最近のトラックバック

« 言葉に愛を | トップページ | 1年の感謝を »

2007年12月18日 (火)

1月は「修正」の月

アメリカの調査会社Nielsenのレポートによると、アメリカでは、禁煙関連商品とダイエット関連食品が一番売れる月は1月らしい。なぜなら、旧年のクリスマス・シーズンと年越しパーティーでバカ騒ぎした分を「修正」するためだとか。

2006年1月の禁煙関連商品の売上高は6100万ドル強で、年間売上高の8.7%を占めた。ダイエット関連食品は1月の売上高が4700万ドル近くにのぼり、年間の9.9%だった。ともに第2週の売上がピークを示し、「小売り販売業者はこの期間を狙ってキャンペーンを打つべし」とNielsenはアドバイスしている。

しかし禁煙もダイエットも長続きはしないようで(あるいは見事に「修正」が実ったのか)、禁煙関連商品の売上高は9月には4900万ドルに縮小。ダイエット関連食品は、2月には14%減の4000万ドルに落ちる。

アメリカの52都市で、スーパーマーケットの規模に対して禁煙関連商品の売上が最も大きいのはデンバー、次いでポートランド、シンシナティ。同様にダイエット関連食品の売上が最も大きいのはシアトルで、ポートランドとシンシナティが続く。

日本でも1月に「禁煙」を決意する人が多いのではないだろうか。ダイエットも忘年会と正月のツケがまわってくる1月(正月休み明け)が多そう。でも、スポーツジムでアクティブ会員が目に見えて増えるのは、運動するのに良い気候で、夏までにまだ間がある5月頃ですね。

今日の「ありがとう」は、おいしい富貴豆をわけてくれたA君に。甘くておいしい富貴豆、一気に食べてしまいました。1月に「修正」しなければ…。

« 言葉に愛を | トップページ | 1年の感謝を »

コメント

1月は「修正」の月なんですね。なるほど!
一年の計は元旦にあり、と言います。
新しい年と共に、心を新たにする―。
どこの国の人々も同じなのかもしれませんね。

さて。
2008年は何を心に誓おうかな。

なるほど『1月は「修正」の月』を実証する統計数字があるんですね。

自分にとって「禁煙」はそうでもありませんでしたが、ダイエットは成功とリバウンドの繰り返しで、息の長い勝負となります。
体験からいうと、成功に秘訣は「年のはじめに!」と気負うより、「思い立つ日が吉日」くらいに、構えずに気楽に始めるのも案外かもしれませんね。

>mariさん

そうです。「一年の計は元旦にあり」ですよね!
毎年計画が不十分なので、あっというまに年末になってしまいます(^^;

来年はもう少しきちっと計画をたてて、大事に1年を過ごしたいと思います。

>omotannさん

確かに、「年のはじめに!」と気負ってしまうと、ちょっとくじけたときに、「来年まで延期」って気分になってしまいますね。
「思い立つ日が吉日」がコツですね。
でも、ダイエットは「明日からにしよう」って思ってしまうのですよね(^^;

 面白い統計数字です。アメリカの一般消費は12月のクリスマスが最盛期と聞いていましたがダイエット、禁煙は月遅れなんですね。食欲の秋、クリスマスパーティーを過ぎてハット気が付いたらボテ腹なんて、ああやだね身につまされる。

>ジージさん

おいしい燻製ができあがって、ジージさんのところも冬は栄養がたくさん付いてしまいそうですね(^^)
でもダイエット(食事制限)で我慢するのは酷ですよね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/9476018

この記事へのトラックバック一覧です: 1月は「修正」の月:

« 言葉に愛を | トップページ | 1年の感謝を »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ