

忙しい中での、ほっと和むお茶タイムでした。今日の「ありがとう」は美奈子さんとみーちゃんに。

2007年12月 3日 (月)

富士山が消えた

私の職場は3階にあり、冬の晴れた日にはごちゃごちゃした建物の間から富士山がちらりと見える。

はずだった。

今年建ったマンションが、私の冬限定の、仕事の合間のささやかな楽しみを奪ってしまった。

それにしても、どうして日本人は富士山が好きなのでしょうね。
もちろん私も大好き。

各地方には、「○○富士」と呼ばれる山があり、それぞれ素晴らしい姿をしているのだけど、やっぱり本物の富士山の優美な稜線にはかなわない、と思う。

富士山には3回登ったことがあり(うち1回は強風のため登頂を断念)、つくづく富士山は「観る山」だと思った。でも、8合目・9合目あたりから観る星空と、山頂から眺める雲海、そしてご来光は、富士山に登らなければ決してお目にかかれない美しい風景なのです。

今日の「ありがとう」は、マンションの向こうにあるはずの富士山に。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ